【新規オープン記念】楽天市場 ニューショップの Facebookをご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2009-02-03 10:10

サングラスとUVカット

近年、オゾン層の破壊・減少により紫外線による影響が報道されています。

普段メガネをお使いの方は、UVカット機能のあるレンズをお使いになれば、紫外線から眼を保護する事が出来ます。
最近ではオプションではなくUVカットが標準装備のレンズも多々発売されています。
外出時にお使いになるメガネには是非、UVカット機能のあるレンズを。

さて、サングラスにおいては、UVカットがとても重要になります。
眼にはカメラに例えるとオートの絞り機能があります。
明るいところでは、虹彩を収縮させ、暗いところではその逆にと瞳孔の大きさを自動調節しています。

syukudou.gif ⇔ sandou.gif

このように眼は、明るい場所では瞳孔を縮めていますので、眩しさを防ぐとともに紫外線の進入を最小限にしようと頑張っています。

しかし、サングラスを掛けた場合はどうでしょう?
眼は可視光線の強さで瞳孔の大きさを調節していますので、サングラスを掛けた場合には、少し暗いものと判断し、瞳孔を大きくしてしまいます。
この働きは、意識や気合で調節できるものではありません。
よって、大きくなった瞳孔には、普段より多くの紫外線が入ってしまうという事なのです。
ですから、サングラスにはUVカットの機能は非常に有効かつ必要であるという事になります。


   ↓の[タグ]眼とメガネのお役立ち情報をクリックで、当店発信のお役立ち情報が色々とご覧いただけます。

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 2件 コメントを書く

2009/02/04 16:56:32

お久しぶりです♪

「久井高原のスモークチキン小屋」店長 梶谷剛 さん

そうなんですか。
勉強になりました。
じゃーレンズの横からも光が入らないように、水中メガネみたいなのがベストですね♪

2009/02/05 10:54:55

レスのしがいがあるコメントありがとうございます

めがねショップさん

いつも書き込み有難うございます。

> レンズの横からも光が入らないように....
ここも重要ですね^^
最近のサングラスは、スポーツカーブといって、レンズの湾曲の強いものが使われています。
ハイカーブともいいますが、6カーブ、8カーブ等、当店の商品ページに表示があります。
数字が大きいほうが湾曲が強いのですが、この湾曲によって顔の横方向からの紫外線の侵入も減少させています。
日本人の場合、アジアモンスーンが生んだ扁平顔ですので、あまりカーブが強すぎても顔から浮いてしまいます。
最近では各メーカーからも、ジャパンフィットとかアジアンフィットといわれるモデルが発売されるようになりました。

あぁ、このネタでブログ1日分書けそうですね^^;

P.S 競馬ネタ拝見いたしております~

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

トラックバック 0件

ページ上部へ

カレンダー

2009年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年
販売品目
ルーペ各種
エッシェンバッハのルーペ
ニコンのルーペ
カートン・他メーカーのルーペ
度付きスイミングゴーグル
メガネケース
メガネチェーン
サングラス
スワンズ
スポルディング
双眼鏡
フィールドスコープ

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム