【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/05/13 18:23


ありそうでなかったディレイペダルです。

一見、シンプルでよくある“発振スイッチ”がついたディレイに見えますが、実は発振ではなくディレイ音をラウドにするスイッチがついています。設定によっては発振もします。

ディレイタイムが、チップの限界を超えて設定できるので、クリアなディレイからもっとローファイなディレイサウンドまで作ることもできます。

楽曲やパフォーマンスの中でいつでも強烈なインパクトを加えることができるディレイペダルです。ディレイタイムが一般的なディレイペダルの構造よりも広くとられており、500~600msのクリーンディレイ、それを超えるとノイズディレイのゾーンへと入ります。



●特徴
・扱いやすいトップマウントジャック
・トゥルーバイパススイッチング
・スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動
・12.1×6.6×3.5cmエンクロージャ

●コントロール
・Bypassフットスイッチ
エフェクトのON/OFFを切り替えます。トゥルーバイパススイッチングです。

・Swellフットスイッチ
踏んでいる間だけ有効に鳴るモメンタリフットスイッチです。スイッチを踏むと、ディレイシグナルが強大化していきます。Swellコントロールの設定により、その時の増幅のスピードを調整できます。

・TIME
ディレイタイムを設定します。時計回りでディレイタイムが長くなります。500~600ms程度まではクリーンなディレイですが、それをすぎるとノイズが混ざったローファイディレイに変わっていきます。

・REPEATS
ディレイの反復(フィードバック)を調整します。時計回りで反復回数が増えていきます。12時位置を過ぎて設定すると自己発振させることもできます。

・SWELL
Swellフットスイッチを踏んだ時、どの程度早くディレイサウンドが大きくなるかを調整します。時計回りに回すほど、そのスピードは遅くなります。
Time、Repeats、Swellの設定を組み合わせることで様々なサウンドを作ることができます。例えばショートディレイタイムではSwellを早く、ロングディレイタイムでは遅く設定すると、その効果が分かりやすくなります。

・MIX
ディレイシグナルがドライシグナルにどの程度ブレンドされるかを調整します。時計回りでディレイの音量が大きくなります。


最終更新:2019/05/13 18:23

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム