【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2018/06/25 09:40

カラージェルにつきまして

ネイルレシピをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
ネイルレシピカラージェルは販売開始当時のクリアジェル・カラージェルは、すべて化粧品として販売しておりました。

ご存知の方も多いかと思いますが、
海外製品を化粧品として販売するには、厚生労働省に届けが必要です。
届出し、化粧品として販売される製品は、製品あたりのロットごとに成分検査が義務となっております。

カラーが増えるにつれ、カラー、ロットごとの成分検査費用が重くなると同時に、為替変動で円安が進み、値上げを検討することとなりました。

雑貨で販売するメリットは、
・成分検査費用のコストダウンで値上げをしなくて済むこと。
・今まで作れなかったカラーを作れるようになること。

雑貨で販売するデメリットは、
・付け爪用として自爪に塗ってはいけなくなること。


上記のような経緯から、
ジェルネイルを取り扱うネットショップとして、
カラージェルの商品区分は、付け爪用加工品(雑貨)として販売することに決め、雑貨品として販売をはじめております。

商品区分:雑貨での販売となりますが、人体に有害な成分で製造していることはございません。
化粧品として販売することにより得た知識を元に、工場とより密に打ち合わせ、
よりよい製品に向上させる努力を怠らないことをお約束致します。

また、クリアジェルはすべて化粧品のまま販売を続けます。


カラージェルは、雑貨なので、自爪に直接は塗ってご使用いただけませんが、
信頼できる工場で製造していますし、元々ベースジェルの上にカラージェルを塗る使用手順は今まで通りでございます。

一人でも多くの方に、素敵なジェルネイルを楽しんで頂きたいと思っております。

これからも、ネイルレシピをよろしくお願い致します。





アレルギーについて

 アレルギーとは本来、体の外から入ってきた細菌やウイルスを防いだり、体のなかにできたがん細胞を排除するのに不可欠な免疫反応が、
ジェルネイルやアセトンなどの化学薬品に対して過剰に起こることをいいます。

アレルギーを防ぐ基本的な対処法のひとつとして、薬品類の正しい取り扱いが必須となります。
リキッドやパウダー、ジェルなどをじかに皮膚に触れさせないようにしましょう。
また施術後の手洗い・うがいの徹底、ネイリストのマスク装着、など基本的な衛生面を重視することがアレルギーの予防にもつながります。

アクリルパウダーもジェルも、モノマー(リキッド)もこれらはすべてアクリル製品です。
少数ですがこうしたアクリル製品で、痒みや腫れかぶれ等のアレルギー反応が出る方がいます。
その場合、すぐに使用を中止してください。
アレルギーの出る出ない、その程度など、かなりの個人差があります。

まずは化粧品のパッチテストの要領で試してから使用することをおすすめします。

最終更新:2018/06/25 09:40

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月