【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2021/01/17 20:58


1 (2).JPG


こんにちは

akimi2.jpg
日曜担当のアケミです。



石巻の湊地区に嫁いで35年になりますが、

まだまだ知らない土地があるなーって感じた場所。


それが「 漁船 」が係留している所で、

石巻市魚市場の反対側にありました。


IMG_5701.jpg

奥に見えるのが日本一長い魚市場の「石巻市魚市場」。

石巻の魚市場は「石巻市水産総合振興センター」とお隣接しているので、

石巻うまいものマルシェに納品だったり、

「たらこ、つくろう。」の会場にお借りしたりで、

しょっちゅう行っている場所なので見慣れていたはずなのに、

反対側には行ったことがありませんでした。


先日、お客様に石巻らしい海に係留している船を見せるため、

社長が案内したのが魚市場の海を挟んで向かい側のこの岸壁で、

岸壁側から向かいにある「石巻魚市場」の長いこと長いこと…。


IMG_5704.JPG


日本一長い魚市場ってこのことかと、

石巻に住んで50数年にもなるのにこの岸壁から見た魚市場は初めてで、

船が魚の積み荷を下す場所には番号がついていることも初めてわかり、

1番から22番まで、漁船は指定の番号の岸に着けてお魚をおろすんですね。



また、航海に行く前の準備して係留している巻き網船団を見たのも初めてで、

船が船を載せてる姿にも大きくて驚きました。

IMG_5703.JPG

「巻き網船」が何艘もの船団を引きいるってこれのことなんですね。



湊水産は水産会社だけど鮮魚とか扱ったことがないため、

市場での買い付けや入札とかもなく、

「たらこ」の原料である助宗鱈卵だけ冷凍になって

運送屋さんのトラックで入庫するので

こんな大きな漁船をみる機会もなく、

案内したお客様といっしょにその大きさに驚きました。



石巻に住んでいてもまだまだ知らない場所があるって、

なんかワクワクしちゃいました。


旅行もいいけど、

こうして身近な発見!みたいなのもいいですよね。



コロナ禍で制限されることも多いですが、

楽しんだりやれることもいっぱいあるはず。


こんなときだからこそ、

チャレンジや発見することを楽しみたいですね。






それではまた。


来週のブログは

開北小学校さんのたらこつくろう~バイバイ

最終更新:2021/01/17 20:58

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月