【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/05/12 10:00

新茶ができる「夏も近づく八十八夜」というのは例年ですと5月2日くらいになるそうですが、その ほぼ1週間後となる 5月11日に 静岡は牧の原の地域に行ってきました。

今年は伊藤園さんの工場見学がこれで3回目となります。(今まで一度も行ったことなかったのにタイミングが重なるとこんな事もあるんですね。)

今年は春先の気候の影響で新茶の収穫が少し遅れていると聞いていましたが 直前の話では ちょうどドンピシャのタイミングとなりました。

早朝に行われる市場も見学に行く計画になっていたため 前入りで静岡に入りました。
IMG_7388.jpg

こちらが ホテルの部屋

部屋の冷蔵庫にも伊藤園の飲み物が用意されてましたよ!

しぞ~かおでん
こちら せっかくなので静岡の夜を「しぞ~かおでん」で堪能させていただきました。

残念ながら計画していた 翌日早朝の 市場見学は 前日の雨の影響で 中止となり 伊藤園の荒茶加工工場である 浜岡工場にバスで向かいます。
IMG_7391.jpg

途中は茶畑の景色が延々と続きます。

和歌山の当社の周辺も農業は やや盛んではあると思いますが、今は 耕作放棄地などがとても目立ってます。ところがこのお茶の地域は そんな耕作放棄地がほぼ見当たらない印象でした。
茶農家に後継者がいるんでしょうね。

最初に見学する浜岡工場は 周辺の茶農家から収穫された茶葉を乾燥整形し「荒茶」にする一次加工工場です。

IMG_7395.jpg
工場の前もこの様なお茶畑です。

使い捨ての白衣をお借りして 工場見学です!

本来なら 周辺の農家さんが 摘みたての新茶がどんどん 搬入される様子も見れたはずなんですが あいにくの前日の天気で この日の朝は搬入なし。工場の中も 本格稼働してる様子は見れませんでした。

IMG_7398.jpg
こちらが搬入口

まず最初に 高温の蒸気で熱して茶葉の参加を止めます。

IMG_7402.jpg
その後、数種の機械で揉捻作業をしていきます。

昔は手でやってた工程を全て機械化している印象です。

IMG_7408.jpg



IMG_7415.jpg



IMG_7418.jpg
こちらは 工場の前の茶畑で ご説明いただいた 浜岡工場の方との記念写真。


新茶の天ぷら
お昼は移動して 老舗のお蕎麦屋さんで天ぷら定食。
なんと こちら 新茶の天ぷらだそうです。
地元の方は ご家庭でも 新茶の天ぷらは食べるようですね。。。産地は違いますね。


伊藤園 相良工場
昼食後は また バスで移動。今度は伊藤園の相良工場です。

相良工場は 伊藤園のメインの茶葉加工工場で 40年以上前 1974年に操業開始。

タリーズ焙煎工場
こちらは同じ敷地内にある4年前に新しくなった タリーズの焙煎工場です。

珈琲は香りも強いのでお茶工場とは少し距離を離してますが 近くに行くとホントにいい香りでした。

焙煎の状態
工場見学者のために焙煎の度合いを展示したりもしています。

伊藤園製品 勢揃い

他の工場ではなかなか 見学することが出来ない(見学NGの)研究棟の中も観せて頂きました。

抹茶工房
こちらは一番最近 約1年前から稼働している 抹茶工房

工場でも 石臼をズラーッと並べて抹茶を作ってるのが圧巻でした。

大掛かりな設備ですが 石臼挽きなので なかなか製造量が追いつかないとか。
どんどんラインを増強している最中でした。

写真撮影

こちらは最後にアテンドしてくださった 伊藤園 当社担当営業のKさん と 本社 営業企画担当のMさんでの記念写真です。

他の大手飲料メーカーとは違い 飲料工場を持たない伊藤園は 茶葉はじめ 珈琲豆もそうですが 原料については自社で取り組みとことん拘ってる飲料メーカーです。

最終更新:2017/06/12 15:17

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月