【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/12/06 14:24

◎枕詞(まくらことば)
いよいよ『師走』に入って今年も残り少なくなってきました。
前回今年見つけた美味しいものをご紹介する旨書きましたので、今年紅茶党から
コペルニクス的転回で珈琲愛好家(ただしこの珈琲愛好家が飲むコーヒーはある
店舗のものに限られます)に転身した私の話をしたいと思います。

私は生まれてこの方、缶コーヒーは言うに及ばず、最近レベルが上がったといわれ
ているCVS群や、ド〇ール、プ〇ント、〇ェローチェなどや、更にはネルドリップだ
サイフォンだ等でこじゃれた店主が手ずから淹れてくれる専門店のものでも、
今までコーヒーを美味しいと思ったことは有りませんでした。

ところが、ここの店主が淹れてくれた珈琲は全然違いました。
そのお店とはJR保土ヶ谷駅のほど近く、旧東海道沿いの『帷子(かたびら)珈琲』
いいます。店主1人で珈琲豆の仕入れ・焙煎から抽出・販売までやっている小さな
店ですが、ネット通販で珈琲豆の販売もやっていますので是非一度お試しください。

私の場合、焙煎後の豆を購入して手動式のミルで引いて、漂白していないペーパー
ドリップ使用という具合ですが、砂糖もミルクも無いほうが断然美味しいと感じます。
今現在販売している中では『ゲイシャ』は別格として、エチオピアの『ブク・サンドライ』
と『イルガチェフ・ナチュラル』の何れも浅煎りが私の好みです(品揃えは推移します)。
尚、お店で淹れてくれる珈琲には店主のご父君手造りのチョコレートが付きます。
これがまた絶品なんですねぇ。

勿論、店主が淹れてくれる珈琲のほうが私が淹れるコーヒーよりはずっと美味しいの
ですが、その分を差し引いても店主が焙煎してくれた珈琲は世間一般に流布している
コーヒーよりはずっと美味しいと感じます(意見には個人差があります)。
それにしても、紅茶が嫌いになった訳ではないのです。ここ、ん十年も美味しい紅茶に
出会っていないのです。とほほ・・(この間ゴンチャのタピオカミルクティーをのみました)。
私の味覚にご賛同いただいて、『幸せ』な気持ちになる人の多からんことを祈ります。

ウサギ.jpg


◎結詞(むすびことば)
『アナ雪2』を観に行こうと上映スケジュールを検索したら、「午前10時の名画座」で
何と『ウェストサイドストーリー』をやっているではありませんか!いそいそと準備して
ダブルヘッダーを決め込むことにしました。あの有名なジョージ・チャキリスを先頭にした
群舞シーンなどは確かにかっこいいのですが、ダンスのレベルだけ見れば今の日本の
バックダンサ-ズの面々のほうが遥かに上だと言えるでしょう。でも映画全編に流れる
若者たちの中に渦巻くやり場のないエネルギーが見事に描かれています。

別に現在香港で行われているようなデモや訳のわからないケンカや暴力に明け暮れ
る青春を美化する訳ではありませんが、集団の権力をかさに着て個人をいじめる陰湿
さに比べれば、陽性である分まだしもなのではないかと思えました。劇中歌の『マリーア』
や『トゥナイト』は素晴らしく、前作の『Let it go』のようなビッグヒットが現れそうもない
(ステマ疑惑が取り沙汰されている)ディズニー作品より遥か昔の映画の方が楽しめたのは
皮肉な結果でした。

帰りの書店漁り中に見つけた『新任巡査』上下巻は非常に良い掘り出し物でした。著者の
古野まほろさんは東大法学部卒から警察畑に進んだいわゆる『キャリア組』のようですが、
ご自身のファーストジョブを彷彿とさせるようなみずみずしい現場体験を根底に描きながら、
新任の彼らに雲の上ともいうべき上級警察官の犯罪を暴かせるという複雑なストーリーを
成立させています。
大沢在昌さんが久しぶりに『新宿鮫』の続編を出しました。また全然テイストの異なるところ
では秋川滝美さんの『居酒屋ぼったくり』や今村翔吾さんの『羽州ぼろ鳶シリーズ』の続編も
出ています。
低迷が懸念される出版界も新旧のスターが乱れ打ちの状況です。重畳!重畳!


という訳で、 今夜も酒でぃ!
ohuro.jpg
今回も最後までお読みいただき有難うございます。
See You Next Time!
To Be Continued!

メルマガを購読

最終更新:2019/12/06 14:24

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年