【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2015/09/15 16:10

毛幹部は、芯の部分にある毛髄質(メデュラ)、その周りを覆う毛皮質(コルテックス)、そして表面部分を覆っている毛小皮(キューティクル)の成分によって成り立っています。
また、18種類のアミノ酸が結合してできた、繊維状のケラチンというタンパク質によって構成されています。

毛髄質には、メラニン色素や脂肪が多く含まれており、立方体型の細胞がハチの巣状になって並んでいます。
この細胞は空気を貯めることができることから、髪の弾力に影響を与えたり、熱などの刺激から頭を守ります。
そして、髪の毛の太さは、毛髄質の量によって決まります。

日本人の髪の太さの平均は、細い人で0.06mm前後〜太い人で0.08mm前後です。

毛髪の構造

毛皮質は、髪の約90%を占める繊維状のタンパク質が集まり、束になって毛髄質の周りを覆っています。
このタンパク質が多い程、髪が硬くなり、少なければ柔らかい髪となります。

毛皮質はたくさんのメラニン色素を含んでおりますので、紫外線から肌を守る働きを持ち、メラニン色素の量で髪の色が決まります。
また、毛皮質は髪質に大きく依存する部分であり、タンパク質の結合状態によって、直毛か波状毛か縮毛かも決まります。
波状毛や縮毛の人の髪は先天的にタンパク質がまっすぐに結合していませんので、毛幹部を輪切りにすると、円形ではなく楕円形になっています。

髪の表面を覆っている毛小皮は、薄くて硬いタンパク質で成り立っています。
1枚のシートが円柱状に巻きついている訳ではなく、何層に重なっているのが特徴です。
毛小皮は、外部のあらゆる刺激から髪を守る役目をしており、キューティクルと言われています。

最終更新:2015/09/15 16:10

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2015/09/14 11:34

髪の毛は生える場所によって太さが違います。
全て同じ太さの髪の毛が生えているわけではありません。
側頭部や後頭部、前髪などによって微妙に髪の太さが異なります。

直毛の人はそこまで差異がありませんが、くせ毛の方には多く見られます。

捻転毛と連珠毛

髪の太さに違いが見られやすいのが、捻転毛と連珠毛です。
2種類の髪質はどう違うのでしょうか。

・捻転毛

髪の毛がねじれたような形状をしています。
反転しやすい髪質なので髪1本の中でも場所によって太さに違いが見られます。

・連珠毛

1本が一定の太さではなく、場所によって太くなったり、細くなったりするクセ毛の形状です。

どちらにも共通するのが、髪がゴワついたり、上手にまとまらないことです。
ただ、ヘアケア次第でそういった髪質を改善させ、一定の太さに変える方法もあります。

髪の太さを変える方法について

捻転毛や連珠毛というのは、非常に厄介な髪質です。
パーマ液が髪全体にうまく均一に浸透しないため、ストレートパーマや縮毛矯正がなかなか効きづらい髪質です。
そのため、全ての髪質を改善するというのは難しい傾向にあります。

美容院での矯正を試みることも良いのですが、結局は現在の髪に対してのみ有効な方法なので根本的な解決には至りません。
食事や生活などの根本的な体質改善から見直す必要があります。

● 髪を太く健康に保つには

髪の毛を太くして健やかな状態にするには、髪の成分となっているケラチンを作り出す必要があります。
そのためには、たんぱく質となるアミノ酸が有効です。
アミノ酸のサプリやアミノ酸配合のシャンプーなどを常用すると髪質の変化に大いに役立ちます。
アミノ酸を摂取するだけでなく、その栄養素をしっかりと毛乳頭に与える必要がありますから、血行促進作用を与えることも併せて行いましょう。

毎日のヘアケアが将来的な髪の太さを決定すると言っても過言ではありません。
しっかりケアして髪を健康に保ちましょう。

最終更新:2015/09/14 11:34

2015/09/11 19:09

直毛とくせ毛、太い毛と細い毛など、髪質には様々なものがあります。
髪質は頭皮の状況で変わってくると言われています。

では、頭皮と髪質に関係あるのでしょうか?

頭皮と髪質の関係性

頭皮にある毛穴の形により、髪質には直毛とくせ毛に分けられます。
直毛の場合は毛穴がまっすぐなので毛もまっすぐ生えてきますが、くせ毛の場合は毛穴が曲がっているので、形がついてしまいくせ毛になってしまいます。

髪の毛の硬さも髪質を決める一つの要素になります。
髪の毛の構造は、外側からキューティクル、次がメデュラ、一番奥の芯部分をコルテックと呼ばれ、硬い髪はキューティクルの層が厚くなっていて、やわらかい髪は薄くなっています。

髪の太さも髪質の一つで、太い毛にはメデュラが存在し、コルテックスが多いのが特徴です。
細い毛はメデュラが存在しないことが多く、コルテックも少なくなっています。

加齢や外的刺激によって頭皮細胞がダメージを受けてしまうと、血流が悪くなって栄養や酸素が細胞に運ばれなくなってしまい、髪の毛が細くやわらかいコシのない髪になってしまいます。
頭皮の状態によって髪質は変化するのです。

髪質は何かがきっかけで急に変わってしまうことがあります。
もし自分の髪質を維持したいのであれば、まずは基本的なヘアケアを行いましょう。
特に紫外線は、頭皮にダメージを与えて抜け毛や白髪の原因となるのでしっかり防ぐことが大切です。

最終更新:2015/09/11 19:09

2015/09/10 21:44

男性用シャンプーや女性用育毛剤など、性別で分かれたヘアケア商品を目にする事があると思います。
細かく見ると男性と女性とで頭皮の悩みや髪のトラブルは異なります。

薄毛や白髪が気になったからといって、いきなり頭皮ケアを始めるのはあまりオススメしません。
自分の頭皮に合ったアイテムで正しくケアする事が一番の改善方法となります。

男性の頭皮・髪の悩み

男性の頭皮は皮脂が多く、ベタベタしやすい傾向にあります。
皮脂の少ない方もおりますが、これが男性の頭皮の大きな特徴となります。

ベタつく頭皮が多いので、男性用のシャンプーは爽快タイプのものが多く販売されています。
香りよりも使用感を重視しているという理由もありますが、女性用のシャンプーにはあまり見られません。

また、男性最大の頭皮・髪の悩みは薄毛です。
薄毛は男性ホルモンや遺伝が深く関係しています。

男性の薄毛の主な原因は「男性ホルモン」の増加です。
薄毛の進行の仕方も頭頂部から、側頭部からと見て分かってしまうような場合が多いのです。
さらに、女性よりも脱毛する遺伝子を受け継ぎやすく、自分の親族に薄毛の方がいれば薄毛になりやすくなるとされます。
見た目や遺伝、そしてホルモンの関係から薄毛に悩む男性が多いのです。

女性の頭皮・髪の悩み

女性の頭皮は男性の頭皮よりも皮脂が少なく、また皮膚が弱い場合も多いため、男性用のケア商品を使うと炎症を起こすという方も少なくありません。
女性はヘアケアをする方が多いので、男性ほど頭皮の悩みは多くないですが、パーマやカラーリングなどスタイリングやアレンジをする機会がよくあるので、髪の毛のトラブルは多くなります。

また、シャンプーは、爽快感よりも香りや美髪成分を重視したタイプが多いのが特徴です。

女性も薄毛になる方がおりますが、これは女性ホルモンの減少やストレス・老化・過度のダイエット・出産・冷え性・便秘などが関係しています。
そのため、若い女性よりも40代~50代の方の方が薄毛になりやすいのです。

逆に若い世代の女性は髪トラブルが多いのが特徴で、切れ毛、枝毛はもちろん、髪のパサつきやゴワつきなど様々な症状があります。
髪へのダメージが主な原因となりますので、しっかりとしたヘアケアが重要です。

最終更新:2015/09/10 21:44

2015/09/09 22:19

髪が伸びるスピードが遅くなったと感じれば、代謝が落ちている可能性があります。
なぜなら、髪の伸びるスピードには代謝が関係しているからです。
髪の伸びるスピードに個人差があるのは、代謝の差でもあるのです。

髪の伸びるスピードは、平均で1日0.3~0.4mmと言われています。
このスピードで計算すると、1ヶ月で約1cm、1年で約12cm髪の毛は伸びます。

代謝が髪の毛に与える影響

代謝とは、外部から取り入れた栄養素やエネルギーを、身体の中で使われることです。
代謝が良いと髪を作り出すパワーが大きくなり、髪の伸びるスピードが速くなります。
また、代謝が悪いと、髪の伸びるスピードが遅くなるばかりでなく、エネルギーが蓄積されてしまうので、太りやすい体質になってしまいます。

髪や健康のためにも、代謝は高い方が良いと言えるでしょう。

代謝を上げるには

代謝を上げるには、血液の循環を良くする必要があります。
血行を良くすることで体温を上昇させ、代謝が上がるためです。

・入浴
お風呂に入ることにより、体温を高める方法です。
代謝を上げるには、40℃以下のぬるめのお湯が適しています。
半身浴で構いませんので、20分ほど湯船に浸かりましょう。

・運動
身体を動かすと、体温は上がります。
代謝を上げるには、20分ほどの軽めの運動を取り入れると良いでしょう。

・食事
肉・豆・ショウガ・香辛料などは、血行を良くし、身体を温めてくれます。
代謝を上げる食材を、積極的に摂取しましょう。
身体を内外から温めることで、代謝を上げることが出来ます。

代謝が上がれば、頭皮の細胞も活性化され、髪の伸びるスピードが早まります。
髪を早く伸ばしたい人や、薄毛や抜け毛が気になる人は、ヘアケアだけでなく、代謝を上げることも重要です。

最終更新:2015/09/09 22:19

ページ上部へ

カテゴリ

カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月