【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2009-05-18 11:00

昨日は書きたい内容だけをツラツラ書いてしまいましたので、判りにくい内容となってしまいました。

今日は昨日の続きで、斜視・斜位と補正について。

人の眼は通常、まっすぐ前を向き、左右の眼は一点を見ています。
ss01.gif
図解の便宜上、視線は点線で平行に書いてあります。
実際には遠方視する場合でも点線は一点に収束します。

日本人に案外多いのが外斜視。
ss02.gif
視線が外を向いています。
眼の向きまで変わってるくらいにちょっとオーバーに図解ししています。
実際には外見では判りにくい場合が多いです。

本人は気が付いていない事が多いんですよ。
と、いうのは両目で見た時に物がふたつにダブって見えていれば気がつきやすいのですが、
人の眼には調節する機能があります。
無意識のうちに眼の周りの筋肉を使って、視線を集中しています。

なら、問題ないじゃないかって?
いえいえ、大アリなんです。
近くを見る時には、さらにこの筋肉を使います。
せめて遠くを見ている間にはこの筋肉を休めてあげないと、
過度の疲労がたまってしまいます。

メガネをかけていて、またはメガネが必要でなくても、視力はしっかりあるけど、
疲れやすいなんて場合は、これを疑ってみても良いと思います。

水平方向のズレ以外にも、上下や両方の場合もあります。

さて、このズレの補正。斜位の補正ですが、メガネでは「プリズム」を使います。
小学校の時に理科でプリズムって使いましたよね。三角形の。
理科の実験とは目的が違いますが、この三角形をメガネレンズに与えます。
光線は三角形のレンズを通った場合、基底方向に屈折します。
メガネの場合、1プリズムは、5m先の距離で10cm方向を変える力があります。

先ほどの外斜視の場合、基底が内側になるようにします。
ss03.gif
これで、余計な筋肉を使って体に負担をかけずに、視線は正常な平行状態となります。

当ブログ、カテゴリー内「眼とメガネのお役立ち情報」の2008年11月の記事、「両眼視・融像・立体視」、「両眼視機能のチェック」も是非ご覧くださいませ。

※本内容につきますメール・電話でのご質問等は承っておりません。
また、サングラス以外のメガネは対面販売といたしております。

ご来店お待ち致しております。

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

トラックバック 0件

ページ上部へ

カレンダー

2009年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

販売品目
ルーペ各種
エッシェンバッハのルーペ
ニコンのルーペ
カートン・他メーカーのルーペ
度付きスイミングゴーグル
メガネケース
メガネチェーン
サングラス
スワンズ
スポルディング
双眼鏡
フィールドスコープ

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム