【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/04/07 00:35


良く店長選抜について聞かれます。そして選抜趣旨を誤解している
方もいらっしゃいます。で、やはりこれは常に説明ページを作って
おいた方がいいかな?と。まあ、書き始めると長くなるのですが、
出来るだけ簡潔に(笑)。いや、これでもね。


って~訳で、光栄堂楽器は何を求めているのか?その過程で考え付
いた一つの答え、selected by KOEIDO

あなたは良いギター、楽器とはどう言ったものだとお考えでし
ょうか?私はこの仕事を始めてから40数年になりますが、ひ
たすらその答えを求めてきました。私が引き継いで最初扱って
いた楽器は全て日本製、昔は韓国製や中国性はありませんでした
(笑)。5万円~10万円なら高級品、そんな時代でしたね。
その後初めてUSA製の楽器を弾いた時の衝撃は大きく、しかし
その後のハズレUSAの衝撃も更に大きく(苦笑)、それ以来今日
まで追求は続いています。

ある時何かの本で読んだ”リッチー・ブラックモアはフェンダ
ーUSAの倉庫でストックを全て弾きまくり、そこから最も良い
ものを選んでいる”と言った話、これだ!と、思った訳です。
それから試行錯誤、取引先の卸問屋の倉庫巡りから始めました。
当時そんな事をしている所は無く、許可を得たにも拘わらず東京
の卸倉庫で”誰?何やってんの?”とか言われた事もありました
(苦笑)。しかし卸倉庫ではフェンダーUSAやギブソンの数も知
れたもの、今に比べると高額な飛行機代や宿泊料を払っても弾け
る数はせいぜい20本止まり。選んだ総数2本!!!!完全な大
赤字!やれやれ・・

こりゃあ、やっぱり正規輸入元の倉庫じゃなけりゃ全く埓が開か
ない・・・・と痛感。でも北海道の無名の小さな楽器屋、正規輸
入元なんか遠い話でした。まあそれでも地元札幌の卸の倉庫やた
まに東京の卸の倉庫を地道に巡り2~3年、昔から取引があった
超大手のメーカーが、ギター系の楽器卸を始める事になりました。
その札幌倉庫に通ううち、ふと”輸入元の倉庫で選ばせてくれれ
ば、もっと沢山買えるんだけどね”と言った事が起点になりまし
た。人生何処に何があるか分からない(笑)。

売上が欲しい担当と、兎に角沢山弾きたい私、そして流石は超大
手の力!!!何とワンクッション置いてではありますが、大手輸
入元での選抜が遂に可能となりました。最も全く前例のない事な
ので、私の見えない所では色々あったかと思います。当時の担当
の方には感謝しかありません。

そして遂に始めて行った正規輸入元本社!いや~緊張した事。
まあ向こうの担当もこんな事は始めてなので、何言ってんだ?
コイツ??みたいな感じが(苦笑)。忘れもしない初選抜は
120本くらい、今にして思えば少ないですが、当時はフェン
ダーUSAとギブソンが100本以上並んでるなんて夢のまた夢!!

そこから選んだ12本、それなりの数は弾いて自信はあったので
すが、やはり今ほど明確な絶対ラインは引けていなかった。店舗
で再チェックしたら、2~3本は???何でこれを選んだのか
(涙)。それまで弾いたフェンダーUSAやギブソンの数はせいぜい
300本弱、まあ経験値不足って事ですね。仕方ないので、その
3本は選抜したにも拘わらず特価で販売(涙)。まあ、最初はこ
んなものでしょう・・。しかも当時は力が無かったので、選抜は
3~4ヶ月に一度程度しか出来ませんでした。

あれからもう20年以上、弾く本数は年々増え、取引も直接契約
となり、最初は一軒だけだった倉庫で弾かせてくれる輸入元も今
では何処でも!!東京選抜で月400本くらい、名古屋選抜では
月300本以上、月により増減はありますが、年に6000や
7000本は弾いてる計算です。う~ん、我ながら弾きまくって
る(笑)。累計では2~3万本以上は弾いてる?もう余りにも長
く続け過ぎて(苦笑)、すっかり当たり前になっているのですが、
よく考えると一般的には異常です(笑)。世の中にそんな事を続
けてるトコはまずありません。個人的な疑問、真の良い楽器とは
何か?を求め続けた結果でもあります。

今の所の結論は?何時も何時も書くのですが、普通は世の中
100万円出せば100万円のものが、50万円出せば50万円
のものが買えます。楽器は?工業製品として考えれば勿論その通
りです。しかし楽器の価値はそれでは測れません。長い長い経験
からトーンとレスポンスのクオリティが全てと私は考えます。如
何に工作精度が素晴らしくとも、木目や色が超絶に美しくても、
トーンとレスポンスに命を持たなければ只の工業製品です。その
為には?わたしが辿り着いた結果は、ネックとボディの鳴りのク
オリティとそのマッチングがベストになった時にのみ生まれるマ
ジック。まあ書けば簡単ですが、実際には非常に難しい事です。

全ての条件を満たした場合、10%前後の確率で命を持つ個体が
見付かる・・と言う結果が出ています。そしてそれには一つの境
界線があり、それを越せるか、越せないかのみに分かれます。良
く私の選抜の趣旨を勘違いされている方がいらっしゃるのですが、
100本弾いてそこから良いものを探す・・・のでは無く、100本
の中から境界線を超すものを探してる訳です。ですので100本
全滅もあり得ます。相対のラインでは無く、絶対のラインと言う
事です。このラインは、エレキでもベースでもアコギでも全て本
質は共通です。だから実は全て同じ基準で選抜しているのです。
それはselected by KOEIDOの楽器を持っている方ならお分かり
でしょう。種類、メーカーに拘わらず、弾き心地は全て同じ感触
なのです。

そしてそのラインも階段状にレベルが存在するのではなく、ほぼ
ズッパリ約1:10に分かれます。

そしてこれも過去の経験から、境界線を越す可能性のあるもの、
全ての条件を満たすものとは、多くの場合、一流メーカーと呼ば
れるものです。極少数のハンドメイド系でも可能性がありますが、
分母が小さいと確率が悪く最悪0となります。ですので、分母の
大きなフェンダーUSAやギブソン、マーチンと言ったメーカーが
当店には多いのです。

最終更新:2018/04/07 09:23

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月