【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/01/15 10:00

こんにちは
スタッフのイカリですスマイル

2018年、個人的ですが気になる行ってみたい場所を
ご紹介させていただきます。

迎賓館赤坂離宮が一般公開しているのをご存知ですか?

迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる。)として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

戦後、わが国が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化してゆくなかで外国の賓客を迎えることが多くなったため、「旧赤坂離宮」を改修して迎賓館とすることになりました。

昭和49年(1974)の開館以来、世界各国の国王、大統領、首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、政財学界要人との会談やレセプション、天皇皇后両陛下によるご訪問など華々しい外交活動の舞台となっております。また、過去3回の先進国首脳会議や日本・東南アジア諸国連合特別首脳会議(平成15年)などの重要な国際会議の会場としても使用されています。

347089b210038-ad34-4ac5-97c1-5a313477a195_m.jpg

迎賓館赤坂離宮の一般公開

迎賓館赤坂離宮では、外国からの賓客の接遇に支障のない範囲で一般公開を行っています。
昭和50年より毎年夏の10日間だけ一般公開されていた迎賓館赤坂離宮が、2016年4月19日より通年公開になりました。
迎賓館赤坂離宮」は、賓客の方々の宿泊や接遇などを行うための外交にとても重要な施設と言えます。世界各国の国王や大統領、国賓などが宿泊し、外交の舞台となっている場所。各国との友好促進に大きく貢献している場所です。


日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築の詳細をこの目に焼き付けたいです!


迎賓館赤坂離宮・本館、主庭および和風別館の参観申込みについて


迎賓館赤坂離宮・本館、主庭
【事前申込の場合】
内閣府のホームページより申込みをします。
※ホームページ内にある「参観証の発行を希望される方はこちらからお申し込みください」をクリックし申込み入力に進んでください。

参観当日は、参観証(入館許可連絡メールを印刷したもの)と本人確認書類(身分証明証)が必要です。
希望参観日の1週間前までに連絡がなければ落選ということになります。
【当日配布の入場整理券を入手し参観する場合】
当日に正門前にて受付時間を指定した入場整理券を先着順に配布されます。



ではまたバイバイバイバイバイバイバイバイ






最終更新:2018/01/15 10:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

ミュージック・フォ・リビング楽天市場店

つぶやき

カレンダー

2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム