【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/09/27 18:34

一生モノのスタジャンをお探しなら迷わずコレ!30oz.ウールメルトンボディーに牛革袖を持つ、究極のスタジャン

WHITESVILLE×TAILOR TOYO/ホワイツビル×テーラー東洋
30oz. WOOL MELTON AWARD JACKET
“TAILOR TOYO(CHEVY LOVER)”
「シェビーラバー」アワードジャケット/スタジャン
GREEN/BLACK(グリーン×ブラック)/WV14738-145
価格 79,200円(税込)
https://item.rakuten.co.jp/miyoshiya-net/whi-252020092503/


永遠のカレッジアイテムの一つスタジアム・ジャンパー、通称“スタジャン”。
スタジアム・ジャンパーとは和製英語で、本場アメリカでは、アワードジャケットやレターマンジャケット、ヴァーシティジャケットと呼ばれている。
その歴史は古く、1900年代初頭にアメリカで野球選手のために開発されたといわれています。当初は厚手のセータースタイルで、ウールメルトンにレザー袖というスタイルが確立されたのは1930年代。
防寒性と運動性を両立させるために身頃をメルトンにし、摩擦の多い袖だけをレザーにしたようです。
1950年代になると、若者の間でファッションアイテムとして注目され、リブの形状やカラーバリエーションの増加など、美的な要素が盛り込まれていきました。

アメリカの学生が着るスタジャンには、胸にチーム名やその頭文字、腕には卒業年度や大会での受賞歴などのワッペンが縫い付けられている。
これらのワッペンは、一般的にはシニールやレターと呼ばれるものでフェルト地にパイル状のサガラ刺繍で仕上げているのが特徴です。
当時は大会や試合の賞品または参加賞として配られ、それを学生達が自分のジャケットに縫い付けて、スポーツマンの証として誇らしげに着用していました。

1950年代以降、ファッションとしても確立されたスタジャンは、スポーツクラブに所属する者だけに限らず、モーターサイクルクラブやカークラブなどの気の合う仲間同士で作るものとして浸透し、アメリカを代表するファッションアイテムというべき存在になりました。
WHITESVILLE(ホワイツビル)では、そんなスタジャンをはじめとする旧きよきアメリカン・スポーツウェアの魅力を余すところなく踏襲しながら独自の発想をもとに現代に蘇らせています。

“TAILOR TOYO(CHEVY LOVER)”
1960年代のヴィンテージスカジャンのモチーフであり、これまでテーラー東洋が復刻してきたスカジャンの中でも特に爆発的な人気を誇った「CHEVY LOVER」。
グリーン×ブラックのボディは当時のスカジャンと同じ配色で、名作がアワードジャケットに生まれ変わり復活を遂げました。
1960年代当時、クルマ好きの米兵がカスタムオーダーした刺繍を再現。
モチーフは1957年式のシボレー・ベルエアで、アメリカのカスタムカーカルチャーが現れている。
カークラブジャケットとしての側面も持つアワードジャケットのモチーフとして、非常に好相性な仕上がりです。


#WHITESVILLE
#TAILORTOYO
#ホワイツビル
#テーラー東洋
#スタジャン

最終更新:2020/09/27 18:34

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム