【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/01/25 17:00






もうしばらくすると『立春』が巡ってきます。
今年は2/4(月)ですが、現在の暦になる前(明治9年以前)はこの立春が年のはじめ(元旦)に設定され、その前日(大晦日)が節分になっていたという事です。

クリスマスからお正月にかけては家族揃ってお祝いをする機会が多く、また外でも忘・新年会等でお酒を飲む機会が他の月よりも増える事から、12月の酒類業界は1年間で最も忙しい時期になっています。
そして昔から、『お屠蘇』と言えば“屠蘇散”までは使わずとも、普段呑んでいるよりも1ランク上の日本酒を用意する家庭が一般的でした。
年明けに昨年12月の清酒出荷量が前年比で15%のマイナスと発表され、業界的には激震が走っています。

私も世界中の色々なお酒を試飲してきましたが、現在のところの結論は
『その土地の景色を見ながら、その土地の産品を使用した料理を頂き、その土地の水を使用した地元のお酒を、好きな人(達)と一緒に楽しむ』のが一番美味しいと思っています。

時あたかも、厳寒期の今しか飲む事ができない火入れを全くしていない生酒(なまざけ)と呼ばれる日本酒が楽しめる時季になってきました。日本の料理を日本のお酒でどうぞお楽しみください。
本年2度目のお正月に向けて、 HAPPY NEW YEAR !!








鬼石(おにし)麦 25°1800ml

税込 3,024円

長崎県の壱岐の島では、江戸時代から島の米と麦を使って麦焼酎が造られていました。山の守酒造場は明治時代から歴史と伝統の技で『かめ』仕込&貯蔵の本格焼酎を今に伝えています。鬼石は雲仙火山大爆発の際に転げ落ちてきたと言われる推定4,800tの巨岩で、鬼でも持ち上がらなかったという伝説があるそうです。節分はこの1本で邪気を払いましょう。原料米は、麹米・掛米;山田錦、掛米;美山錦他となっています。






萩の鶴 純米吟醸 別仕込み こたつ猫ラベル
1800ml

税込 3,240円

宮城県の萩野酒造が猫の日(2/22=にゃん×3)に向けてリリースする、美山錦100%の『こたつ猫』です。入荷はまだ決定しておりませんが、この次の『桜と猫』ラベルも紹介できるかもしれません。精米歩合50%。

総乃寒菊 ふさこがね80 槽場直汲 純米生原酒
1800ml

税込 2,376円

千葉県の九十九里地区にある寒菊銘醸が千葉県産の食用米「ふさこがね」を精米歩合80%で造った季節限定品です。槽(ふね)は袋に入れた醪(もろみ=醸造してまだ粕を濾していない酒)を搾る際に積み上げるところ。

酔鯨 純米吟醸 吟麗 すっぴん生酒 1800ml

税込 2,883円

高知県酔鯨酒造の看板商品『吟麗』を槽(ふね)に積み上げて、濾過も加水もせずに生原酒のまま瓶詰めされた季節限定品です。文字通り何の手も加えていない『すっぴん』という事ですね。

陸奥八仙 いさり火 特別純米 生原酒 1800ml

税込 3,024円

青森県の八戸酒造が、県産の酒造好適米「華吹雪(特に純米酒に使用される)」を100%使用して造った“辛口の食中酒”。ラベルは地元の特産であるイカ釣り漁船の集魚灯をデザインしている。


毎年この季節になると思い出す漢詩があります。

洛陽城東 桃李の花、
年年歳歳 花相似たり、
歳歳年年 人同じからず。

※洛陽;黄河中流域にある唐の時代の都。西の長安(現西安)と並ぶ栄華の都。
     平安京(京都)に置き換えられ、上洛や洛中洛外図のような言葉に残る。

 城東;実際に桃李(ももとすもも)の花を見てこの詩を作ったのかも知れませんが、
     東方(守護神は青竜、季節は春=青春)と言えばすぐに青春がイメージされ、
     うら若き少年少女を今咲き誇る花に例えているのではと推測されます。
     ちなみに(南は朱雀・季節は夏=朱夏、西は白虎・季節は秋=白秋、
     北は玄武「黒亀」・季節は冬=玄冬)という流れであり、青竜刀や朱雀門、
     北原白秋や玄武岩(洞)など由来する名が幾つか思い浮かびます。


これは唐代の詩人が残した詩の抜粋ですが、悠久たる自然に比して人の世の栄枯盛衰などはあっという間に移り変わって行くものだという事を非常に分り易く言い表しています。

日本に於いては桃李よりは“桜”の方が人気・想い入れとも強いので、頭の中に描くのは桜でも構わないでしょうが、『毎年同じように花は咲くけれども、それを見ている人の方は同じではない』というくだりは時代を越えて人(特に年齢を重ねた)の心を打ちます。
“だから今を精一杯楽しまなくちゃ!”と思うか、“だから寸刻を惜しんで精進しなくては!”と思うかは人それぞれで良いと思いますがネ。

“えっ私ですか?それはもう毎度お馴染みの次の言葉でお分かりですよね!”


嗚呼(ああ)ともかく、今夜も酒でぃ!

See You Next Time!
To Be Continued!



メルマガを購読

最終更新:2019/01/25 17:12

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム