【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/12/09 12:00

21世紀の現代において、英語をまったく知らないで生活することはできません。

一歩外に出ればアルファベットが目に飛び込んできますし、

あらゆる試験において英語力が問われています。


Webやインフラの発達によって、世界はどんどんボーダレス化しています。

日本とて、その波は避けられないでしょう。


2002年には、公立小学校に英語の授業が導入されました。

そもそも中学校からはじまるはずの英語が、なぜ小学校で教えられるようになったのでしょうか?

今回はその真相にせまってみます。


中学入学前に


小学校で英語の授業が行われる。

その理由は、やはり子供の学習能力の高さにあるのでしょう。


英語だけに限らず、まるで乾いたスポンジのようになんでも吸収してしまう。

それが子供の強みであるといえます。

とくに英語のような語学に関しては、子供のときに学ぶことが非常に効果的です。


中学生になる前に、英語独特のリズムとイントネーションを身につけるべきです。

子供の頃に英語に触れる機会をもつことで、高校生になって英語の本を読むことができたり、

社会人になって外国人との交渉の際、自然に英語が使うことができます。


小難しい文法や高度なイディオムは、中学生になってからでも間に合います。

まずは英語を「体得する」ことを目指して、英語に触れてみましょう。


英語の歌やお話を聞き、また、英語のゲームなどをやることで、

耳から入ってくる英語の音に慣れてきて、口から自然と英語が出てくるようになります。

ぜひ大人も子供と一緒に、英語を楽しんでみましょう。


その際の注意点は、「英語を教える」という概念を捨てることです。

子供は吸収力が高い反面、「強制されること」を嫌がるものです。


ですから、大人の側から不正確な子供の英語を矯正するのは間違いです。

そんなことをしたら、子供も英語を使うことがつらくなってしまい、

英語でなにかを言おうとする意欲がそがれてしまいかねません。


まずは、英語に親しみ、英語を身近なものに感じてもらいましょう。

英語の音声などを、子供と一緒に楽しんでみるのです。

もし大人のほうが英語を苦手としていたとしても、

子供と一緒に楽しむ、その姿勢がなによりも大切です。


最後に、どんな面であれ、子供は親を真似るもの。

子供に英語を教える前に、まず親が英語に理解をもち、実際に勉強してみるのもいいかもしれません。


これからの時代、英語力は立派な財産です。

中学入学前に、英語を楽しむ時間をもちたいものですね。


NOVA ONLINESHOP、湯澤でした。

最終更新:2018/10/16 18:19

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム