【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2016/06/09 18:39

「あと1万日生きるぞ!」
と叫んだのは5年前の高校同窓会の時、ホテルの大広間の
一段高いところからで一瞬どよめきが起こったことを鮮やかに覚えています。

先日中学の同窓会があったばかりなのに来週は高校の同窓会開催、ということで
改めて10年、20年先の生き方を想像してみました。

と言ってもまさに夢みたいなことだけれども。

長く生きるということは今親しくしている同世代の友人は確実に減っていく。
ということは、
若い人たちから「もっと長生きしてね~」と言われるような生活は必須の条件です。
自分は翡翠と深くかかわってきたから翡翠にワクワクドキドキ、頭も身体も活性化され、
読者やお客様に喜ばれるようなことしていたいと思う。


紛争がいまだに続いている翡翠鉱山、紛争解決はそうそう簡単ではないでしょうが
何もすることが無いわけではないと思います。

翡翠にかかわる人全てが笑顔で幸せであることの重要性、
そのことを紛争当事者に理解して戴くような活動をしていくことも
大変重要と考えています。


「翡翠鉱山の平和」は「世界遺産」にも繋がっていくでしょう。

一生懸命頑張って早く平和が訪れるようになったら神様も「もう少し長生きしていいよ」
と言ってくれることと思います。

75歳店長

ミャンマーにて
ミャンマーにて

最終更新:2016/06/09 18:39

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2016/05/26 18:22

伊勢志摩サミット、ついに本日開幕しましたね。

主要7か国(G7)の首脳が日本に集結するのは、
2008年の北海道洞爺湖サミット以来8年ぶりで、
今回のサミットでは、世界経済に加え、
テロ・難民問題、気候変動などをテーマに討議が行われるとのことです。

伊勢志摩といえば、真珠の産地で有名ですね。

5000c.jpg

真珠は世界各地で採れますが、
それでも、真珠といえば日本と言われるほど、日本の真珠は有名です。

そして、日本ほど有名ではないですが、
ミャンマーでも、上質の真珠が採れます。
このことは、ご存知の方も多いかもしれませんね。

しかし、そのミャンマーの真珠採取草創期に、
日本人が大活躍していた時代があったということはご存知でしょうか。

そんなミャンマーのパールと日本人のお話を、
数回に分けてご紹介したく思います。

-------------------------------------------------------------------------------

イギリスが緬甸(ビルマ)全土を植民地にして5,6年しかたっていない1892年、
組織的なパールの採取が始まりました。

最初は真珠を採らせるのに地元の原住民を使っていたものの、
深く潜ることが出来ず、生産性がきわめて低かったようです。

そこで、当時から良質の真珠が採れると有名だった
オーストラリアのアラフラ海にある木曜島から、
そこで働いていた日本人の熟練者をイギリス人が連れて行ったのが始まりといいます。
日本人がミャンマーにて、本格的に真珠を採取し始めたのは1900年前後です。
(参考:大阪毎日新聞 1913.1.9(大正2)記事『英領緬甸メグイの真珠採取業』)


当時の様子を記した新聞記事をご紹介いたします。
(なお、内容は意味がわかりやすいように、多少書き直しております。)



『緬甸の真珠採取』
新嘉坡 椰蔭生

ビルマのマグイ群島地方はオーストラリア及びマニラ地方と共に有名な真珠産地であり最近日本人の採集業に従
事する者年々に増し、明治四十四年採収免許数は総計七十九にて内日本人十七なり。

日本人の事業

日本人にて最も盛なるは兵庫県の米井虎一郎氏にて、
採収船九艘を有せるが其の他は各一艘ずつにて
自から潜水者として採収に従事せり。
採収区域は北緯十三度十分と八度二十七分との間約三百海里の群島七百に渉り、
二十尋乃至四十尋の海底に作業す昨年米井氏の得たる真珠、
大豆大の銀白の物は代価一万三千ルピー(当時のお金で約7,800円)なりとの事 。

真珠の鑑定法は簡単にて、満水せるガラスの器に投じ其の水色と渾一せるや否や
溶け合って目立たないか否かを調べればわかる。
即ち水中にて存在を認め得ざる如き銀色のものを最上の珠とし
金光を発するものは二等珠として左程に重宝されず。
真珠採収船は長さ約12メートル幅2.4メートルにて
濠洲地方と異り土人の漁船を借用し斯業者自ら所有せず
是れ採収期が十月より四月迄にて余の五箇月船囲するの煩を避くる外に
借用船は船主たる土人をも併せて雇入るるの便宜あるに由る
故に従業者を国別にせば各採収船には土人の水夫六人の外に
貝開き一人、綱持一人、潜水者一或は二人を使用し、
貝開きは営業主に特別信用ある物を用い
綱持及び潜水者の十中六分は日本人、二分はマニラ人残はビルマ人及びマレー人なり。


潜水者の所得

他の従業者は給料制にて働くも、
潜水者のみは所得貝の売上を折半する習慣にて
採収期間通例三千五百封度(ポンド 1ポンドは453.6グラムとして計算して1585.5Kg)
約代価 千二百五十ルピー(750円)の貝殻を採収す。
但し這は真珠を除きての計算なり
若し此貝殻中に真珠の発見されば潜水者は其代価の五%乃至10%を配当さるるなり


斯業の収支計算

潜水用の甲冑及び送風器の外に採収機を要す這は斯業の固定資本にて
約二千ルピー(1200円)とす、
流通資本としては免許料、給料、食料及び機具の消耗を補充するものにて
一期約三千七百ルピー(2220円)を要するが故に
前記一期間の所得貝類僅に千二百五十ルピー(750円)、
而も其の半丈け営業者に収入さるるに対せば彼是三千ルピー(1800円)の不足を生ず
此の不足こそ真珠と謂える特別収入にて補わるる訳にて本年一月中、
日本人斯業者の経験に由れば甲の採収貝数百四十四中に三十三の真珠を発見し、
乙は六十二の中に十七を発見せしと云えり

(※カッコ内の日本円金額は当時のもの)

●大阪朝日新聞 1912.6.20(明治45)より

ミャンマーのパール採取場における
日本人の活躍がよく伝わって来る記事です。

店長補足

米井虎一郎氏について
氏は当時ビルマ、シンガポール、日本で大変な有名人であったようです。

最終更新:2016/05/26 18:22

2016/05/20 18:31

記念すべき大変明るいニュースです。

myanmar3

以下は東京新聞の記事ですがそのまま載せます。

==============================
米ミャンマー関係、新局面 新政権下、初の制裁緩和
2016年5月18日 18時43分

【ヤンゴン共同】米政府は17日、対ミャンマー制裁の追加緩和を発表し、
アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が率いる新政権を後押しする姿勢を明確にした。

22日にはケリー国務長官がミャンマーでスー・チー氏と会談、
一層の民主化に向けた支援を伝える見通しだ。
軍事政権時代に冷え切った両国関係は新たな局面を迎える。

3月末のミャンマー新政権発足後、制裁緩和は初めて。
米財務省によると、今回の措置では国有企業10社を制裁対象から除外した。
銀行や資源関連企業で、スー・チー氏が主導する新政権の監督下にあるため
除外を決めたとみられる。
=======================================

翡翠だけでなく、ルビー、サファイア、スピネル、真珠
その他宝石などの輸出入が可能になったのですOK

loose

アメリカの宝石業界からは制裁解除の要望がアメリカ政府に対して
出ていたのですがそのたびに却下されていました。

それが今回全面的に可能になったのですからその影響は大変大きいでしょう。

特にミャンマーでは紛争、汚職、密輸、などなど歓迎されないニュースが多かったのですが
そのようなニュースもだんだんと少なくなることでしょう。

とりあえず例年通りミャンマー首都ネピードーで開催される宝石オークションで
アメリカの業者の参加の有無、何をどれだけ買うのか注目されるところです。

(個人としては誕生月でもあり最も翡翠が注目される月でもあり嬉しさもひとしおです。)

店長

★お知らせ★
5月21日は店長の誕生日(75歳)ということで緊急企画を開催します!

【店長誕生日セール】
Joytec楽天市場店全品ポイント10倍!!
2016年5月20日20:00〜5月22日23:59
https://www.rakuten.ne.jp/gold/mjade/home.htm

birth



最終更新:2016/05/20 18:31

2016/05/11 17:16

新緑の美しい季節ですね。
突然ですが皆様は、「県の石」をご存知ですか。

「県の花」は聞いたことがあり、知っていらっしゃる方も多いと思います。
例えば東京都はソメイヨシノ、神奈川県はヤマユリです。

それと同じように、「県の石」が昨日5月10日に日本地質学会から発表されました。
それによりますと、47都道府県で産出する特徴的な岩石、鉱物、化石を一つずつ選び、
計141種類を「県の石」(都道府県の石)と認定したとのこと。

新潟は佐渡の金、
鳥取は砂丘の砂、
福岡は筑豊岩田の石灰、
鹿児島は姶良カルデラから噴出したシラスと呼ばれる火砕流堆積物、
滋賀県は宝石のトパーズ、
京都は複数の結晶が集まって花びらの形を作る桜石、
山梨と長崎は2つの水晶が結合してハート形になる日本式双晶水晶、
北海道はアンモナイト、
福島は首長竜「フタバスズキュウ」の化石だそうです。

県の石
(5月10日 日経夕刊抜粋)

日本地質学会は2018年の創立125周年記念事業の一環で、
公募を経て独自に選定したのだそうです。

ジョイテックの石は? と聞かれればすかさず
『ミャンマー産の翡翠とアンバー』と答えるところですが、
さて、皆様の県の石はなんでしょう。

各都道府県の石141点をまとめた本も出版予定とか・・・。
今から楽しみですね。

最終更新:2016/05/11 18:48

2016/04/14 14:54

sea
『国立科学博物館 新たな冒険!3万年前の航海徹底再現プロジェクト』


突然ですが、
日本人はどこから来たか、
知っていますか?


これまでは、
アフリカから海岸沿いに移動してきた
という海岸移住説が定説でした。


が、実は、



3万8000年前頃に


"対馬の海を超えて"


本州に来た!


それが初の日本列島人。


ということがわかりました。


近年調査が進み、琉球列島には
『3万年前のハイレベルな航海』があった
ことがわかってきたのです。


当時アジア大陸と陸続きだった台湾から、
世界最大の海流といわれる黒潮を超え、
100km以上を行く航海をして
日本にやってきた!!


つまり、最初の日本人は航海者だったんですねびっくり



そんな大変な航海を
3万年以上も前に一体どうやって??


そもそも、何故そんなことに挑戦したのか?


その事実に迫るため、
祖先たちが挑んだその困難を自ら体験して検証しよう
というのが今回のプロジェクト。

kouro
(予定している実験航海の航路)

総費用およそ5000万円の大型プロジェクトですが、
今回、クラウドファンディングによって第一弾の実施に
かかる資金2000万円あまりが集まり、実行される
ことが正式に決まりました。


プロジェクトの内容も興味深いですし、
日本の公共機関勤務者(博士)としては珍しく、
クラウドファンディングによって資金を集め、実行しよう
という挑戦(国立の博物館としては国内初のことです)
に惜しみない拍手を送り、
私も少しばかり協力させていただきました。



当時の舟を復元し、実験航海が行われます。
成果はもちろん国内だけでなく、
世界にむけて発信されるとのこと。

boat



『3万年前の古代人と同じやり方で挑戦する。』


研究も”経験”をすることが大事なんですね。

人類の研究は、自然や文化、地理などの分野にも
つながります。

5億年前にできたという翡翠。
翡翠たちは、遥か昔からそんな地球の出来事を
全て知っている・・・

そう思うと、いつもの石たちが
ちょっと違って見えてくるかもしれません。


プロジェクトの進行を応援しつつ
楽しみに見守りたいと思います。


*画像は全てプロジェクトHPより許可を得て掲載しています。

最終更新:2016/04/14 14:54

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム