【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2018/10/26 17:00






「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」

これは“漂泊の歌人”と呼ばれた『若山牧水』の作ですが、もうじき冬になろうかという今頃になってやっとこの和歌に相応しい季節が到来した気がします。

『一人で飲む酒はちょっと・・。』とおっしゃる方には、
かの唐土で友人の『杜甫』から「李白一斗詩百篇」とその才気を謳われた、
酒仙『李白』の「月下独酌」という詩の一節に「月と自分と、自分の影の三人で酒をくみかわす・・」というくだりがあります。

どちらも酒をこよなく愛した“達人”の言葉ですが、
同じ『一人で飲む酒』の表現の違いもまた“趣き深い”とは思いませんか?








黄金澤(こがねさわ) 山廃純米 1800ml

税込 2,516円
宮城県の川敬商店は1902年(明35)創業。酒名は、日本初の砂金採掘地の近辺(隣町)で酒造りを始めた事に由来。全国新酒鑑評会で13年連続受賞の実績あり。深みがあり濃醇で骨太、燗上りが期待できます。

百十郎(ひゃくじゅうろう) 赤面(あかづら) 純米酒 1800ml

税込 2,376円
岐阜県の林本店(1920大9年創業)が世界中の人々に 伝えたい「想い」を込めたお酒。明治~昭和期の歌舞伎役者で地元の境川に1,200本の桜を植えた『市川百十郎』を酒名に、種類は、顔に指で塗ったという「隈取り(くまどり)」の色で表現。

水芭蕉(みずばしょう) 純米吟醸 1800ml

税込 2,808円
群馬県の永井酒造は1886年(明19)創業。地場産の「雪ほたか」や「五百万石」も使用するが、蔵を代表するこのシリーズは、主に酒米 では最高級とされる兵庫県三木市別所地区産の「山田錦」を使う。利根川の源流域川場村の水源地の森と自然を守り育てている。

正雪(しょうせつ) 純米吟醸 1800ml

税込 3,240円
神沢川(かんざわがわ)酒造場は1912年(大元年)創業。以前にご紹介した『秋あがり純米』は「吟ぎんが」を使用していたが、これは山田錦100%。急峻から一気に下りてくる神沢川の軟水を利用して飲み飽きないコクと旨味&爽やかな香りを実現。

六根(ろっこん) オニキス 純米 1800ml

税込 2,700円
六根は仏教用語で、五根(視聴嗅味触=五感又はその感覚器官)に『心』を加えたもの。このシリーズには宝石やパワーストーンの名前が付いている。白神水系の岩木山伏流水を全てに利用しているが、オニキスは酒造ならぬ「ご飯」好適米の「まっしぐら」を使用している。

六根(ろっこん) タイガーアイ 純米吟醸 1800ml

税込 3,240円
青森県齋藤酒造は1904年(明37)に江戸時代からの酒母造りから日本酒製造に転換。酒母は「もと」とも呼ばれ、醸造を一語で言い表わす『一きく(麹)二もと(酒母)三もろみ(醪)』の2番目にあたる。その酒母を色々な蔵元に販売していたという事。米は「華吹雪」使用。




最近の若い人の中では、酒類を近づけなかったり仕事が終わった後の付き合いを固辞したりする人が増えているという報道をよく見聞きします。

『昔は良かった』等と言う気はさらさら有りませんが、昔高度成長期にサラリーマン三種の神器という言い方があり、『酒、麻雀、ゴルフ』がそれでした。

今顧みるとそれらは全て、人を理解する上で仕事中とは異なる顔『本性』が現れるものではなかったか?と思い至ります。
人間は常に【自分が大事】である事は理解できますが、【自分以外の人(異性を含む)】も又それぞれに“趣き深い”と齢を重ねる毎に感じます。

20歳を過ぎても酒を一切飲まず、また酒席にある知人の変貌ぶりを見るという面白い機会を逃している人は、【人生の半分を損している!】と私は断言します。

最後にもう一度『牧水』の歌をご紹介します。

「人の世にたのしみ多し然れども酒なしにしてなにのたのしみ」


嗚呼(ああ)ともかく、今夜も酒でぃ!

See You Next Time!
To Be Continued!



メルマガを購読

最終更新:2018/10/26 17:12

2018/10/24 11:05

こんにちは!ミナト酒販楽天市場店です。

当店の今週(10/17 - 10/23)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は大分麦焼酎 ニ階堂 吉四六つぼ 25度 720ml 10本(ケース売り)【あす楽対応】【芋焼酎】【ニ階堂酒造】
他にも4位には克 前村貞夫杜氏 1800ml【あす楽対応】【東酒造】【芋焼酎】
6位には黒騎士 麦 25°1800ml香ばしい『麦チョコ』のような風味が堪らない♪【あす楽対応】【西吉田酒造】【麦焼酎】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
ミナト酒販楽天市場店のトップへ!

王冠
ミナト酒販楽天市場店週間ランキング

(10/17 - 10/23)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2018/10/24 11:05

2018/10/19 12:00






「ひやおろし」に合う食べ物最終回は『ブリー』です。
尚、チーズ(ナチュラル)は漬物やワインの様に『~頃』がある食品で、このマリアージュ同様にどの状態で食べるかは『好み』があります。ご承知置き下さい。

ブリーチーズは今から1,000年以上も前にパリ盆地東部のブリー地方で造られ、8世紀にはコルトン・シャルルマーニュに名を残す『カール大帝』がこのチーズを絶賛したという話があります。
日本では白カビチーズと言えばまず「カマンベール」が先に出てきますが、ノルマンディー地方の同名の村でカマンベールができたのは18世紀の事です。

輸入チーズをカット販売している店では間違いなく扱っている白カビチーズの王様『ブリー』は、大きな円盤状のものを放射状にカットするのが通常ですが、切断面の中央に一本の線が見えている状態が、パスタで言う『アルデンテ』の状態で、この線が消えると 完熟状態になり更に日を重ねると中央部分はトロトロの状態になっていきます。

輸入チーズの賞味期限は、概ね輸入年月日の1ヶ月後程度に設定されているものが多く、この完熟状態になったブリーはよくオフ・セールの対象になっています。

実際に食べる分には真ん中部分が流れ出すくらいが美味しい(意見には個人差があります)という人は沢山います。ねらい目はここです!これが私のお奨めです。

貴方にとって合うか合わないか?ぜひお試し下さい。







雁木 おりがらみ秋熟 純米無濾過生原酒 1800ml

税込 2,916円(あす楽対応)
雁木のひやおろしは前にご紹介しましたが、こちらは一度も火入れをしていない『おりがらみ』の生を、この時期まで低温貯蔵したものです。未だ残るFresh感と熟成感が渾然一体となっています。

五橋 五(five)純吟 一回火入れ オレンジ1800ml

税込 3,672円(あす楽対応)
五橋は岩国の錦川に架かる『錦帯橋』の事。
Z(ファイブ)シリーズは木桶を復活させ、生もと造りで仕込んだお酒。すぐ飲んでも寝かせても、冷やでも燗でもと色々な楽しみ方が可能です。




南 特別純米 ひやおろし 1800ml

税込 2,881円(あす楽対応)
1869年(明治2年)創業の酒蔵。地元では「玉の井」 東京向けには「南」の2つのブランドを使い分ける。 酒造米『松山三井』は大粒でタンパク質が少なく、高い 精米歩合にも耐えられる特徴がある。年間500石の 生産のうち9割が純米。単体でも楽しめる酒を目指す。

瀧澤 純米吟醸 ひやおろし 1800ml

税込 3,121円(あす楽対応)
真田幸村の地元上田市のお酒。長野県が開発した大粒で心白の出やすい酒造好適米「ひとごこち」を磨いて、超軟水 「黒曜水」で仕込み、低温でゆっくり発酵させた純米吟醸です。 きめ細やかで淡麗に仕上がっています。信州銘醸は1834年 (江戸後期)創業の「桝屋」を源流とする会社です。

風の彩 純米吟醸 ひやおろし 1800ml

税込 2,808円(あす楽対応)
越後鶴亀は1890年創業の新潟市内にある酒蔵。
高酒質追求の少量仕込みにこだわりがあります。
原料米の『こしいぶき』は「ひとめぼれ」と「どまんなか」の掛け合わせで『こしひかり』の孫にあたり、『越乃寒梅』や『雪中梅』の普通酒に使われています。

【季節】正雪 純米 秋あがり 1800ml

税込 2,700円(あす楽対応)
岩手県が近年開発した待望の吟醸好適米「吟ぎんが」を春に仕込んだ後、大吟醸用のサーマル・タンクでじっくり低温熟成させたもの。1912年(大正元年)創業の酒蔵は桜エビと由井正雪の生家で著名な東海道由比の宿にある。軽く、円く、綺麗で飲み飽きしない味わい。特にぬる燗がお勧め。




先週ご紹介の『サクサクしょうゆ』の購入場所は「サミット」でした。
皆さんは見つけられましたか?

今週の言葉は『おりがらみ』です。
発酵が終了した「醪(もろみ)」を目の細かい布で搾ったばかりでは、まだ小さな米の破片や酵母の様な固形物(おり)が浮遊している状態です。

このまま出荷すればうっすらと濁った状態の「おりがらみ(かすみ酒とも言う)」となります。
通常の清酒は貯蔵タンクに移して、おりが沈殿してから上澄みをすくって出荷しています。
醪を目の粗い布で搾れば「にごり酒」となります。

ううう・・。糖類不使用の芳醇なにごり酒が無性に 飲みたくなって来た…。


嗚呼(ああ)ともかく、今夜も酒でぃ!

See You Next Time!
To Be Continued!



メルマガを購読

最終更新:2018/10/19 12:12

2018/10/17 11:05

こんにちは!ミナト酒販楽天市場店です。

当店の今週(10/10 - 10/16)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は克 前村十家註 芋焼酎 1800ml インターネット販売のみ!【送料無料】【あす楽対応】【東酒造】【芋焼酎】
他にも7位には海(うみ)常圧蒸留 芋焼酎 25°1800ml 【あす楽対応】【大海酒造】【芋焼酎】
8位には亀の寿 特別本醸造 1800ml【岩手名醸】【日本酒】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
ミナト酒販楽天市場店のトップへ!

王冠
ミナト酒販楽天市場店週間ランキング

(10/10 - 10/16)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2018/10/17 11:05

2018/10/12 17:00





気象庁調べによると、東京の今年の夏は記録的な『猛暑』で10月に入っても『真夏日(30℃以上)』を複数回記録するなど「暑さ寒さも彼岸(9/23秋分の日)まで」という言葉も 当てはまらなくなってきた感があります。
そこで今回は、暑い時期の名残りのおつまみを2点ご紹介します。

◎きゅうりのラー油漬け(これは我が家のレシピです)

レシピという名のレベルの代物ではありませんが、3つほどポイントがあります。
1:種の部分が多いきゅうりがベター。
2:3センチ位に切ったきゅうりを、親指で押しつぶしながら断面がぎざぎざになるように割る事。
3:「タッパーウェア」のような密封容器があると便利。
あとは、3:の容器に2:のきゅうりを入れ、醤油とラー油を適当に振りかけて冷蔵庫で約半日。
時々容器をひっくり返してやれば醤油の使用量を抑える事ができます。

◎冷や奴(これはレシピでなく、調味料の紹介です。)
山形県の『だし』もすっかりポピュラーになりましたが、ご紹介したいのは今夏とある中堅スーパーで見つけた大手メーカーの製品です。
皆さんの生活圏の中にあるスーパーで見付けられるでしょうか?
その商品は、キッコーマン『サクサクしょうゆ』です。
ジッパー付きの自立する平たい袋入りになっています。
菜種油をベースに、フリーズドライ醤油、ごま、ロースト・オニオン、フライド・ガーリック、魚醤パウダー(順不同)等が入っている「食べるしょうゆ」です。
冷や奴に乗せる他「たまごかけごはん」にもとてもよく合います。


尚、味覚には個人差があります。マイ・フェイバリットを紹介させて頂きましたが、貴方にとってもそうなるか? ぜひ一度お試し下さい。










南 無濾過 純米 中取り 1800ml

税込 2,916円(あす楽対応)
“年間500石を生産している”と前回ご案内した 高知県の南酒造場ですが、一升瓶に換算すると僅か5万本にしかならず、「奪い合い」になるのはやむを得ないところです。剣山系から杉の天然美林を通って湧き出て来る伏流水の恵みを味わってみて下さい。

わかむすめ 月草 純米 無濾過原酒瓶火入れ 1800ml

税込 3,240円(あす楽対応)
「月草(つきくさ)」は、平安時代以降の公家社会での女子の襲(かさね=重ね着の事)に使用された色目(いろめ)の一つ。縹(はなだ)色=藍より薄く浅葱色(あさぎいろ)より濃い青色。酒造米は『西都の雫』。

風の彩 純米吟醸 ひやおろし 1800ml

税込 2,808 円(あす楽対応)
越後鶴亀は1890年創業の新潟市内にある酒蔵。
高酒質追求の少量仕込みにこだわりがあります。
原料米の『こしいぶき』は「ひとめぼれ」と「どまんなか」の掛け合わせで『こしひかり』の孫にあたり、『越乃寒梅』や『雪中梅』の普通酒に使われています。

【季節】正雪 純米 秋あがり 1800ml
税込 2,700円(あす楽対応)
岩手県が近年開発した待望の吟醸好適米「吟ぎんが」を春に仕込んだ後、大吟醸用のサーマル・タンクでじっくり低温熟成させたもの。1912年(大正元年)創業の酒蔵は桜エビと由井正雪の生家で著名な東海道由比の宿にある。軽く、円く、綺麗で飲み飽きしない味わい。特にぬる燗がお勧め。




お酒の名前や酒造りの工程で使われる言葉はあまり聞き慣れない難しいものが多いので、
できるだけ読み方を表示したり、分かり易く説明していきたいと思っています。

今週の言葉は『中取り』です。

蒸した原料米に麹と水を加えて適温を維持すると醸造が始まります。
麹菌の活動が収まってお酒の成分をたっぷり含んだお粥状の『醪(もろみ)』を
袋に入れて積み上げ、自重で流れ出すものを「あらばしり」
柔かく絞ったものを『中取り』と言います。搾った後に残ったものが「酒粕」という訳です。
ちなみに袋を吊り下げて自然に落ちてきたものを集めると『雫酒』になります。

説明ばっかりではちっとも美味しくありませんねぇ。


嗚呼(ああ)ともかく、今夜も酒でぃ!

See You Next Time!
To Be Continued!



メルマガを購読

最終更新:2018/10/12 17:12

<<前のページ 最新 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 最後 次のページ>>

ページ上部へ

つぶやき

カテゴリ

カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム