【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/09/27 13:39

◎枕詞(まくらことば)
ラグビーワールドカップが前週に開幕。桜ジャパンも初戦を飾って勝ち点5と絶好のスタートを切り、
いよいよ前半戦の佳境に入ってきました。ここまでの対戦の中でTOPクラスの激突が2試合あって
(NZvs南ア、アイルランドvsスコットランド)、攻守におけるスピードと破壊力が拮抗した素晴らしい
試合となりました。中でも日本と同組でここに勝たなければ目標としているBEST8は難しいと目される
スコットランドが、僅か1PGに抑え込まれたアイルランド(世界ランク1位)の強さたるや、目を瞠るもの
があり世界のTOPクラスの中でも1流と言われるチームの、更なる凄さを思い知らされました。
とはいえこのクラスに比肩する戦いを展開していく位でないと、BEST8などは夢のまた夢となるわけで、
彼我のチーム力の差が現在よりも格段にあった時代に世界を驚かせてきた先人たち(ex大西鐡之助
氏や後述の平尾誠二氏等多数)の遺志を受け継いで、開催国の意地を見せてほしいと切に願います。

それにしても、日本ラグビーフットボール協会の皆様にお願いがあります。以前TV中継やダイジェスト
で情報発信していた『全国高校ラグビー』の放送を復活して欲しいのです。強豪高校とそれ以外の
高校では力の差がありすぎるとか、視聴率の獲得が難しいとか、TBS系列でやっていた物が無く
なってしまった理由は多々あるとは思いますが、『高校日本代表候補』を含めた高校生ラガーメンたち
が花園目指して頑張った後も大学や社会人の間でたくましく育って、オール・ジャパンのメンバーになる
ところまでを見つめ続けることができたなら今回のワールドカップはさらに盛り上がったことでしょう。
個人的な繰り言にすぎませんが、伏見工業⇒同志社大学⇒神戸製鋼とそれぞれの時代の日本一を
席巻した平尾誠二氏の早すぎる死が残念でなりませんし、あの当時メンバーのほとんどを高校日本
代表候補で占めていただろう東福岡高校と両校優勝を勝ち取った松島幸太朗選手の桐蔭学園時代
の雄姿を見逃している事が悔しくてたまりません。

この項の最後に、現“桜ジャパン”の皆さんの健闘を強く強く祈ります。

ウサギ.jpg



◎結詞(むすびことば)
米津玄師さんの楽曲がいろいろなところで跳ね回っているのは大変うれしいのですが、最近あいみょん
さんの歌がたくさん出てくるようになりました。私のイメージでは活動休止した西野カナさんのポジション
にすっと入ってきたような気がしたのですが全然違いましたね。既にいっぱい曲のストックがあるという事
なのでしばらく楽しめそうです。
インディーズのころにTV・ラジオで放送禁止の歌を出したそうなので、ぜひ聞きたいと思い昨晩探し
回って見付けました。曰く『貴方解剖純愛歌~死ね~』というタイトルでやや猟奇的な内容(貴方の
両腕を切り落とせば、貴方はもう2度とほかの女を抱けない等)が放送禁止の理由なのでしょう。
ほかにはデビュー前に梅田近辺でしばらく路上ライブをやっていたとか、tiktokで10代・20代の
女性に特に人気があるとか、いろいろな情報に接しましたが、西野カナさんと共通項があるとしたら
「等身大」の世界を表現しているくらいでしょうか?年齢の割には様々な経験をしたり、沢山勉強
(学校のではなく)されているのでしょう。この年代にとってはとっくに死語になっている筈の言葉や、
最新のニュースを切り取ったような歌詞もあったりでむしろデビューの頃の井上陽水さんの様にも
感じられるところがあります。
現在進行形でも大変興味のある存在ですが、今後年齢や経験を深めていくに従ってどういう変化
を見せてくれるのか?大いに楽しみです。

最後に、この夏ハマった飲み物を一つご紹介します。密封容器(瓶)にドライマンゴー1袋と
安ウイスキーを、かぶるくらいにドバドバっとたっぷり入れて冷蔵庫で何日か寝かすだけです。
この情報は最近これもハマっている「PINTEREST」からもらいました。強炭酸水で割って
飲むとほんのりとした甘さで食べ物の邪魔をせず美味しく飲食できます。ぜひお試しを。

追伸;ウイスキー漬けで半生くらいに戻ったマンゴーがデザートとして絶品でした。

という訳で、 今夜はこれでぃ!

ohuro.jpg
今回も最後までお読みいただき有難うございます。

See You Next Time!

To Be Continued!

メルマガを購読

最終更新:2019/09/27 13:39

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年