【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/08/11 02:05

こんばんは。京都 茶道具 出野祐です。
ご覧い頂き有難うございます。

昨日のアクセスは久々に0でした号泣

竹の花入をUPしましたのでご紹介させていただきます。
過去にお稽古で竹の花入を使った時の写真もUPします。

20171031_2012958.jpg


ご紹介するのは東田杢斎の竹花入。
在庫は売れてしまって、残ったのがこの2本だけになりました。
在庫処分価格で送料無料です。


お稽古にいかがですか竹花入 浸竹







お稽古にいかがですか。11cm×高さ38.5cm竹花入 馬足 桐箱入

最終更新:2019/08/11 02:05

2019/08/09 23:48

勝手ながら、8月10日(土曜日)から18日(日曜日)まで夏季休業させていただきます。

ご注文は24時間受け致しますが、お返事は19日(月曜日)にさせて頂きます。

少し夏バテ気味ですので、トレーニグを頑張り筋肉をつけたいと思います。

体力をつけて東京での展示会に臨みたいと思います!!


夏季休業のお知らせ.jpg

最終更新:2019/08/09 23:48

2019/08/08 22:59

こんばんは。京都 茶道具 出野祐です。
ご覧頂き有難うございます。

ブログを書き始めて、昨日は一番アクセスが多くて9人の方にご訪問頂きました。

さて、今日ご紹介するのは、高桐院剛山師銘の茶杓です。
高桐院の開祖はぎょくほじょうそうで、慶長六年(1601)頃に細川三斎(ほそかわさんさい)が、父幽斎(ゆうさい)の菩提所として建立(こんりゅう)している。ぎょくほは幽斎の弟。

JR東海の「そうだ、京都行こう」キャンペーンで大々的にCMが打たれた事もあるので、紅葉のシーズンに訪れた事がある人も多いのではないでしょうか。現在は改修工事の為、拝観停止になっております。


20130729高桐院 .jpg



令和になってから、染筆をお願いした茶杓を3本UPしています。
実店舗の方では、お客様がご希望の銘も承っております。
その場合は、宮下竹憲さんの削りの茶杓になります。



大徳寺 高桐院松長剛山師 銘 /長尾宗湖 茶杓茶杓 銘「祇園会」(ぎおんえ)






海野宗泰削り 京竹器師茶杓 銘「無心」大徳寺高桐院 松長剛山 共箱・共筒







大徳寺 高桐院松長剛山師 銘 /長尾宗湖 茶杓茶杓 銘「時雨」





最終更新:2019/08/08 23:16

2019/08/07 23:21

こんばんは。京都 茶道具 出野祐です。
ご覧頂きありがとうございます。

まだ、UPしませんが、古帛紗が仕立てあがってきました。
こちらで反物をみせてもい、コレ!と裂を指定して、仕立てていただいたものです。


古帛紗や出帛紗は、その店の個性が表れやすいそうですねー。
同じ仕立て屋さんで注文しても、店主のカラーが出るようです。
注文したのが初夏だったので、爽やかさ、涼しさを感じさせるシャビーな色合いの割合が多いです。
定番の名物裂もいいですが、初めて見る裂は新鮮な気分になっていいですねー。




さて、それとは別に、実店舗では、秋の売出しで千家十職の土田友湖さんの仕立てあがったばかりの帛紗を展示させていただきます。どんな裂なのか私も楽しみです。



正絹 織;京都 縫製;京都古帛紗 荒磯文 8号 化粧箱入り






正絹 織;京都 縫製;京都古帛紗 撫子金襴 10号 化粧箱入り








正絹 織;京都 縫製;京都古帛紗 二重蔓牡丹文 7号 化粧箱入り







正絹 織;京都 縫製;京都古帛紗 岡部間道 8号 化粧箱入り







正絹 織;京都 縫製;京都古帛紗 白極手緞子 8号 化粧箱入り



最終更新:2019/08/07 23:21

2019/08/07 00:01

こんばんは。京都 茶道具 出野祐です。

楽天の方からは難しい漢字が多いと指摘されましたが、私から言わせてもらうと、その難しい漢字が読めない方は商品の価値がわからないし、価値がわかる方しか購入されないと思うのです。

そりゃ、最初は誰でも漢字は読めないとは思うので、フリガナをうっていかなくてはとは思っています。

信楽・・・私は普通に「しがらき」と読めましたが、地名だと読めない方も多いかもしれませんねー。

前に書きましたが、信楽の陶芸教室(壷中庵)で作った花入です。
保庭楽入先生の指導のもと、自宅から持って行った信楽焼の名品が載っている本を見つつ、筋肉痛になるぐらい熱心に作りました(笑)

花は、椿(ツバキ)と梅(ウメ)です。
実店舗の茶室の床は、赤松の床柱なので、こういう詫びた花入がマッチします。
不細工でも、そこは味があるということで、作った当時は頻繁に花を入れていました。

花は、いいですねー。

20190806 茶花 信楽焼.jpg

最終更新:2019/08/07 00:01

ページ上部へ

カレンダー

2020年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月