【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2017-11-29 17:43

先日奈良で開催されました「日本琥珀研究会」に参加いたしました。

kohaku1.JPG

正倉院に保存されている『鏡』に琥珀がはめ込まれていて関心をもっておりましたので、以前正倉院事務所でミャンマー産の琥珀を調べていただいたことがありました。
この会の詳しい内容をお知らせするのはここでは省きますが、2つ3つ初めて知り得たことがあります。

・北海道の琥珀について

ご存知のように北海道では以前、石炭の採掘で活気があった歴史がありますが、鉱山だけではなく古代遺跡からも琥珀の首飾りなど沢山見付かったそうです。
もしかしたら、北海道産の古代琥珀もこれから皆さんも入手できる日が来るかもしれませんね。

次に、翡翠の勾玉も北海道の遺跡から見つかっていますが、このことはご存知の方も多いかと思います。
礼文島からは翡翠の勾玉が見つかっていますが、ソ連領に属するユジノサハリンスクからは見つかっていないようなのです。(北海道産黒曜石はユジノサハリンスクからは見つかっています)

天候にも恵まれ、大和路を歩いて古代ロマンが広がった奈良訪問でした。

kohaku22.jpg

kohaku33.jpg

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-11-02 13:52

11月3日は文化の日
 国や社会のために尽くされた方々に贈られる勲章や褒章ですが、その中の文化勲章に、まがたまのデザインがあることをご存知でしょうか。
昭和12年に制定された勲章のデザインは、橘の五弁の花の中央に三つ巴のまがたまが配されています。
御所紫宸殿の南庭に植えられていて「右近の橘」と称されていますが、橘は常緑樹であることから、悠久性が文化の永久性に通じることから文化勲章のデザインに採用されたと言われています。

bunka.jpg

柔らかい曲線の形で作られたまがたまは私たちに古代ロマンを感じさせてくれます。
勾玉は大変貴重なもの、神秘的なものとされて特別な存在であったことは、天皇家に代々伝わる「三種の神器」に、剣、鏡とともに勾玉が選ばれていることからも想像できます。
勾玉の形は牙、胎児、蚕などの形を模したなどの説がありますが、胎児説が有力です。
寿命の短かった古代人の世界では、特に子孫繁栄が重要であり、勾玉にその願いを込めたのではないでしょうか。

2017-09-22 14:22

農道を走ること30〜40分、ようやく彼の故郷へ到着しました。

0922.jpg

どの家も屋根はヤシの葉。青々とした葉が乾燥してグレーっぽくなっているものは、5〜6年経っているからだそう。
家具などは全く見当たらず、家の中は丸見え。
庭で、「こちらはタナカの木」(子供や女性の顔や腕に日焼け止めとして塗る樹液が取れる木)
「こちらはライチの木」(残念ながら季節柄実は付いていなかった)と教えてもらう。当然バナナの木も庭先に。

IMG_3377.JPG

彼のお母様とお姉さんが畑作をやっているとのことで、バナナの天ぷらや豆をすりつぶしてお煎餅状にしたもの、野菜の煮物などなど様々なお料理を大きなヤシの木の下に用意してくださった。
そんな中、アヒルが4羽、散歩から戻ってきた。見慣れない私たちに警戒の目を向けていたが、すぐに気を取り直して水飲み場へ。

09222.jpg

井戸があったので、水は大丈夫ですか?と問うと、地下浅いところから汲んでいるため飲み水には使えず、毎日、素焼きのカメを持って近くまで汲みに行くとのこと。
煮炊きもガスがある訳ではないので、土間に火を起こしてあり合わせのお鍋でお料理をするのが女性の仕事。
電化製品はラジオくらいしか見当たらない。電気は、やっと1日数時間流れるようになったらしい。

太陽が昇ると同時に起床し、日が沈めば休む。
今だに信じられない様な生活だけれど、どの顔も優しくおっとりしていて、なんといいお顔!!
私たちが忘れてしまった何かがここにはある。と感じたチャウセーの1日でした。

2017-09-21 16:37

店長の妻、せつ子です。今回はマンダレーのお話です。

0921.jpg

ミッチーナからの帰路、マンダレーまで戻り、15〜16年お世話になっているミャンマー人のお宅にお邪魔して最近のマンダレーの状況を聞いたり視察したりしました。
マンダレーはヤンゴンほどの変貌は見られないものの、ホテル等の改築工事用のクレーン車を多く目にしました。
ヤンゴンは新車が目につき、バイク走行はだいぶ少なくなったことに比べてマンダレーは大半がバイク。まだまだ変貌の波は少ないように感じました。

翡翠を求めに来る中国人もめっきり少なくなったということで、翡翠の仕事に携わっていた知人の男性も、3年ほど前からマンゴー、パパイヤ、レモンなどを植えて農業に重点を置いて仕事をしているとのこと。
その彼が、自分の生まれ故郷を案内したいということで、連れて行ってもらうことになりました。

マンダレーから南へ車で1時間半。近年出来た幹線道路を1時間ほど走り、狭い農道にに入ったらさあ大変。
小川淵の道はでこぼこが半端ではなく、彼は驚く私たちを気遣ってゆっくりゆっくり車を進めてくれるのですが、お腹がよじれるほどに激しい揺れ。これで対向車が来ようものならどうなる?と心配している矢先、牛車がのんびりと来るではありませんか!
路肩を外れないようギリギリに車を止めて、なんとか牛車は通り過ぎて行きました。
が、ホッとする間もなく、今度は軽トラックが・・・!
えぇー!どうするの??

冷や汗が流れる中、いよいよサイドが擦れるほどに接近して思わず目をつぶった瞬間、ぎりぎりで通り過ぎた模様。地元の人はさすが慣れています。ほっ!

つづく 

09212.jpg

2017-09-15 16:57

今回は、ミャンマーのカチン州ミッチーナに行って来ました。
最初に訪れたのは1998年1月、世界最大の翡翠鉱山であるカチン州のパカン鉱山視察の時でした。
それ以来4度目の訪問です。

ミッチーナはミャンマー第二の都市マンダレーからおよそ420km、ミャンマー最北のカチン州の州都です。
私にとってミッチーナは翡翠鉱山パカンに行く起点であり、ミャンマーを縦貫して流れる大河エヤワディ川の始まり、ンマイ川とマリ川の合流地ミッソンの所在地でもあることから、ミャンマーの中でも特に惹かれる所です。
カチン州に住む少数民族(カチン族)の文化は独創的で農具、猟、漁具、祭り、合理的な家の造り、どれも素晴らしい文化があります。

09152

カチン州出身の前国会議員の方と以前から交流があり、ゴムの木を植える運動に賛同して少しばかりの協力をしていたのですが。今回その彼が直面し、毎日奮闘している難民村を案内してもらいました。
部族間の争いから逃れてきた人たちが、なっと6000人も数カ所に住んでいるというその中の1箇所を訪問。
およそ2500人がバラックやテント生活をしており、ボランティアに支えられて学校建設、ヤンゴンからの医師の手配、薬の調達にご苦労なさっていました。
部族間の争いは根が深く、なかなかすぐには解決しないという難題です。
田んぼも畑も、家畜すらそのままに、逃れなければならない現状。
翡翠も琥珀も現在採掘は禁止されているとのことで、働く場所さえない状況が続いているようなのです。

09151

ミャンマーは南の方でもロヒンギャ族の問題で苦労していますが、カチン州でも苦しんでいる人々が沢山いるのです。

色々と考えさせられる今回のミャンマー旅でした。

09153

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム