【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2018/09/16 10:21

こんにちは。
今日の熊本は晴れ。

朝晩は気温が下がり、秋の気配も感じますが、
日中はまだ暑いですが^^;

さて、益城町・西村くんのさつま芋♪
9月から収穫がはじまり、11月中旬頃(霜の降りる前)までつづきます。

imohori.jpg

そして、
ご予約も始まっていますね☆
「新さつま芋」の出荷(発送)開始は 10月上旬-中旬頃から を予定しています。


10月上旬-中旬頃から出荷開始(予定)/(予約販売)西村さんの新さつま芋(紅はるか)【10kg】この時期はホクホクした感じですネ/熊本県産 熊本県益城町産


10月上旬-中旬から出荷開始(予定)/(予約販売)西村さんの新さつま芋(紅はるか)【5kg】この時期はホクホクとした感じですね/ 熊本県益城町産

で、

さつま芋って、時期により少しづつ変化してゆく作物です☆
現在の販売(ご予約)は掘り出し時期の「新さつま芋」となります。

甘さがのりはじめてから、をご希望の場合には、
もう少し時期が進んでからがおススメです。
掘り出してから時間が経ってからの方が、甘みを増します。

どういうことか? というと、

でんぷん質の変化なんですが・・・
どこから話しましょうか・・・
普段から植物ってやりたい事は3っつとお話しをしています。
「自己成長」「自己保存」「子孫繁栄」です。

気温が下がってゆく時期、
さつま芋は収穫した後、何がしたいでしょうか?

自己保存 ですね。

成長活動をやめて寒さをしのごうとしてゆきます。
※春になると芽を出します。

そして保存期間が長くなるにつれて、少しづつ貯めておいたエネルギー(でんぷん質)を使おうとします。
なので、ある程度時間(日にち)が経ってからの方が、甘さが強くなります。

これは、特に「紅はるか」に限った話ではなく、
「さつま芋」という作物の特徴ですね。

「紅はるか」の場合、
遠赤外線での加熱によって、より崩れやすいでんぷん質をもつのが一つの特徴です。
そのため、高系14号や金時などの品種と比べて、柔らかくなりやすく、甘さも強く感じます。
また、甘さを感じ始める時期もやや早くなります。
そうした特徴は、安納芋やシルクスイートなども一緒ですね。

◆当店では、
紅はるかは、
掘り出し時期に出荷となる さつま芋を「新さつま芋」として販売しています。
収穫終了後のさつま芋を「紅はるか」として販売しています。
(ご予約開始は10月中旬頃から)

ある日突然、ということはなく、少しづつ変化してゆきますが、

ざっくりと、
10月は甘さはあっさりとした印象で、ほくほくっとした食感となります。
11月は甘さが一段のって、しっとりとした印象となります。
12月は崩れるような食感とともに、さつま芋としての食味に甘さが勝つようになってきます。

※厳密には、月の前半と後半とでは異なりますし、年内と年明け、1月と2月とでも異なります。
 また、その年の気温の変化に応じて、変化の時期も前後します。

高系14号を、
11月中旬頃からの出荷開始としています。
(ご予約開始は10月中旬頃から)

※高系14号 鳴門金時の元となっている品種で昔からあるものですね。
 焼き芋にすると、しっとりとする食感ではなく、ほくほくっとした食感となります。 

時期折々の特徴を、
あるいはお好みに合わせた時期や品種を お楽しみいただければ幸いです。

最終更新:2018/09/16 20:06

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2018/09/12 17:50

こんにちは。
今日の熊本は曇り。

さて、藤瀬さんのチェリートマト♪
うっすらと色づくところが出始めました☆

cherry.jpg


アイコよりもワンテンポ早いですね^^

9月終わり頃から かな?と見ています。


9月終わり-10月上旬頃から収穫、発送(予定)/嘉島町・藤瀬さんのチェリートマト(ミニトマト)500g(125g×4パック)熊本県産


9月終わり-10月上旬頃から収穫、発送(予定)/(予約販売)嘉島町・藤瀬さんのチェリートマト(ミニトマト)1kg(125g×8パック)熊本県産

ところで、
配送は常温便?クール便?

正直なところ「今」ならお届け先によって迷うところ。
ただ、気温はこれから下がってゆく時期ですね。

発送できる量が収穫できる時期には、常温便でお届けと予測しています。

最終更新:2018/09/12 17:50

2018/09/04 16:47

こんにちは。
今日の熊本は曇り時々雨。
午前中は晴れ間もでていましたが、午後からは厚い雲が広がりました。

四国へ台風が上陸しましたね。
被害の少ない事を願っております。

さて、お店では藤瀬さんのアイコ♪のご予約が始まりました。
10月上旬頃から収穫(発送)の予定です。


10月上旬頃から収穫(発送)予定/(予約販売)嘉島町・藤瀬さんのアイコ(ミニトマト)1kg 熊本県産


10月上旬頃から収穫(発送)予定/(予約販売)嘉島町・藤瀬さんのアイコ(ミニトマト)たっぷり【3kg】熊本県産

今シーズン最初の畑。
花芽は3段目まできており、順調ですね。
探すと、実をつけているところもあります☆

aiko0904.jpg


次の畑は、今日が定植。
aiko5ren0904.jpg

※左側ですね。5連棟のうちの3棟分を定植。
この分は10月下旬頃から・・・かな?と見ています。

最終更新:2018/09/04 16:47

2018/08/29 09:38

おはようございます。
今日も熊本は晴れ。
予想最高気温は嘉島町で36℃。

連日暑くなってますね^^;;
昼間の日差しは強く、気温も相変わらずなのですが、
朝の空の様子や田の面や畑から抜けてくる風には少し違う雰囲気を感じていたりもします。

asa.jpg

さて、今日は「摘芯」について。
以前、苗の話(2017/07/25)でちらっとお話ししたのですが、藤瀬さんのところでは摘芯での栽培ですね。

カンタンには、生長点を摘む事ですね。
こんな感じになります。

tmttekisin.jpg

ところで、摘芯って何のためにやるの?
これから成長していこうとするところを、わざわざ、取ってしまうのですから、
当然の疑問ですよね。

少し話の順番に迷うのですが^^;;
摘芯ってトマトだけでなく果樹や花などでもやることで、家庭菜園の本などでも出ているのではないか、と思います。
そして、花目を多くするため-など書かれているのではないか、と思います。
そうした作物ごとの(結論的な)効果については、今回はおいておき、
「それってどういう事」か、という見方のお話しをと思います。

そうですねぇ・・・
ヒトで言えば、足腰を強くする というイメージでしょうかね。

先の話(2017/07/25のブログ)で言えば、根張りをよくするため となります。

なぜそうなるのか?

苗の時期、トマトは成長したい、葉っぱを作っていきたい とう状況です。
ところが、その成長点を止められたら、どうするでしょう?
脇芽を伸ばそうとします。
でも、脇芽を伸ばすには、それなりの体力が必要となります。
その体力を確保するために根を伸ばそうとします。

もう少し別の言い方で、少し細かく・・・
(個人的な見方になってしまいますが)
植物のやりたい事は3つ。
自己成長、自己保存、子孫繁栄。
このバランスで成り立っていると思います。

苗の時期ってどういう時期か?というと、
自己成長に走る時期。
その成長点を止められると・・・、
自己保存に多めに体力を使う。=根を張る。

んー・・・ちょっと説明が小難しいですかね^^;;


で、

こんな話をすると、やった方がいいじゃん? と思うかもしれませんが、
向き不向きや、好みもある と思います。

まず、摘芯すると最初の成長がワンテンポ遅れます。
 トマトは葉っぱが7-8枚きてから花芽がきます。
 その一番先の成長点を止めることになりますから。

花の場合には花数が多くなったりなどあるようですが、
トマトの場合には、それだけで変わるという事はありません。
 単純に1苗から1本で仕立てるより2本の方が増える---という見方もありますが、
 トマトの一生とどう付き合うか?という部分の方が大きいと思います。
 たとえば、気温が高くと日光の多い夏と、その逆の冬とではトマトの成長にも違いがでてきます。
 植物としての体力は一緒、なので夏の方が早い分ライフサイクルは短くなります。
 無理がある--というところまではいかないまでも、
 夏と冬とどちらがより適しているか?といえば冬の方になりそうですよね?^^

藤瀬さんの畑では、夏から秋の定植となります。
最初の定植分は花が咲き始めました☆(8/26)

tmt826.jpg
この分は10月上旬頃からお届けできそうですね^^


先週摘芯をしたこちらの苗は来週あたりの定植予定です。
tmt826_2.jpg
この分は10月下旬から11月初旬頃から・・・かな?と見ています。


収穫は6月まで。
トマトとしては比較的長いシーズン。
摘芯・・・トマトも人もその準備をしている・・・というトコロですね。

販売(ご予約)の開始はまもなく、9月上旬頃からを予定しています。
今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。

最終更新:2018/08/29 09:38

2018/08/27 10:12

こんにちは。
今日も熊本は晴れ。

暑い日がつづきますね><

とはいうものの、
あとひと月足らずで、極早生みかんの収穫がはじまる時期となります。
「今年はエルニーニョが・・・?」なんて話もちらほら、
もしかしたら、いつまでも暑く、ふと急に気温が下がり「秋はどこへ?」なんて事になるのかも・・・
と思っていたりもします。
※熊本の秋って「短い」印象です^^;;

さておき、「みかん」。
今はこんな感じ♪

gkws826.jpg


中を見ると、
gws826w.jpg


見た目では、もう食べれそうですね。
実際、酸味が嫌いでなければ、大丈夫かもしれません^^;;
もぎたて独特の酸味が後に残る印象はありますが、
甘みもあり、味はいいですヨ♪
収穫となる、9月下旬頃が楽しみです☆

ただ・・・
全体小ぶりの傾向><
2Sサイズが中心になるのではないか・・・という感じです。



9月下旬(9/20)頃から収穫、発送(予定)/(予約販売)太陽と潮風が育てた中山さんの「肥のあかり(極早生みかん)」ちょっとわけあり 1ケース【5KG】熊本県産 三角町産


9月下旬(9/20)頃から収穫、発送(予定)/(予約販売)太陽と潮風が育てた中山さんの「肥のあかり(極早生みかん)」ちょっとわけあり 1ケース【10KG】熊本県産 三角町産

<少し詳しく>
今年の夏、熊本は雨が少ないです。
全体として、早生みかんも含め、葉っぱが青々としている時期ですが、
そこまでの青みはなくやや丸まった感じに。
水を欲しがっている状態です。

水をあげればいいじゃないか?
なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんネ^^;;
ただ、冠水のある場所でもあまり変わりはないです・・・。

人の手で水をあげる量では追い付かないんです。
そう、50mmくらいのまとまった雨でないと、という印象。
※水をあげても土の表面は湿り気を帯びますが、土の中の方までに至らない。
 また、気温と日差しがあるため、蒸散する方が多い というのが実際です。
※それでも冠水、散水をする事がありますが、現在は小さいものを落としていく作業をしています。

逆にそうした影響もあり、味はいい感じです。

<極早生から早生の時期>
全体小ぶりの傾向も、極早生は平年並みの成り込み。
10月いっぱいくらいは、例年通りの発送ができそうです。

一方、早生は成り込みが少ない傾向ですね><
中山さんのところでは、あるときには12月中旬過ぎくらいまであるのですが、
今シーズンは終了(なくなる)が早いのではないか、と見ています。

最終更新:2018/08/27 10:12

ページ上部へ

カレンダー

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月