【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/08/16 19:17

ライトゾーン用フライトジャケットの決定版★タイプL-2Bパッチカスタムモデル

BUZZ RICKSON'S/バズリクソンズ
Jacket, Flying, Light Type L-2B
"TOPS APPAREL MFG .CO.,INC. 1957 Model"
444th Fighter Interceptor Squadron
第444戦闘迎撃飛行隊パッチ付き、タイプL-2B フライトジャケット
Lot;BR14715/価格 61,600円(税込)
https://item.rakuten.co.jp/miyoshiya-net/buz-252020080903/


第444戦闘迎撃飛行隊は、1954年にチャールストン空軍基地でADC(Air Defense Command/防空軍団)隷下に編成された。
1960年には最新鋭超音速 戦闘迎撃機“McDonnell F-101B Voodoo”を実装。
1968年の閉隊まで冷戦時代の本土防衛の槍として任務を全うしたのである。
ADC部隊のスコードロンパッチは国内防空任務が主である為、海外展開が多いTAC部隊に比べカラフルで大型の物が多い。
第444戦闘迎撃飛行隊のパッチもグリーンデビルをモチーフにした派手なデザインで、乗機Voodooパッチと共にADCらしいパッチカスタムとなっている。


タイプL-2Bは、L-2シリーズの3番目のモデルで1950年代中期より1970年代にCWU36/Pが採用されるまでの長期にわたって採用されたライトゾーン用フライトジャケットの決定版と言えるだろう。
L-2Aからの最大の変更点はボディカラーで、朝鮮戦争後にUSAF(米空軍)はフライトジャケットのカラーをそれまでの
エアフォースブルーから、新指定色のセージグリーンへと変更した。
その他、サイズ表示がインチ表示からS,M,L表示に改められサイズスペックも変更になり、全体的にゆったりした型となっている。
また、表素材のナイロン組織が変更され、ライニング素材もウールナイロンからウールレーヨンへと移行している。
L-2Bの初期に作られたものはライニングのカラーがセージグリーンであったが、中期以降はオレンジ色のレスキューカラーを採用している。


#BuzzRicksons
#L2B
#バズリクソンズ

最終更新:2020/08/16 19:17

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム