【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/07/16 14:48

今年の1月19日に内覧をした時点で、数人の内覧者がいて考えている人が3人ほどいてると聞いたので、中身もみないうちから「融資特約なしで、買います!」と事務所の購入を決めた物件の決済がようやく無事に出来ました。

売主さんの諸事情があり、外壁の塗装工事も決済予定日が何度も延期になっていたのですが、決済日も急に決まり、事務所の周りに足場を組むため、カイヅカイブキの木が5~6メートルぐらい伸びていたので、6日以内に伐採しなければならなくなりました。

植木屋にお願いしても急すぎて手配できず、工務店にも声をかけました。植木屋からは間に合わないと連絡があり、誰も手配できず、チェンソーをアマゾンや楽天などのネットショップで調べ、そしてホームセンター2か所に、チェンソーが何円で売っているのか電話で聞き、店に行き、陳列棚に向かうと、 5年前の商品が40%引きぐらいの1万円で売っていました。

tyenso-19.7.9.jpg

逆に電話で最安と聞いた1万7千円程の商品がないので、他にはないかと聞くと、もう一つ違う通路に売っていたのです。

商品の事をわかっていない店員であれば、たくさんある商品の中でお買い得品は、その棚以外には関連商品がないものと決めつけてしまいますし、電話では一番安い商品はいくらと聞いているので、まさか売り場が違うところにあるから誰も気付かないとまでは、想定も出来ませんでした。

チェンソーの使い方は、店員さんに聞き、チェンソー用のオイル・25対1の混合油を買い、伐採しにいきました。その日、たまたまなのですが、隣の敷地は他の会社の駐車場で、車が止まっている事が多かったので、停まっていなかったのす。しかも周りで何人もの年配の方達が、草刈りをしていたのです。

とてもラッキーです。チャンソーの使い方はどうするのかも聞けましたし、木にチェンソーが挟まったので、助けてもらったり、切った木も何センチかにわけて切らないと、軽トラでうまく運べないし、ゴミセンターでは引き取ってくれないと教えてくれました。

bassai-19.7.9.jpg

伐採したり、ゴミセンターに持っていったり、掃除をしたりして6時間かかりました。最後の最後でチェンソーの刃がとれたりして、細かく裁断できませんでしたが、ゴミセンターには軽トラで3回持っていきました。

工務店からは伐採が終わってから内装工事も含めて見積もりがきて見てみると、1本伐採で10500円(税抜き)で14本なので、158760円(税込み)です。6時間の仕事がこの値段です。

値段の決まっていない仕事はすごい商売をしていると勉強になりました。

自然食品・健康食品の場合は、直接メーカーから仕入れるようにしたいのですが、なかには偶然に取材しに行った方の会社の商品を扱っているケースもありました。取材に行ってからは、その方の熱意も知り、すべて扱いたいと思った商品で、販売をしていると、商社から連絡があり、「何社か確認したのですがどこから仕入れているのか?不義理!」などを言われた取引先もありました。

メンバーと取引先とのやり取りで、すべてメンバーに任していましたが、電話をしてみると、うちのメンバーと取引先の認識違いで、お互いそう聞いてます。言ってます。などがあり、話がかみあっていなかったのです。結局はそれから何もなく終わったのです。

他にも取引会社の中には、直接メーカーと扱わしてほしいと何度も言っても、断る会社もあります。いくら取引量が増えても、何も変わらないのです。逆に間を挟むと、話がややこしくなる事や伝わってこない事はあります。だから取引したいと言ってもダメなのです。

金曜日に社内で勉強会をした時に、「お客様を育てる」というテーマで話をしました。そこで「生活の一部と思ってもらう!その商品がないと困る」などの意見が出ました。私達の方針は何かに依存せずに、私達が発行する希輝通信(きららつうしん)ニュースレターで勉強をしてもらい、体を良くするための商品と思い、買い続ける事から、いつかはそれがなくても健康を保てる術を知り、生活習慣を見直してもらい、自立してもらう事なのです。

そんな話をすると、売り上げが落ちると思うのですが、それで経営は大丈夫なのですか?と、意見がでたので、私達の仕事は、困っている方に光をあらゆる方面からさし、少しでも希望を持ってもらい、そこで体の状態が良くなり、健康になり、商品が必要になくなり、その対応してきた結果で、また紹介してもらえたり、何かあった時に思い出してくれたら良いと伝えたのです。私達の仕事はお客さんが良い方向に自立して進んで行くためのサポートをすれば良いと伝えました。

だが、商売がからむと、なかなか独り立ちを許さず、離さず、囲い込もうとします。

どんな業界にでもしがらみやルールがあります。だが、常にサービス・価格は見直し、選んで頂く事が企業努力ですし、お客さんが病気を克服する事と私達が企業として成長を続けるのと同じと話をして、常に前を向き、問題を改善する為に実行する事が大事と勉強会では伝える事が出来ました。

今週は認識の違いにより、全く違う結果になる事もあり、良い経験が出来ました。しかも偶然に良い事もあり、決済も無事に終わり、きららリハビリ訪問看護の新しい事務所にする予定です。それと、ピラティスを勉強しているので、2階で体のメンテナスや気軽に使ってもらえるトレーニングルームに出来たらと考えています。

私がこのように自分の体のメンテナンスをするようになったのも、癒手道の樋渡先生との出会いがあったおかげです。きらら通信 2019年3月号(第15号)に掲載しています。

坂井 正典

最終更新:2019/07/16 14:48

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

フリーページ