【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/02/15 11:47

新種鉱物は1年間にどのくらい見つかり、承認されているのでしょう?

懇意にしている知人の宮脇博士(国立科学博物館 理学博士)の記事がありましたのでご紹介いたします。

-----------------------------------
科博メールマガジン第720号
発行日:2017年2月9日

 未知との遭遇
                        地学研究部 宮脇 律郎


 鉱物の種は、どの元素がどのような割合で(化学組成)それらの原子がどのように配列しているか(結晶構造)で区別されます。

国際鉱物学連合の新鉱物・命名・分類委員会は、新種の承認や既存種の再定義や抹消などを申請に基づいて審査し、認定しています。

この1月末日で、5208の鉱物種が認定されていますが、この数字はIMA Database of Mineral Properties のウェブサイトで
「IMA Approved Minerals Only(国際委員会公認のみ)」にチェックを入れると、Minerals found:の横に表示されるので、時々のぞいてみるとその増え方が判ります。


 2016年の1年間に申請された新種鉱物は117件で、その多くが承認されました。
私が2011年に松原聰名誉研究員(元地学研究部長)から日本代表委員を引き継いでから、毎年100種ほどの新種が承認されています。つまり全体5208種の約1割が、この5年で新種として加わったことになります。

この加速度的な新発見の連続は、科学の発展として喜ばしいことですが、違った見方では、私たちの自然への理解はまだまだ途上で、未知の世界がまだまだ残されていることも示しています。

昨年は、新種「bunnoite(豊石:ぶんのせき)」の記載論文が国際学術誌に掲載され、報道でも取り上げていただきました。
今年は、どんな未知との遭遇があるのか、わくわくしています。
-----------------------------------


註 転載につきましては執筆者のご了承をいただいています。

ちなみに、一番新しく承認された鉱物「Bunnoite」を文中のウェブサイトで検索しますと、このように表示されます。

new_Bunnoite.jpg


翡翠は下記の表示です。

new_Jdeite.jpg


毎年100種ほどの新種が登録されているとのことですので、新鉱物にご興味のある方は、数ヶ月に一度、IMA Database of Mineral Properties のウェブサイトをチェックされてみては如何でしょう?


店長 三石 喬

最終更新:2017/02/15 11:47

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム