【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/05/23 10:47

こんにちは。
今日の熊本は晴れ。

ここ数日、暑いですね^^;;

さて、今日は<にんにくの芽>のお話し。
天気がよく、気温もあります。
お店でご紹介の山都町のにんにくの芽。
順調に収穫して、まもなくシーズン終了となると見ています。
お早めに~☆


熊本県山都町◆ニンニクの芽♪ 1kg農薬、化学肥料未使用 熊本県産


熊本県山都町◆ニンニクの芽♪ 3kg農薬、化学肥料未使用 熊本県産

さて、そのにんにくの芽。
「芽」といいますが、
実際には花を伸ばした茎の部分ですね。
そうですねぇ・・・
チューリップの花を想像してみてください。
一本すーっと茎をのばして、その先に一つ花をつけますよね?
それと同じ。

なので、畑でにんにくの芽を切ったモノはこんな感じ。

nnmup.jpg

茎の下から上にいくと、緑色が薄くなり節状になっていますね。
ここが花目なんですね。

食べるところは主に下の茎の部分。
スーパーさんなどで売っているのも、この茎の部分を「にんにくの芽」として販売していますね。

そして、チューリップと同じで、伸ばす茎は1本だけ。
土の中の部分の「にんにく」を玉(房)で買うと、その中央に1本だけ茎がありますよね^^

で、ちょっと豆知識。

●そもそも、なぜ切るの?
花に栄養を持っていってほしくないからですね。
=土中の玉の方を太らせたい。

●国産のにんにくの芽ってなんであまり見かけないの?
にんにくって、日本各地で育ちます。
桜のように西から東へにんにくの芽のシーズンも移動していきそうですよね?
でも、西の方以外では国産はあまり見かけないですね。
青森がにんにくのメジャーな産地ですが、
しばらく前には、ホワイト六片という品種を前面に出したCMもありましたね。
そう、九州で育てるものとは、品種が異なるんですね。
そもそも、ホワイト六片などは、そこまで強い「トウ立ち」にはならないようです。
※聞いた話では、「食べる」というモノではない。

・・・「希少(激レア)」というつもりはないですが(笑)
そもそも、日本の「国産にんにく」の何十倍も「にんにくの芽」は少ないんですね。
しかも、収穫時期は一時期だけ。
なので、あまり見かけない。

●なぜ、花の下で切るの?

そう、お店でご紹介の「にんにくの芽」。
スーパーさんで売っているように、茎の部分だけになっています。
こんな感じですね。

nnmupct.jpg


その方がいい と考えているからですが・・・、
まず、
花の部分は「てんぷら」などにして食べたりもしますね。
(その先の部分は筋張っていて、「食べる」という部分ではないですね^^;;)
なので、つけちゃダメ というものでもないのですが・・・。

・そもそも、栄養を取ろうとする部分です。
 花目に養分を取られると思いますし、
 その分、鮮度が落ちる早さが違うと思います。
 ※どれだけ違うか?という実験まではしていませんが^^;;
 
・1kgという量の中で、花目から先までつけても・・・、
 調理方法も限られ、もてあますことが多いと考えます。

・お手元届いてからを考えると・・・。
 手元に届いてすぐに処理がよいですね。
 ただ、クール便でのお届けです。冷蔵から常温に戻した環境での作業。
 すべて届いてすぐに使いきる(調理してしまう) という場合には、
 それほど気にするところでもないですが・・・・

少し考えすぎでしょうかね?^^;;

いずれにしても、
ついている状態と比べた場合、
花目が重量に入ることはないですし(笑)
処理の手間もゴミも少なくなると思います^^

最終更新:2017/05/23 10:47

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年