【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/06/27 18:19

こんばんは。京都 茶道具 出野祐商店です。

さきほど、周茂叔(しゅうもしゅく)の事を書いて気付いたのですが、絵画と比べて、お茶道具に描ける面積というのはとても狭いです。なので、「おじさんと蓮」の構図があれば、周茂叔というのがお決まりなんですねー。

さて、今回ご紹介するのは茄子ですけれど、これもただ夏野菜を描いただけに見えますが、茄子は一本に沢山実をつける事から子孫繁栄とか豊穣を意味する吉祥画なのです。


描いてあるそのものを見て「美味しそう」「私、泉州の水ナス大好き」とか、感想を言うのもいいですけれど、その裏にこういう意味があるというを知ると茶道具を買い求める時に役立つと思います。



山川司 京焼茶碗 乾山写 茄子絵 化粧箱入





売り物ではないですけれど、お稽古の時に使っている膳所(ぜぜ)のお茶碗。
こちらは、カニと芦の絵ですが、「科挙合格」という意味もあります。
科挙という言葉自体、普通に生活して使わないですけれども、韓国ドラマの「イ・サン」を見ていたらよく出てきます(笑)
単に涼しそうな絵というだけでなく、こういう祈りも込められていると知ると見方の幅が広がります。

20110725膳所 平茶碗.jpg





最終更新:2019/06/27 18:19

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月