【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2021/01/11 12:45


コロナ禍においてマスク装着の機会が増えた事により、眼鏡装用者にとってメガネの曇りが悩みの種になっています。

インターネットやテレビ等でちょっと引っかかる記事を見つけました。
それは、メガネの曇り止めにシェービングクリームを代用するというものです。

曇り止めは、レンズ表面に親水性の界面活性剤の被膜を施し蒸気による曇りを防止します。
界面活性剤は手近なものでは洗剤、石けん、シャンプー、シェービングクリーム、ハンドクリーム等に含まれているようです。

このような事から、マスコミ等ではシェービングクリームやシェービングフォームをメガネレンズに塗れば、曇り止めの効果が期待できると取り上げられたようです。

では、これらをメガネに使用しても問題はないのでしょうか?

シェービングクリームやシェービングフォームはそもそも石鹸です。
石鹸は油脂に水酸化ナトリウムや水酸化カリウム等のアルカリ性成分を混ぜて作られているそうです。

メガネに使用する場合、このアルカリ性が問題となってきます。
メガネレンズの表面には傷や反射防止等のために非常に薄い被膜であるコーディングというものが施されています。

実はこのコーティングはアルカリ性ととても相性が悪いのです。
継続して使用するとこのコートが剥がれてきてしまう事があります。
コートが剥がれるるとレンズ面が部分的にピカピカした様になり、とてもうっとおしく感じられます。
メガネレンズのコーティングの修復は事実上、不可能で結果、レンズを交換するはめになってしまいます。

市販のシェービングクリームやシェービングフォームには弱酸性を謳っているものもありますが、安易に使用する事はお勧めいたしません。あくまでも自己責任でという事になります。
メガネのお手入れに洗顔ついでに石鹸を使っている人もいるようですが、これもお勧めできません。

現在、メガネ業界では眼鏡用曇り止めの生産が追いつかない状況となっており、当店でも入荷が滞ってご不便をおかけいたしておりますが、やはりメガネ専用ものをお使いいただくのが安心です。

最終更新:2021/01/11 12:45

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

販売品目
ルーペ各種
エッシェンバッハのルーペ
度付きスイミングゴーグル
メガネケース
メガネチェーン
サングラス
スワンズ

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム