【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/12/26 19:18

みなさんスポーツ観戦は好きですか?

私は野球観戦が大好きです。

シーズン中、私は実際にスタジアムに足を運んで応援しています。


私の夢はいつかメジャーリーグを観戦すること。

野球を生んだ国アメリカで、本場の野球をじかに観てみたい。

そんなことを思いつつ、今日も英語を勉強しています。


ただ、最近気になったのは英語での応援。

「頑張れ~!」と言うとき、いったいなんて言えばいいのでしょうか?

今回は「英語での応援」からはじまり、英語の多義性にせまっていきます。


スタジアム


スポーツ観戦の際、やはり「頑張れ!」は「Fight!」なのでしょうか?

英語で「fight」を使うのは、どちらかというと体を張って戦うとき。

たとえば戦争などで必死になって戦うイメージです。


それでは、スポーツ観戦などのときに応援する場合は?

正解は「Come on!」です。

「頑張れ!」「しっかり!」などのときには、やはり「Come on!」が適切です。

「on」の部分を強くのばして「カモーン!」とすると、さらに応援らしくなります。


またこの「Come on!」は、バッターがピッチャーに対して使ったりもします。

少しずつイメージできてきたでしょうか?


そもそも「come on」は多義語です。

上記以外でも「さあ!」や「まあまあ…」、「いい加減にしろ」、「よせよ」などの意味があります。

もちろん「来いよ」という意味もあります。

映画を観ていても「カモン」の連続ですね。

こうなると、直訳で英語をマスターすることには限界がありそうです。


やはり、英語を習得するうえで、多義語の理解は欠かせません。

辞書を開いてみると、どの英単語もたくさんの意味をもっていることがわかります。

たとえば「set」。「置く」といったらこの単語ですが、

「set」には400以上の意味があるとされています。

ちなみに日本語でいちばん意味が多いのは「こうしょう」。

交渉や高尚、考証といった漢字があてられますが、その意味は50に及びません。

漢字がないせいなのでしょうか?それにしても、英語の多義性には驚かされます。


意味が多いからこそ、そのニュアンスを一緒に学ぶことが英語上達への近道です。

直訳が言えることはもちろん大切ですが、

基本単語であればあるほど、その活用法を体にしみこませることで英語を話せる自分に近づくのです。


「こんなとき英語でなんて言うんだろう?」という視点をもち、実際に練習してみましょう。

私も来シーズンは、野球場で力強く「Come on!」を言ってみようと思います(笑)


詳しくは、こちらの書籍をご覧ください。


うまく英語をしゃべるために、まずは失敗を知ろう!
【よりどり5冊1,000円】【訳あり アウトレット】
『英会話 失敗の法則108』


NOVA ONLINESHOP、湯澤でした。

最終更新:2017/12/26 19:22

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム