【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/01/05 13:21

みなさん、アジアに興味はありますか?

読者のなかには、実際に行ったことがある方もいらっしゃることでしょう。

もしくは「いつか行きたい」と憧れている方も多いのではないでしょうか。


今回ご紹介する書籍は、英会話のジオスによる『アジアと話そう』です。

近年、アジア地域はめまぐるしい成長を遂げています。

これからの時代、アジアを無視してビジネスをするのはまず無理でしょう。

また、西洋のみならずアジアにも興味をもってみることで、世界がグッとひろがります。


アジア


私たちが住む日本は、もちろんアジアの一部です。

そもそも日本は、アジアの文化を多様に吸収してきた国。

衣食住、すべてにおいてアジアの影響を強く受けています。


もしかしたら、いちばんの「パクリ大国」は日本なのかもしれません。

やはりそれだけアジアの文化が偉大であるということです。


しかし、「同じアジアなんだからみんな同じでしょう」という理由で、

アジアを知ることなく今まで過ごしてきた方も多いようです。


たとえ同じアジアでも、国が違えば、そこには違う文化があります。

西洋諸国の文化を学ぶように、アジアの文化を学んでみてください。

「近くにこんなに素晴らしい文化がある」と知ることで、今まで見えなかった世界が見えてきます。


アジアのなかでも、とくに知るべきは中国と韓国です。


実は私、中国が大好きです。

もともと香港映画のファンで、ジャッキー・チェンを通してアジアを知りました。

また、中国は偉大なる「東洋哲学」を生んだ国でもあります。それは日本人の心にも深く根づいています。

今でも私は中国を「眠れる獅子」と信じて、心から尊敬しています。


韓国に関しても、近年の「韓流ブーム」などもあり、少なからず認知されているようです。

少し前に大流行した「冬のソナタ」、ヒロイン役のチェ・ジウ、とてもきれいな方ですよね。

その後、韓国のアイドルユニットが数多く登場。日本中でもたくさんのファンを抱えています。

なにしろ韓国は、日本人にとっていちばん近い観光国。私もぜひ行ってみたい国のひとつです。


今回ご紹介する『アジアと話そう』では、中国と韓国の言語、そして文化情報をしっかりと網羅。

発音の基本からはじまり、すぐ使える会話フレーズも多数収載。旅行に行くのが楽しみです。

また、文化の豆知識が学べるコラムも充実。

中国でのラッキーナンバー、韓国での兵役事情など、知って得する情報が満載です。


読み終えたときには、きっと「アジア通」になっていることでしょう。

「偉大なる隣人」中国と韓国を徹底解説。『アジアと話そう』ぜひお求めください!



すぐ使えるカンタン単語・フレーズ集+文化情報!
【よりどり5冊1,000円】【訳あり アウトレット】
『アジアと話そう』



NOVA ONLINESHOP、湯澤でした。

最終更新:2018/01/05 13:21

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム