【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/04/14 17:54

000.jpg


昨晩のお姉ちゃん情報。

人生初の、「小学校3日連続」の疲れがたまっている感じはありますが、
ご飯も食べ、風呂も入りときっちりこなし、20時30分頃就寝。


今朝は、本調子の80%弱くらいのテンションで、小学校に行きました。

「ランドセルを自分で背負う。」

「ゾンビみたいにうなだれず、ちゃんと歩く。」

「元気に挨拶する。」

自らやると宣言をしていたことは、やっています。
学童保育は、相当楽しいらしいです。


もう少しで土日休みだぞ!頑張れ娘よっ。
だんだん慣れてくるはず!


人生の中で20%の最重要な時間があるとしたら、
今週は、間違いなくその時間に入るぞっ。


そして、その20%が、人生全体のうちの80%に影響を及ぼす!


あ、「人生を変える80対20の法則」の本の影響です。


世界は不均衡だ。
原因と結果がぴったり重なることは稀だ。


投入の2割で、8割の産出
原因の2割で、8割の結果
努力の2割で、8割の報酬

これらは釣り合うと考えられがちだか、
50対50というのは、迷信にすぎず、現実はまったくそうなっていない。


・・・みたいな、そんな本です。


ビジネス、投資、子育て、自己啓発まで、
テーマが多岐に渡って、この法則の話が繰り広げられています。


個人的に、ためになったフレーズをいくつか。


「幸福への2つの道。
 一番幸せと感じるときがいつかを見つけて、その時間をできるだけ増やす。
 一番不幸と感じるときがいつかを見つけて、その時間をなるべく減らす。」


「子育ての話。初期値に対する敏感な依存性。
 入力の歳にほんのわずかの違いがあっても、出力に甚大な違いが生じる。
 幼児期のほんの小さな出来事が、大人になってからの生活を大きく左右する。

 愛されているか愛されていないかとか、頭がいいとか悪いとか、
 すごい人だとかダメな人だとか、幼児期に形成された自分に対する見方というのは、
 その後の人生に大きく影響する。

 自分はみんなから好かれていると自信を持っていると、本当に好かれるようになり、
 自分はみんなから嫌われているとひがんでいると、ほんとうに嫌われるようになる。」


「動物は受動的だけど、人間は能動的。
 動物は創造されたものだけど、人間は創造することができる。」


「人間は起こってしまったことを、不幸と感じないようにすることができる。
 どう考え、受け止め、行動するかを自由に選択できる。

 起こってしまったことはどうしようもないが、
 それをどう受け止めるかは、われわれの意思の問題。」


「どんなときでも希望を失わないことは、底抜けの楽天家だけに許された能力ではない。
 それは健全な自己防衛メカニズムであり、生物学的にしっかりとした根拠がある。」


「ニクソン大統領は、ベトナム戦争後、
『アメリカの目標は達成された』と言った。
 これがもし、『金がなくなったから戦争はやめた』と言っていたら、
 アメリカ人の自尊心は回復していなかっただろう。」


「物事を柔軟に考え、思い通りにいかなかったときに備える。
 予想外のことは人生の余興くらいに考える。
 間違っても泣きわめいたり、怒り狂ったりしてはいけない。
 自己嫌悪や無力感に陥ってはいけない。」


「すばらしいパートナーを見つける。それによって、自分の幸せ度合いも決まってくる。
 自分の幸せのためにも、パートナーに幸せになってもらう必要がある。」


等など、響く言葉が多かったです。


ただ、この本のコンテンツ自体も、
80対20の法則に照らすと、ためになるのは、全体の・・・?!

最終更新:2011/04/14 17:54

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月