【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2015/08/17 14:10


弊店ではミャンマー産の琥珀、バーマイトを取り扱っております。
翡翠は中国のお客様がメインですが、琥珀は中国はもちろんヨーロッパからお求めになるお客様も多く、国際性豊かな石です。
そんな琥珀ですが、最近は産地ミャンマーにおいても存在感が増しているようです。

琥珀と言えばブルーアンバーをすぐイメージする方が多いでしょうが、
ミャンマーも世界最高クラスのブルーアンバーを当然産出します。

そんなことも次第に知られてきたのか、
Yangonの外国人が沢山訪問するボージョーマーケットでも琥珀販売店が大変多くなってきており、
大変な人気になっているのです。
また、琥珀は、価格も比較的手ごろなことがあるかもしれません。

しかし、ミャンマー産琥珀は販売する業者が少ない上、
販売の歴史も浅い業者ばかりです。
また琥珀の研究者も私の知る限りほとんどいませんから、
販売する側も十分な知識もなく販売することになるのです。

虫入りや花や木の芽などの植物入り琥珀は希少で高価なものですが、
歴史の浅い業者では知識がないため、
漠然と『通常の琥珀より高いと思われるが、さてそれでは幾らに設定しようか』などと、
大変悩むところでしょう。

世界の琥珀のニュースを見ていても、
数年に1,2回珍しい虫入り琥珀が見つかったとニュースになりますが、
前例のないほど希少なものですと、
琥珀を研究している専門家であっても、正確な値段を付けるのが難しいと思われます。


弊社の倉庫にも珍しそうな琥珀がいくつかあります。

これも他では見られない稀少性の非常に高い琥珀と言っていいでしょう!


new03a


new03d

    


これはいつまでも手元に置いておきたい琥珀の一つです。


販売しないのは、比較できるものがなく、正確な価値や価格が算出できないため

ということもあるのですが、

形良し、透明度良し、好奇心をますます刺激する謎の内包物入り琥珀・・・ 

という、所有しているだけでうれしくなる、ロマンあふれるお宝だからというのが大きかったりします。



次の記事では、他にもあるお気に入りの琥珀をご紹介したいと思います。



最終更新:2015/08/17 16:34

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2015/08/04 17:26

「蔡國強展:帰去来」 鑑賞してきました。

弊社のある三菱重工横浜ビルのすぐお隣に、横浜美術館があります。
今回、中国出身の中国人ながら、日本にも長年住んでなじみの深い
新進気鋭の現代芸術家の作品展をやるというので、
日頃翡翠を通じて中国との関わりの多い私としては興味を感じ、行ってみることにしたのです。

お隣なので、「ひょいと覗いた」という感覚でしたが
実際に会場に入り作品に接すると美術作品に対する勝手なイメージを根底から
ひっくり返すような違和感を覚えました。


漠然と、ヨーロッパの美術館にあるような、
絵画や彫像をイメージしていたのですが、
最初に展示してある男と女の作品も決してきれいなわけでもない。
感動するわけでもない。


次の大作も、どうやって製作したの? 何を訴えたいの??
と、疑問が頭の中の大部分を占めるばかり。
想像を超えていて、作品の評価なんてとても出来ない。


・・・と思いながら、次に目にした狼の群れに、
はっと目を奪われました。


同一の目標に向かって宙をかける狼の大群が
最後は透明な壁に衝突して転倒していく姿が、
圧倒的な迫力で創造されているのです。


「壁撞き(かべつき)」と題名されたこの作品は、
ベルリンの壁をモチーフにしているのだそうです。


99匹の狼が群れをなし、空を飛んで疾走するが。
ガラスの壁に当たって落下してしまう・・・

ベルリンの壁は破壊されたが、
目に見えない壁がいまだに残っていることを、
心憎いまでも見事に表現している。

しかし狼たちは、心折れる様子もなく、
もう一度立ち上がり、何度でも壁に向かって挑みかかります。

見えない壁を越えようとしている姿に、
作者の想いが伝わってくるかのようです。



そして、展示作品ではないが、
作者の作品制作映像でみた花火作品の数々・・・・・。

ここまで来て初めてこの作家の凄さがわかったような気持ちになりました。

大芸術家の作品をお隣で見られるなんて・・・・・。

ほんとに幸せです。

S__335874.jpg


枠にはまらない異色の芸術家、一度は実際に見られることをお勧めいたします。
(その際は、お隣ですので、ぜひ弊店にもおたちよりください。)

(美術館へのURLが貼れないため、検索してご覧ください)
横浜美術館『帰去来 蔡國強展』
会期:2015年7月11日(土)~10月18日(日) 
開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
     ※夜間開館:2015年9月16日(水)、9月18日(金)は20時まで開館
    (入館は19時30分まで)
休館日:木曜日

さて、今日8月4日は横浜の花火大会。
弊社社員も時間を見つけて、最上階で見学するとのことです。

私?

自宅で大きな花火をイメージして休みます。

最終更新:2015/08/04 17:26

2015/07/27 16:03

こんにちは、ジョイテックの小出です。
いつの間にか、すっかり夏になってしまいましたね雫
さんさんと降り注ぐお日様パワー晴れに、日傘が欠かせない毎日です。

さて、そんな夏の眩しい光にぴったりのアクセサリーがこちら、
本革&本翡翠ブレスレットfeelです!

new_f57c.jpg

ぱっと目を惹く存在感が素敵なfeelは、とっても華やかでお洒落ハート
街で、「それどこのブランド?素敵ね」と、
声をかけていただくことも手書きハート

そしてもちろん、ホンモノの天然本翡翠なので、
さりげないお守りだと感じて身につけていられるのも、
幸せな気持ちになるんですよねウィンク


さらに、きらきら開運きらきらに目がない私は、個人の風水ラッキーカラーを調べて、
その色のブレスレットをコンプリートしています・・・ぽっ
ちょっと元気が欲しいなという日、ここぞという気合いを入れたい日、
手首のラッキーカラーが自信をくれているみたい・・・?


ちなみに、中国には「干支別のカラー」というものもあります。
自分らしさを発揮できるラッキーアイテムとして、
干支カラーfeelを身につけるのも楽しいですね!


★ちなみに、干支それぞれのカラーは以下の通りです★

子 ブラウン しっかりもので賢いネズミさんは、知性が薫る落ち着いたブラウンカラー☆

new_ねずみ.jpg

丑 グレー 忍耐強く大器晩成型のウシさんは、大人っぽくシックなグレーカラー♪

new_うし.jpg

寅 黄色 いつだって勇気リンリン、まっすぐな気性のトラさんは明るいイエロー!

new_とら.jpg

卯 ベージュ 優しくて愛嬌たっぷりのウサギさんは、柔和で誰からも好かれるベージュ☆

new_うさぎc.jpg

辰 ゴールド みんなのリーダー、華やかなタツさんは、煌めくゴールド!

new_たつ.jpg

巳 パープル 大きなことを成し遂げる底力を持つパワフルなヘビさんは高貴なパープル♪

new_へび.jpg

午 ブルー カラッと竹を割ったような性格が魅力のウマさんは、爽やかなブルー!

new_うま.jpg

羊 ターコイズ 温和で正直、夢見がちなヒツジさんは、あたたかい南の海のようなターコイズ♪

new_ひつじ.jpg

申 グリーン 頭の回転が早くて新しいもの好きのサルさんは、翡翠カラーのグリーン☆

new_さる.jpg

酉 レッド 世渡り上手で華やかなトリさんは、情熱的なレッドがイメージカラー!

new_とり.jpg

戌 ネイビー 誇り高くアーティスティックなイヌさんは、スタイリッシュなネイビー☆

new_いぬ.jpg

亥 オレンジ 向上心にあふれるパワフルなイノシシさんは明るいオレンジ♪

new_いのしし.jpg


革の色とパーツの色(シルバー、ゴールド、ピンクゴールド)をご指定いただければ、
ホームページには載っていない、あなただけのオリジナルブレスレットもお作りできます♪

また、パーツなしの革のみでも、3000円(税別)にて販売もしておりますので、
すでにfeelをお持ちで革だけ欲しい!という方も、
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ(にっこり)

(お問い合わせはこちら)
info@jadeite.co.jp

半袖が多く、手首に視線が集まる夏こそ、身につけて頂きたいfeel。
鮮やかでカラフルなブレスレットは、見ているだけでウキウキ気分になれますよ♪

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございましたスマイル

最終更新:2015/07/27 16:03

2015/07/07 14:18

7月4日、日本ミャンマー協会主催の「テインセイン大統領歓迎懇親会」が開催され
私も参加させていただきました。

大統領.jpg

霞が関ビル35階の会場に協会会員及び国会議員など200名あまり、
公明党山口代表及びミャンマー協会会長の渡邊氏より歓迎のあいさつがあり
これを受けてテインセイン大統領からのお礼のお言葉があり始まりました。

特に印象に残ったのは大統領の言葉です。

概略
日本とミャンマーとの間には多くの共通点があり両国間はきっとうまくいく。
今までミャンマーの発展と平和の為に一生懸命努力してきた。今もこれからも変わらない。
多くの困難があるが今まで以上に努力していく」


何の変哲もない平凡な言葉に受け取られそうですが
誠実で真剣みがあふれた10分余りのお話は大変説得力がありました。

懇親会の前には タイのプラユット首相、安倍首相、
ミャンマーのテイン・セイン大統領の立ち会いのもと、
ミャンマー南部のダウェイ経済特区開発での協力に関する覚書が調印されており、
この巨大案件が現実に動き出すことになり、より迫力のある『お言葉』になったのでしょう。
私にとりましても歴史の一コマに立ち会ったような錯覚をする記念すべき「7月4日」となりました。

しかし、
ミャンマーへの日本からの経済援助はほとんどがマンダレーから南に偏っています。
最北部のカチン州にはわずかな教育、難民対策以外は全くなにもされていないのです。
翡翠鉱山がありミャンマーにとって大変重要な外貨獲得源のある州にもかかわらずです。
翡翠鉱山パカンは大規模な採掘はされていませんが小規模な採掘は続けられているといいます。
しかし、無秩序な採掘で掘り出された土砂は道路や川を埋めることになり生活にも影響するようになっています。
医療はどうなっているのか?勉強は?

「カチン州のために何かできないのか?」

私は何もしなくていいのか?

自問自答することが多くなった今日この頃です。

最終更新:2015/07/07 14:18

2015/07/03 18:36


7月1日、鶴岡市に行ってまいりました。
余りなじみのない地名でピンとこない人がいるかと思いますので念のため簡単に説明しますと、
山形県鶴岡市は東北地方では一番、全国でも7番目に面積の広い「市」だそうです。
日本海に面しており温海温泉が有名であり、
また山側は出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)があるといえばおおよそ見当がつくかと思います。
ダダ茶豆、日本酒も大変有名ですね。

鶴岡に来た目的は株式会社スパイバー(以下スパイバーに略します)に訪問するためです。

9時半、鶴岡駅からタクシーに乗った途端「今日あんたで3人目だよ」と言われました。
スパイバーへ行くお客さんの数です。

まだ社員数100人に満たない会社ですが、いかにこの会社の未来に注目している人が多いかを実感します。
今回市内で4回タクシーに乗りましたが、どの運転手さんもスパイバーが出来たおかげでお客さんが増えているとおっしゃっていましたから、現在経済効果を最も享受しているのはタクシー業界かもしれませんね。

そのスパイバーですが、今後10年(数年?)以内に社員数1000人以上になるといわれます。
その社員も若く有能な研究者、技術者ですから地域への貢献も非常に高くなることでしょう。

スパイバー Spiber
-------------------------------------------------------------------------
関山さんは蜘蛛の糸に挑戦する前にこう考えたといいます。

「求めていたテーマには3つの条件が必須だった。成功したときに社会に与えるインパクトが大きいこと。
誰も取り組んでいない、あるいは誰も成功していないこと。
そして、リスクは高いが、『もしかしたら、できるかもしれない』という可能性があること。
それら全てを満たすテーマが見つかったのは、大学4年生の飲み会の席だった。

地上最強の虫は何か――。友人の素朴な疑問を火種に、研究室メンバーとの議論が白熱した。
さまざまな意見が出る中、「猛毒を持つスズメバチ」で決着したかに見えたが、最後に出た「それを食べてしまうのはクモ」という意見に、一同がはっと息を飲む。
自分よりもはるかに大きな虫ですら、強靭かつしなやかな巣で捕らえてしまう。
そんなクモが作り出す糸は、世界最強の天然繊維に違いない。

「これなら人生を懸けられる」。求め続けたテーマに出会った瞬間だった。
話の流れから、その場で会社名も決まった。スパイダー(クモ)とファイバー(繊維)で、スパイバー・・・・」

「これなら人生を懸けられる」。
求め続けたテーマに出会った瞬間だった。


-----------------------------------------------------------------------------
「クモの糸」を人工合成 世界が注目するバイオベンチャーより一部抜粋

素晴らしいですね。学生の時にこう考えたとは・・・・。

初めて関山社長とお会いしたのは2013年5月24日。
六本木ヒルズでこの繊維で作られた青いドレスが初めて公開された時からです。
当日新聞でこの記事をみてすっ飛んで行き見たのです。

行くまではこんなに「素晴らしい発明だから大勢見ているだろうな」と思っていました。
ところが実際には、会場にいたのは僅かに数人のみだったのです。

お陰様で説明文なども全て読むことが出来ました。
理解すればするほど、この発明の画期的なことに感動し、
しばらく行ったり来たりして何度も見学させていただきました。

帰ろうとした時、遠くから見ていたのでしょうか?
関山社長から「いかがでしたか」
と声をかけてくださったのです。
幸い見学者が少ないことが幸いして質問にも丁寧に答えてくださり、数十分お話しできたのです。

私の人生の中でも、大変貴重な時間でした。
その後メールで何度かやり取りして会社見学の予定も立てましたが、
当時から非常に忙しく機会を逸していました。

しかしこのたび訪問することになりましたのは、弊社でも協力できるようなお話が有ったからです。
翡翠とは全く関係のないことなのですが、
将来のノーベル賞候補と言われる関山社長の会社に協力できるとは、ほんとに幸せなことです。

new_1620.jpg

new_1622.jpg

new_1624.jpg

社内と大学時代研究した慶應義塾大学先端生命科学研究所を見学させていただきました。
工場内はもちろん見学はできません。
見学中、「こんにちは」「こんにちは」と社員の皆様から明るく挨拶して下さったのが印象的でした。

最終更新:2015/07/03 18:36

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム