【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/08/13 17:30



1台あれば、ロックなトーンはほぼカバーできます。

Amptweaker TightDrive Proは、多くのスイッチを搭載し、TightDriveの全てのトーンを網羅しながら、さらなるトーンバリエーションや操作性を実現。新たに追加されたGainスイッチをOFFにすれば、トランスペアレントなオーバードライブトーンにまで手が届きます。ユニティゲインをデフォルトとし、トランスペアレントブーストペダルとしても活躍します。

多くの“ブースト付オーバードライブ”とは違い、TightDrive Proは2つのブーストを内蔵しています。1つはプリブースト、もう1つがポストブーストです。ゲインブーストもボリュームブーストも自由自在で、リードパートでのトーンを完璧に作ることができます。Boost VolumeとBoost Gainノブでコントロールできるこのブーストは、音量を下げる設定も可能なため、ゲインを強くブーストしながらブーストON/OFFで音量のバランスをコントロールできます。さらにMidboostボタンによって、ブースト時、アンサンブルの中でギタートーンを強く前に出すこともできます。




TightDrive ProはEdgeスイッチをSmoothモードにすることで、ハイエンドのエッジを削り、暖かなトーンを得ることが出来ます。逆にこのスイッチがOFFなら、明瞭ではっきりとしたトーンを作ることができます。実際のギタートーンに合わせて設定してみてください。
また、TightDrive Proには2つのFatスイッチを搭載し、ノーマルトーンとブーストトーンそれぞれの音色を個別に、より太く、コンプレッションを少し加えた音色に設定できます。また、追加された3バンドEQにより、オリジナルTightDriveよりもさらに幅広いトーンバリエーションを実現。また、MidスイッチをPlexEQ側にスライドさせると、トラディショナルなブリティッシュスタックトーンを作ることもできます。また、新たに進化したされた“Cleaner”ノイズゲートを搭載し、クリーントーンを保ちながらノイズを低減することができます。NoiseスイッチをGate側にすればノイズゲートがかかり、逆側にスライドさせればゲートはかかりません。

また、TightDrive ProにはAmptweakerペダルでおなじみのエフェクトループも搭載。TightMetal ProやBigRock Pro同様、3つのエフェクトループでフレキシブルな運用が可能です。搭載されるのはエフェクトのON/OFFに連動するユニバーサルループ、BoostのON/OFFに連動するブーストループ、そしてエフェクトOFF時にのみONにするSideTrakループです。

例えば、クリーントーン時にコンプレッサーやコーラス等をかけたり、他の歪みペダルとTightDrive Proを1発で切り替えたい場合、SideTrakループに接続します。ビルトインABボックスのように使えば、エフェクトのOFF時とON時でアンプを分けることもできます。
エフェクトON時とブースト時に有効になるユニバーサルループとブーストループは、内部の切り替えスイッチによりエフェクト回路のプリ(前段)、またはポスト(後段)のどちらに設置するかを個別に切り替えられます。



TightDrive Proはアダプタだけでなく電池駆動時にも18V駆動を実現。内部に2つの電池を入れることが出来、また内部の切り替えスイッチで駆動電圧の選択が可能です。電池ボックスはマグネット式なので、開閉時に工具は必要ありません。アダプタ駆動時は9V(EPA-2000推奨)、または18V(RPA-1000推奨)での駆動に対応します。9Vと18V駆動は、まるで50Wと100Wアンプのような違いとなります。アダプタ駆動時にはLEDが常にノブを照らし、セッティングがひと目で分かります。また、ずらりと並ぶノブの背後には電源スイッチがあり、電池を入れたままボードに組み込んでいても、電池の消費を抑えることができます。


多機能な歪みペダルをお探しなら、是非お試し下さい!

最終更新:2017/08/13 17:31

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム