【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/11/01 14:54

最終更新:2017/11/01 14:54

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017/11/01 14:16

 マカダミアナッツはどんな木?
  
●亜熱帯性のヤマモガシ科マカダミア属の常緑樹です。

●ニューサウスウェールズ州北部・クイーンズランド南東部で集中して生産されます。

●気候は熱帯、亜熱帯に属します。
aus.png



 どのくらい成長するの?
●2~15mの高さに成長します。

●成長すると長くて繊細な甘い香りの花を房状につけます。

●1つの花の房には無数の花が咲きますが、

●最終的に実になるのは1つの房から3粒程度(約2%)です。
nuts_hana.png
  
 マカダミアナッツの成長
      
●実をつけるまでにおよそ8年の歳月がかかります。


●一つの花の房には無数の花が咲きますが、最終的に実になるのは1つの房から3粒程度(約2%)です。

●熟すとハスク(外皮)が剥け、中の硬い茶色の殻がみえます。

※ハスクのとれた茶色の状態を「ナッツインシェル」といいます。

nuts_seicyou.png
macadamiatree.jpg



 マカダミアナッツの収穫
  
macadamiatreecerclezu.gif
●花の開花ピークは8月~9月です。

●開花から熟成するまで約3週間かかります。

●12月上旬ごろからハスクが固くなり、下旬~3月末にかけて太陽光の温かさがよりよい品質へとつながります。



 マカダミアナッツの殻は世界一硬いと言われています
  
マカダミアクラッカカー
●通常200kg重~400kg重(約2000N~4000N)の圧力を加えて割らなくてはなりません。

●通常のくるみ割り器では割れません。専用の割り器をご使用下さい。



最終更新:2017/11/01 14:27

2017/11/01 13:14

ナッツのポイント 栄養について
   栄養とは人間の身体作り、活動に欠かせないものです。人間は外部から栄養をとらないと生命を維持できません。

   食品の成分を大きく分けると以下の5大栄養素に分かれます。


 5大栄養素とは
   炭水化物(糖質)・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミン


   5大栄養素といわれるこれら5つは健康を保つために必要なものです。
   3大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)に、ビタミン・ミネラルを加えたものが5大栄養素です。
   ビタミンは代謝作用を活性化させ、からだの調子を整え、ミネラルは骨や歯の材料になり、組織、
   筋肉をつくるといわれています。


四つ葉あかみどりと3つの働きがあります。

   ●あか : 体の骨・組織・筋肉をつくる(たんぱく質、ミネラル)

   ●き: 熱や力になる(脂質・炭水化物)

   ●みどり: 体の調子を整える(ビタミン・ミネラル)



   これらひとつひとつは人間の体に必要なものです。
   過剰にとりすぎると問題ですが、どの栄養素も体に必要不可欠な栄養素です。
   いろいろな栄養成分は何をどれくらいとるかのバランスが大切。
   健康な食生活を送るということは栄養素を適切にとるということです。
   バランスよい食事、楽しい食生活で健康に!


nutrietzu-bunner.gif

最終更新:2017/11/01 13:28

2017/11/01 11:59

ナッツのポイントマカダミアナッツはとってもヘルシー
  マカダミアナッツは不飽和脂肪酸に富み、その中でもパルミトオレイン酸(POA)という良質な
  脂肪酸を最も多く含む食品です。

ナッツのポイントパルミトオレイン酸のよさ:1
  パルミトオレイン酸は不飽和脂肪酸の中の一価不飽和脂肪酸です。
  不飽和脂肪酸のうち、多価不飽和脂肪酸は、過剰摂取すると
  体内で酸化して動脈硬化や心筋梗塞の原因になるといわれていますが、
  一価不飽和脂肪酸は酸化にとても強く、有害な物質に変化しにくい性質があります。
  多価不飽和脂肪酸であるEPA、リノール酸の弱点を補うといわれています。

ナッツのポイントパルミトオレイン酸のよさ:2
  パルミトオレイン酸は脳内の血管に入り込める数少ない脂肪酸の一つで、
  血管細胞壁の栄養となります。マカダミアナッツを適度に摂ると血管強化につながります。
  また、動脈に付着する悪玉コレステロールを減らす効果があることが知られています。
  海外(アメリカ、オーストラリア)では、心臓病の予防にマカダミアナッツの喫食の効果が研究、
  発表されています。

ナッツのポイントパルミトオレイン酸は美容にもよいの?
  パルミトオレイン酸は血液の流れをよくして、新陳代謝を高める働きがあり、
  肌などの調子をととのえます。また、適度な脂肪の摂取は女性ホルモンの調節にもつながります。
  もともと皮膚にふくまれる、皮脂にとても近い成分で、30才以降は減少していきます。
  そのため、皮膚の再生・修復機能を高める成分であると期待されています。
  マカダミアオイルを保湿オイル・マッサージオイルとして使うことで、高い保湿効果・
  アンチエイジング効果も期待されます。


POA含有量No.1!!
全食品中のパルミトオレイン酸含有量を比較しても、マカダミアナッツは圧倒的です。

POA含有量.jpg
マカダミアナッツはパルミトオレイン酸を100g(約10粒)中約15g
と様々な食品の中でも群を抜いて多く含んでおり、1日約3~4粒程度食べると良いといわれています。
不飽和脂肪酸は血管をきれいにし、繊維は腸のおそうじに、注目すべきは、マカダミアナッツの
抗酸化作用です。この抗酸化作用により、癌などの様々な病気を予防するといわれています。
血管を丈夫に、血液をサラサラに、肌を美しく保つなど、美味しく健康と美容におすすめです。

最終更新:2017/11/01 13:10

2017/11/01 11:11

ナッツのポイント マカダミアナッツの大部分は脂質でできています。
   そのため「ナッツって食べると太りそう」と思われる方も多いのではないでしょうか。
   脂質はエネルギー源となり、体温維持の効果やホルモンの形成原料になるなど、

   人間にとって大事な栄養素で、脂質はたんぱく質、炭水化物とならぶ3大栄養素の一つです。
   また、脂質は食事を美味しくしたり、口当たりをよくする効果があります。

   適切な量を守って食べる習慣をつけておくと、健康と美容の強い味方となります。

ナッツのポイント マカダミアナッツの脂質は、不飽和脂肪酸のうちの一価不飽和脂肪酸です。

   一価不飽和脂肪酸は人の体になじみやすく大変ヘルシーな脂肪酸です。
   脂肪酸は主に3つに分類されます。

 飽和脂肪酸
   乳製品、肉類に多く含まれます。
   摂取しすぎると、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、
   動脈硬化や心筋梗塞の原因になるともいわれています。

 不飽和脂肪酸
四つ葉一価不飽和脂肪酸
   オリーブオイルやマカダミアナッツなどに含まれます。
   LDL(悪玉コレステロール)を減らし、HDL(善玉コレステロール)を減らさない性質が
   あり、動脈硬化、心筋梗塞を防ぐといわれています。
   酸化に強く、有害な物質に変化しにくい性質があります。

四つ葉多価不飽和脂肪酸
   n-3系、n-6系に分類され、魚、コーン油などに多く含まれます。(魚のDHAもそのひとつ)
   血中のコレステロールを下げますが、酸化しやすい脂肪酸です。
   血液をサラサラにしたり、LDL(悪玉コレステロール)を減らします。
   心疾患のリスクをさげることも報告されています。

ナッツのポイント その他の脂肪酸や脂質について

 トランス脂肪酸
   トランス脂肪酸を多く含む食品に、マーガリン、ショートニング、スナック菓子、
   インスタント食品などがあげられ、不飽和脂肪酸を加工する際にできた人工のものと
   自然に存在するものがあります。

   また、LDL(悪玉コレステロール)を増やしてHDL(善玉コレステロール)を減らし、
   心疾患やアレルギーなど様々な病気になる危険もあるともいわれています。

 コレステロール
   体内でつくられる脂質です。細胞を作ったり、ホルモンの形成原料となったり、
   栄養素の吸収にかかわります。
   血液中にはLDL(善玉コレステロール)とHDL(悪玉コレステロール)が存在します。
   生活習慣や食習慣の乱れなどから、両者のバランスが崩れることが病気の原因となります。
   コレステロールが不足すると脳出血などをおこす原因となったり、貧血をおこしやすくなります。

最終更新:2017/11/01 11:21

2017/11/01 10:46

ハート(手書き)マカダミアナッツの名前の由来は?
当時の有名な科学者ジョン・マカダム博士の名からマカダミアナッツと呼ばれます。

植物学者フェルディナンド・フォン・ミューラーらがマカダミアの木を発見し、
友人の科学者ジョン・マカダム博士(1837-1865:オーストラリア人・スコットランド生まれ)の
名にちなんでマカダミアナッツと名付けました。


ハート(手書き)いつ・どこで発見されたの?
1859年、クイーンズランド州の熱帯雨林で発見


ハート(手書き)発見者はどんな人?
ロストク(ドイツ)生まれの植物学者フェルディナンド・フォン・ミューラー。
ノルティ教授の下で植物学を研究し、1847年にキール大学から博士号を受けました。
1847年に、ブレーメン(ドイツ)からオーストラリアに向けて出帆し、12月にアデレードに到着。
未知の多くの植物を発見しました。


ハート(手書き)先住民族の人々はマカダミアナッツを知っていたの?
アボリジニの人々は「キンダル・キンダル」と呼んでいました。


ハート(手書き)いつ食用として知られるようになったの?
1920年代(マカダミアが発見されてから約60年後)、研究により食用であることが分かりました。
アボリジニ以外には長い間食用とは知られていなかったのです。
食用であることが分かると商業的価値が注目されて広まっていきました。


ハート(手書き)どうして人気がでたの?
食用である上に、健康、美容、ダイエットに効果があります。
・健康 … 良質な不飽和脂肪酸であるPOAが最も多く含まれています。
・美容 … 植物性食品でありノンコレステロールで、身体によい良質な脂肪に富み、たんぱく質、
 ビタミン、ミネラル、食物繊維の重要な供給源です。
・ダイエット … 少しの量で満腹感が得られ、ノンコレステロールでとても効果的です。


最終更新:2018/09/06 10:37

ページ上部へ

カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム