【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2013/08/09 16:20








世界中の多くのプレイヤーやアーティストの方にご愛用いただいているMad Professor。そのMad Professorペダルには、ご存知のようにハンドワイヤードバージョンとPCBバージョンがあります。



このElectric Blue ChorusのようにPCBでしか作られていないものもあれば、Sky Blue Overdriveのようにハンドワイヤードのみのモデルもあります。Sweet Honey OverdriveやDeep Blue Delayなどは両方のバージョンがあります。



その中で、ハンドワイヤードバージョンが非常に高いクオリティとこだわりで作られていることは言うまでもありません。

一方で、PCBで作られるモデルは、価格が安い分手を抜いている、と思われることがあるのかもしれません。







PCBバージョンのモデルは、裏蓋を開けるとこのように、基板が全体を覆っています。フットスイッチやジャック等もPCBにマウントされているので生産性が向上し、それにより価格を下げることに成功しました。



PCBとハンドワイヤード、両方があるペダルにおいて、音に違いがないかといえば、もちろん違いはあります。

ですが、その違いも大きく音が違っているということではなく、ペダルごとの特性は同じですが、2台並べれば違いが分かる程度です。



外観からPCBかハンドワイヤードかを見分けるのは簡単で、側面にあるアダプタの端子が出っ張っていればハンドワイヤード、そうでなければPCB、という違いです。



今回、ほんの一部だけですが、このPCBの裏側をお見せします。







詳しいことについては申し上げられませんが、最近のスタンダードなペダルに見られるPCBとは違い、載せるパーツ類にもこだわりを持って製作されていることが分かります。


Electric Blue Chorusは、暖かなコーラスときらびやかなコーラスが同居します。元のギター/アンプの持つ音の性質を変えずにコーラスがかかるので、暖かな音にはさらに暖かなコーラス、ブライトな音にはきらびやかなコーラスが自然とかかります。



Depthノブを最大にすればピッチが動く強力な変態エフェクトにもなり、Depthを低く、Speedを最小にすればほんのすこしだけ音を太くするような使い方も可能です。



Mad Professorペダルをこれからもさらに楽しんでください!




TOP PAGE
メルマガ登録はこちら!

最終更新:2013/08/09 16:21

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2013/08/09 16:20








今、非常に熱いライブを繰り広げるCOUNTRY YARDのギタリスト、Yu-ki Miyamotoさんが、Mad Professor Ruby Red Boosterを使用しています!



本人からコメントをいただきました。



今回、Ruby Red Boosterを使用した目的として、コーラスをかけた時に音痩せをしてしまうのを解消させる、ペダルを探していました。

ハイ落ち、音痩せをカバーする為に今まではMad ProfessorのSHODを使用していましたが、オーバードライブゆえ、歪みのコンプ感が少し余分でした。

RRBに替えてからは自然と音痩せをカバーし、極端に色付けされずナチュラルにイコライジング出来たので全て解消されました。

エフェクターを選ぶ時に、出来るだけナチュラルなかかり具合を求める癖があるのですが、自分の理想と見事に噛み合いました。

本当に素晴らしいペダルです





Yu-ki Miyamotoさん、ありがとうございます!

ブースターならではのナチュラルさがあり、ブースターとしては強力な音色設定ができるMad Professor Ruby Red Booster、ギターサウンドをステップアップさせるペダルです。

今なら即納可能!





TOP PAGE
メルマガ登録はこちら!

最終更新:2013/08/09 16:21

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2013年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム