【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/04/18 22:30

こんばんは。京都 茶道具 出野祐です。ご覧頂き有難うございます。

茶道をはじめたばかりで、お道具をあまり持っておられない方が自宅で気軽にお茶会をする時、季節感を加えるのにはお部屋に季節の花を生けたり、折々の自然を象ったお菓子を出しておもてなしするのがいちばんです。



千利休が「花は野にあるように」と炒ったうに季節感のある花を自然に入れるのが基本です。
茶の湯の「炉」の季節は、十一月に始まりまして、炉の季節の花の主役は「椿」です。
四月になると椿も名残になっていきます。
茶席での椿は、蕾を使うのが約束ごとですが、卜伴など花芯に特徴のあるものや乙女椿など八重崎のものは開花したものをつかっても。

ではでは、京都府立植物園の晩春の椿の写真を撮りましたので、UPさせていただきます。



P3245737.JPG







P3245742.JPG





P3245744.JPG




P3245746.JPG





P3245748.JPG





P3245751.JPG





P3245760.JPG

最終更新:2019/04/18 22:31

2019/04/18 12:00

こんにちは。京都 茶道具 出野祐です。ご覧いただき有難うございました。

次回のお稽古が「炉」の季節最後になるので双鶴釜から透木釜へ変えて準備を致しました。


透木釜は、釜の羽と炉壇の間に透木(桐の木片)をあて掛ける釜の意からの命名と考えられます。
陽気が暖かくなるに従って炉壇に冠(かぶ)さる透木釜を用いて少しでも客から火を遠ざける心遣いです。


↓いままで使っていた和田美之助作 双鶴釜
20190416 双鶴釡.JPG




釜をあげたところ
20190416 炉.JPG




五徳を抜きます。
20190416 炉3.JPG






透木を置いて、透木釜を据えたところ。和田美之助作 籠目地紋
20190416 透木釜.JPG


風炉の季節になったら、炉壇の灰を底取りで掬って灰を手入れします。






京釜師 13代 和田美之助糸目車軸釜 立礼用

最終更新:2019/04/18 12:01

2019/04/18 08:00

おはようございます。京都 茶道具 出野祐です。ご覧頂き有難うございます。

4月13日は茶カブキのお稽古でした。

お茶(濃茶)の風味を飲み比べ、且つ飲み当てる茶の湯の遊びが「茶カブキ」で、例年家元などでは利休忌に恒例行事として行われてきました。

茶カブキの約束事
1.三種類のお茶を用意する
2.最初は試茶 二服 次に本茶を三服  つまり、合計五服のお茶を点てる
3.亭主は五服のお茶を同じ服加減に点てる (お湯の量や点て方で味わいが変化する)
4.試茶、本茶一服目は茶碗に出帛紗を添えて出し、次礼、送り礼をして回す。(それ以外は出帛紗は添えず送り礼のみ)
5.名乗り紙は試茶二服目で回す。名乗り札は折って扇子に挟んでおきます。
6.執筆が記録をとる。
  執筆は客が投票した名乗り紙の札を記録します。



手前の棗二つには試茶を向こう側には本茶三つを置きます。
20190416 茶カブキ.JPG


大折据・・・名乗り札を入れます。
20190416 大折据え.JPG



20190416長盆.jpg




本茶を飲んだ客が何のお茶であるか投票する為の切り紙です。
20190416名乗り紙.jpg


私がお稽古した時は以下の通り。
上林が小山園の雲鶴
竹田が柳桜園 猶有斉宗匠御好 特別挽上「楽寿の昔」
客が小山園の濃茶「雲鶴」と薄茶「吉祥」のブレンド

棚は旅箪笥を使用致しました。

最終更新:2019/04/18 08:01

ページ上部へ

カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月