【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2011/11/30 09:13

前回の楽譜が読めない・・・・っていうお話、


ものすごく反応がありました。


Blogのコメント欄以外でも、直接メールでいろいろ送ってくれる人も
多かったのです。


楽譜を読む、歌う、耳で音をとる・・・のシリーズはまた続きを書きますね。




ma008.jpg



先週末にお店で楽器の吹き方のアドバイスをしたサキソフォーン、クラリネットの
中学生、高校生で、

リードが厚すぎる人がたくさんいました。


  (  *注  リードの表示は厚さじゃなくて硬さなんですよという
    ツッコミが必ずはいるのですが、ややこしいのでここでは抵抗の少ないモノを
    「薄い」抵抗の強いものを「厚い」と表記します。)


こういう人は自分の意思ではなく、100%、先生とか先輩とかに


「 もっと厚いリードを使いなさい 」


といわれてしまっているのですが、



顧問の先生、あるいは先輩方、

皆さんがあまり深い考えもなしに生徒さんとか後輩さんに


3半とか4とかの厚いリードを強制するのは大変危険です。



だって、


まず、マウスピースの確認をしてないと意味がないのです。


クラリネット、同じバンドーレンの3のリードでも


マウスピースが5RVの人とB40の人ではリードの抵抗が
全くちがってしまうのです。


そういうのを、全部確認した上で


「 もっと厚いリードを使いなさい 」って言ってますか?



これは、私のような楽器屋がお話することではなく、本来プレイヤーに語って
いただく事なのですが、


リードは、その人の技量、使っている道具に



ちょうど良い

厚さのものを使わせてあげて下さい。

ちなみに上の画像の私の修理用マウスピースについているリードは


ほとんど2半くらいのリードです。


私は厚いリードが全然鳴らせない人なので、厚いリードを強制されて
苦しんでいる人を放っておけないのですね。(笑)


でもいい音で楽器吹けますよ。



いつもお客さんに


「 いい音ですね 」って言われます。



プロ奏者の使用リードは結構 「3」が多いというのにどうしてアマチュアの
中学生に3.5を使わせたがるのか?



日本人の悪い癖で



「 苦しい状態に耐え忍ぶ 」


事を尊いと考えるメンタリティーがあるような気がしてしょうがないのです。



よく考えてみて下さい。


オーボエやファゴットのプレイヤーに厚いリードを強制する人は
いないでしょ?


どうしてか?



ダブルリードはハンドメイド製品なので、いちいち

2、とか 3 とか 3半 とか そういう表示がないのです。



オーボエ奏者やファゴット奏者はお店でいろいろなリードを吹いてみて


「 ちょうど良いもの 」


を買います。



これでいいのです。



ma009.jpg


シングルリード ( クラリネット&サキソフォーン )奏者も同じです。


自分の前に


2 とか 2半 とか  3 とか 3半 とかの表示がまったく

でていないリードを20枚くらいならべて吹いてみて


「 吹き心地と音色のバランスがいちばん良い 」

リードがあなたにとって

「 ちょうど良い 」

リードなのです。


100人クラリネット奏者がいたら100とおりの選択があるはずです。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



ジャズプレイヤーはリードが薄くて

クラシックプレイヤーはリードが厚いのだという通説も


厚いリードを使わせたがる要因なのかもしれません。


こういう人は


ジャズプレイヤー = きたない音

クラシックプレイヤー = きれいな音


みたいな認識を間違って覚えてしまったのかもしれません。



マウスピースのティップ・オープニングがジャズ奏者のほうが広いものを
使用している確立が高いので、

ジャズの人のリードが薄い・・・・という傾向は多少あるにしても

全部が全部そうなのではありません。


ジャズ、クラリネット奏者の谷口英治さんは薄いリードというのが
全然吹けないそうで

使用リードは「4」だという記事を以前、何かで読みました。




6年位前に、とある演奏会で

某フランス人サキソフォン奏者 ( クラシック界大御所 )と

渡辺貞夫さんの演奏をいっしょにきける機会があったのですが、


ナベサダの音のほうが、圧倒的に私にはいい音でした。



中学生、高校生のクラリネット、サキソフォン吹きの皆さん。


ぜひ、あなたにとって本当に良いリードまで、頑張ってたどりついて下さいね。




それでは。






























最終更新:2013/01/12 15:13

コメント 5件

2011/12/01 22:37:07

勉強になります!

フルート吹きの母さん

指導方法やリードの厚さ等のためになる御話有り難うございます。

思い返せば、中学時代の顧問は国立音大のフルート科を首席で卒業したと私達に自慢していました(笑)

その頃は凄い先生なんだと思っていましたが、皆さんのコメントを拝読していると指導者には向いていなかったのではと思います。

とにかく怒ってばかりで合奏はちっとも楽しくなかったし、今では信じられないほどの暴力教師でしたね

リズムのとれない生徒の頭にタクトを降り下ろし、リズムをとってました。

間違えると「もういっかーい!」と怒鳴りながら何ども頭を叩いてました。

パイプ椅子で叩かれてた生徒もいましたよ(T_T)

出来ないのは、お前達が悪いとずっと言われ続けてました。
コンクールの結果が良いはずありませんよね(-_-#)

私は皆さんの御話についていけるレベル ではありませんが、これからも楽しみにしておりますo(^-^)o

2013/05/24 22:08:48

すごいですね!

クラリネットさん

今、すごくリードのことで悩んでいて…

どうしようかと思っていました

3か3半が1番いい厚さだと思ってました

自分に合うものが1番ですよね!

当にリードとか嫌いでこんなの吹いても上手くならないしいやだなと思っていました。でも

これを読んでがんばってリードを探してみようと思います

ありがとうございました

2013/05/26 09:29:25

これは本当に

管楽器のマール・ミュージックさん

人、それぞれ違うのです。自分の楽器からでている音が良い音かどうか?を判断材料にするといいです。たいてい吹きやすリードがいちばん「良い音」がするはずです。

2015/02/21 16:32:14

ワァー

あさん

リードがかけないようにします!

2021/08/20 13:53:44

マウスピースの種類がわからない

玄武岩(Cl吹き)さん

バンドレンの3を愛用しているクラ吹きです。
マウスピースの種類が…ってあったのですが、マウスピースの種類が全く分かりません。
クラのケースに入っていたのをそのまま使ってます。
どこを見たらわかるんでしょうか。

ページ上部へ

カレンダー

2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
2019年