【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/08/16 14:13

◎枕詞(まくらことば)

先週の8月9日に米津玄師さんが作った『パプリカ』を初めて聴きました。米津さん
であればすべて良いという風に人にのめりこむタイプではないのですが、NHKの
みんなのうたから火が付きだしてこの曲がかかると子供達が真っ先に踊りだすという
ニュースを聞いて、日本の史上最大のヒット曲『およげ!たいやきくん』のパターン
と似ているなと感じました。「あしたにたねをまこう!」というキャッチコピーのもと、「2020年とその先の未来に向けて頑張っているすべての人を応援していく」という
のが「<NHK>2020応援ソングプロジェクト」の骨子だそうですが、曲作りの発注先
といい、曲の内容といい東京オリンピックに向けてメガヒットの予感がします。
それにしても油断しておりました。『子供のほうから来たか!』という感じです。
今年の盆踊りにどんどんかけられると本格化しそうですね。

ここで、大人向けに夏に相応しいお酒をひとつご紹介したいと思います。
この夏に向けてプレミアム・ジンを1本準備されてはいかがでしょうか?
あっという間に空瓶になっても当方は関知できませんのでそのつもりで・・。
イチ押しは先駆けとなった『季の美』ですが、少々お安めの国産のジンでも十分に
お楽しみいただけると思います。飲み方はシンプルにジントニックがおススメです。
もう一つこだわりたいところはトニック・ウォーターで『フィーバーツリー』が秀逸
です。個人的には『エルダーフラワー』が特に良いと思いました。
ウサギ.jpg

◎結詞(むすびことば)

このお盆休みはTVの高校野球観戦と読書三昧の、小生にとって黄金の日々でした。
すでにハマっているシリーズ物の最新刊では、今村翔吾さんの『くらまし屋』に
始まって高田郁さんの『あきない世傳(せいでん)金と銀』に富樫倫太郎さんの『SRO』
、忘れちゃならない佐伯泰英さんの『酔いどれ小藤次・鑓(やり)騒ぎ』まで非常に
盛沢山で、これらだけでも幸せだったのですが、
今回これ以外にぜひご紹介したいのが岩室忍さんの『信長の軍師』です。

4巻構成で臨済宗の僧、沢彦宗恩(たくげんそうおん)と織田信長との出会いから
別れまでを描いているのですが、以前読んだ前述の富樫倫太郎さんが書いた『軍配師』
シリーズで出てきた足利学校の秀才達共相通ずるように、あまた輩出する臨済宗の
僧侶がそれぞれに戦国大名の軍師となって百年続いた応仁の乱を終息させるべく
力の限りを尽くすという視点が面白く、私にとって新しい発見でした。

こんなに幸せが続くとまた反動が来て、『どうして私の好きな作家達は遅筆揃いなのか!』と慨嘆する日々が来てしまう気がして空恐ろしくなってきます。

嗚呼(ああ)ともかく、 今夜も酒でぃ!
ohuro.jpg
今回も最後までお読みいただき有難うございます。
See You Next Time!
To Be Continued!

メルマガを購読

最終更新:2019/08/16 14:13

2019/08/14 11:04

こんにちは!ミナト酒販楽天市場店です。

当店の今週(8/7 - 8/13)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は泡盛 春雨カリー 30°1800ml 泡盛 【あす楽】【宮里酒造所】【泡盛】
他にも4位にはあらごしみかん 7°1800ml 【あす楽】【梅乃宿酒造】【リキュール】
9位には狼 長期樫樽貯蔵 芋焼酎 25°1800ml 【あす楽】【鹿児島県国分酒造】【芋焼酎】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
ミナト酒販楽天市場店のトップへ!

王冠
ミナト酒販楽天市場店週間ランキング

(8/7 - 8/13)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2019/08/14 11:04

2019/08/08 11:01

ブログsranatuyasumi.jpg



枕詞(まくらことば)

先週に引き続き、開けたワインの感想をお届けします。今回呑んだワインは
ジュゼッペ・クインタレッリの「プリモフィオーレ」2011年です。
イタリア・ヴェネト州ヴァルポリチェッラ・クラシコ地区のほぼ中央に、1924年に
創業したワイナリーです。3代目当主のジュゼッペ・クインタレッリ氏(2012年歿)
が『アマローネの父』と言われる程にこの地域のワインの興隆に力を尽くしました。
氏本人は自分の事を『伝統主義者』と呼んで、『良い畑、良い葡萄の木、良い環境、
低い収量。良い労働者。なにより良いワインを造り続ける情熱と余計な事をしない
でゆっくり待つ忍耐力である。良いワイン造りには時間も必要だ。』
と言っています。
アマローネとは簡単に言ってしまうと“陰干しして糖度を上げた葡萄”を原料にして
造るワインで主な品種はコルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラなどですが、
このワインはカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンにコルヴィーナ等を加え、
収穫後1~2ヵ月間陰干しして天然酵母で自然に発酵させ、その後大樽で12ヵ月
熟成して造っています。良い年には数万円するアマローネよりは格段に安いとは
いえ、前週に紹介したムールヴェードルの倍以上する「プリモフィオーレ」は、
ジュゼッペ本人の無くなる前の作品であることを加えても“高さ”感はぬぐえず、
前週のワインのコスパの良さを際立たせる結果になりました。
話題は変わって、角川春樹さんが自身最後の映画を監督されるそうです。
原作は高田郁さんの『みおつくし料理帖』で、過去に北川景子さんや黒木華さんが
主演でTVドラマ化されているそうです。ハルキ文庫で刊行されて完結しています。
数奇な運命をたどる幼馴染の話も切ないのですが、美味しそうな創作料理の数々も
大変楽しみなストーリーです。公開予定の2020年秋が今から楽しみです。
ウサギ.jpg



◎結詞(むすびことば)

今週の月曜日は寝不足の目をこすりながら通勤に向かう人も多かったでしょう。
言わずと知れた『全英女子OPEN』の渋野日向子さんの優勝を最後まで見届けた
人達です。何せあの大御所樋口久子さんが全米女子OPENを勝って以来、岡本綾子
さんや宮里藍さん等のそうそうたるTOPプロが挑戦し続けてその誰もが届かなかった
『メジャー』のタイトルを、今売出し中の「黄金世代」とはいえ昨年プロテストに
受かったばかりで今回が海外初挑戦のルーキーが好スコアを連発して42年ぶりに
勝ち取ったのです。
今回のコースがリンクスではなく林間コースで、日本からも応援ツァーのメンバーが
沢山行っていてまるで日本でやっている様等と勝因は幾つも語られているようですが、
何といっても最終ホールのウィニング・パットに見られるように向こうの壁にドンッ!
と当ってカップ・インするあの思い切りの良さに惚れ惚れしました。
日本人や女子に限らず、優勝経験の無いプレーヤーが最終日最終組とか、トーナメント
・リーダーになった途端、身体の切れが悪くなったり腕がスムーズに動かなくなったり
してOBゾーンや池等に打ち込んだり短いパットを外したりして自滅していくシーンは
一体何度繰り返し見てきたことか…。
最終日の3番で4パットのダブル・ボギーを打った時は、またデジャヴの通りになるの
かと、一瞬頭をよぎったのですが早いうちにリーダーから滑り落ちて、再度追いかける
立場になったことが良かったのか?はたまたゲンの良い10番で長めのバーディー・
パットをねじ込んでスイッチが入ったのか?しびれる様子は皆無でバーディーを積み
重ねどえらい事を成し遂げてくれました。四六時中スマイルに溢れてハイタッチや
サインをしながら、時にカーリングのメンバーに見た“もぐもぐタイム”も織り交ぜて
というのは新しいプレースタイルになるのでは?と思わせる衝撃的なデビューでした。
20歳(はたち)の新星の今後の活躍を祈って乾杯!乾杯!と。


嗚呼(ああ)ともかく、 今夜も酒でぃ!
ohuro.jpg
今回も最後までお読みいただき有難うございます。
See You Next Time!
To Be Continued!


メルマガを購読

最終更新:2019/08/08 11:01

2019/08/07 11:04

こんにちは!ミナト酒販楽天市場店です。

当店の今週(7/31 - 8/6)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は大石酒造 鶴見 白濁無濾過 芋焼酎 25°1800ml 【あす楽】【大石酒造】【日本一芋臭い芋焼酎】
他にも5位には亀の寿 特別本醸造 1800ml【あす楽】【岩手名醸】【日本酒】
7位にはやきいも黒瀬 焼き芋焼酎 25°1800ml【あす楽】【鹿児島酒造】【やきいも焼酎】】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
ミナト酒販楽天市場店のトップへ!

王冠
ミナト酒販楽天市場店週間ランキング

(7/31 - 8/6)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2019/08/07 11:04

2019/08/02 13:15

◎枕詞(まくらことば)

先日買った・クライン ムール・ヴェードル・エンシェント・ヴァインズを開けました。
氏素性のご紹介を先にしておきましょう。このワイナリーの創業者はジャグジーを発明した大富豪で、
カリフォルニア州のコントラコスタ郡(カウンティ)というよりは、ピッツバーグにほど近いと言った方が
分かり易いでしょうか、そこのオークレーという場所に広大な葡萄畑を残しました。その畑の土壌は
加州には珍しく砂質土壌だったため、フィロキセラ禍を免れた樹齢100年を超える葡萄樹と共に子孫に
受継がれたのです。このワインはムール・ヴェードルという品種の葡萄100%で造られています。
『ムール・ヴェードル』という葡萄はスペインが原産で、そこから仏の南ローヌや豪州、加州などに伝播
したものですが、地域によって呼称が異なり、モナストレル(西)とかマタロ(豪)と呼ばれています。
ローヌなどではグルナッシュやシラーという葡萄とブレンドされることが多く、100年以上の古樹で
ムール・ヴェードル100%というワインは非常に珍しいと言えます。しかも古くから自社で所有している
畑産で、あまりメジャーではない品種という事で、品質に比してお手頃な価格(¥3,000)が嬉しいです。
抜栓してすぐに濃厚で実に美味しそうな黒果実の香りが立ちのぼり期待が高まります。口に含んだ味わい
の特徴は何と言っても凝縮した果実味なのですが、100年超という古樹の葡萄だけあって複雑味もあり、
非常に滑らかなタンニンと共に柔らかでバランスの良い旨味に包まれます。以前に呑んだ時の記憶は
裏切られず現在も非常に美味しいワインでした。余韻も長く満足感が続きます。
私の大好きなワインを紹介させて頂きました。

ウサギ.jpg



◎結詞(むすびことば)

日本ソムリエ協会の機関誌(Sommelier)にロバート・パーカー氏へのインタヴューが紹介されていました。

曰く、聞き手;今わの際に呑みたいワインは何でしょう?。
Ans;1947年(氏の生誕年)VTのという前提ですが(ワインの説明は私、つむらが勝手に付けたものです)、

・chペトリュス;最高額で取引されるボルドー・ワインとして日本でも人気であるが、50年ほど前は
殆ど無名。1889年のパリ万博金賞受賞を皮切りに、NYのレストラン“パヴィヨン”の常連だったオナシス
やケネディ家、ロックフェラー家等が好んで上流社会に広まった。ほぼメルロー100%で造られる。濃紫色、
トリュフや土、なめし革の香りで官能的、ジャミーなテイストが有りながらも繊細でPP100最多獲得を誇る。

・chラトゥール・ア・ポムロール;chペトリュスと所有者が同じだったため、全く同じ造られ方と売り方で
世界に広まった。5大シャトーのchラトゥールと区別するために、必ず後ろにア・ポムロールが付けられる。
現在は代替わりしつつあるが、chペトリュス全盛期の醸造長ジャン・クロード・ベルエが造り、ジャン・
ピエール・ムエックスが独占販売権を持った頃に有名となった。当時のオーナーはマダム・ルバ(1961年歿)。

・chラヤスのシャトーヌフ・デュ・パプ;ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエと対比してローヌの神様と
言われるのが、このchラヤスのジャック・レイノー(1997年歿)である。TOPキュヴェはシャトーヌフ・デュ・
パプであるが、彼の持つ畑は北向きで、パプの特徴と言われる赤ちゃんの頭ほどもある丸い石がごろごろという
のも無い。主要品種は古樹のグルナッシュで常に遅摘み、長期間樹上で完熟させたブドウを使用している。
比類なく口当たりが良く奥深い。味わいは最上級のブルゴーニュやバローロに例えられることが多い。

・Eギガルのコート・ロティ;エティエンヌ・ギガルが1946年に創業して約50年でローヌを代表する生産者
となった。創業以来、現在では普通になっている畑毎に仕込んで別々に醸造・熟成させ、最後にブレンドして
味を決定する手法を採っている。ラ・ムーリンヌ、ラ・ランドンヌ、ラ・テュルクの単一畑コート・ロティは
『ギガルの3つ子の兄弟』と呼ばれている。1995年に入手したchダンピュイに自社の樽工場を持ち、年間800
にも及ぶオーク樽を自給している。

・chディケム;よく世界の3大貴腐ワインと言われ、独のトロッケンヴェーレン・アウスレーゼとハンガリー
のトカイ・アスー・エセンシアと並び称されることも多いが、このchディケムこそが『最高峰』とか『黄金の雫』
とか呼ばれることも多い。1本の樹からグラス1杯分しか取れない(収量は8~9hl/ha)がべたつきのない上品な甘さ
が特徴。6~8週間かけて、150人もの摘み手が何回も何回も畑の隅々まで歩き回って完熟の貴腐果粒のみを
その都度収穫する。オークの新樽で3年もの間熟成し瓶詰め、収穫から10~100年間熟成すると言われる。
不作の年は生産されないため、抜けているVTがある。1999年からLVMH社(ルイ・ヴィトン、モエ、ヘネシー)傘下。

・Dmルフレーヴのシュヴァリエ・モンラッシェ;ルフレーヴは『世界最高峰の辛口白ワインの生産者』と
呼ばれワイン造りでは500年、設立からでも200年の歴史があるピュリニー・モンラッシェの名門ドメーヌ。
ブルゴーニュ(ボーヌ)ではビオディナミの先駆的存在で新樽比率も低めに抑えられ、樽貯蔵後更にステンタンク
で6ヵ月寝かされてから瓶詰めされる。ルフレーヴの特徴は「口に含んだ時に感じる深みと複雑さを兼ね備えた、
気品溢れる味わい」と言われる。何種類ものワインを造るが、テロワールをありのままに表現する事は共通して
おり過熟成や過剰な樽香とは無縁。特にシュヴァリエ・モンラッシェはDRCのモンラッシェと比肩すると言われ、
鋼の様な強靭なミネラルが落ち着くまでには長い月日を要すると言われる。

聞き手;これだけ呑んだら、生き返って来てしまいますね!(大笑)。

1947VTじゃなくても、生きてるうちに1度は飲んでみたいワインばかりですねェ。

ohuro.jpg
嗚呼(ああ)ともかく、 今夜も酒でぃ!

今回も最後までお読みいただき有難うございます。
See You Next Time!
To Be Continued!

メルマガを購読

最終更新:2019/08/02 13:15

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年