【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/06/22 17:28

こんにちは!ジュエリーリペアです!

6月も後半、例年よりも遅めの梅雨入りとなりましたね。
ジメジメと嫌~な雨ばかりで、何となく気分が落ち込んでしまうこの頃です。

今回は、アクセサリーとは関係のない話題です。
雨にまつわる話を色々と調べていたら、面白い話を見付けたのでご紹介しますね。



突然ですが、あなたの周りに「雨男・雨女」と呼ばれる人はいますか?


そもそも、今の時期は特に雨の多い季節ではありますが、
大事なイベントがある時はやけにいつも雨が降っていたりして、
「もしかして自分は雨男(雨女)なのかも」
と自覚のある方も中には居るのではないでしょうか。


「確証バイアス」って聞いたことありませんか?
人は1度思い込んでしまうと、その仮説を肯定する情報ばかりを極端に集めてしまうことがあるようですが、
その傾向を心理学で「確証バイアス」と言うそうです。

日本の年間降水日数は100日程度なので、単純計算すると3日のうち1日は雨ということになります。
つまりは雨男雨女も、科学的根拠のない思い込みの可能性が高いということですね。


うってかわって、スピリチュアルな話になりますが、
雨男雨女は「龍神様」に守られている…という説もあります。
古来より龍神様とは、雨を操り乾いた土地に雨をもたらす神聖な存在とされており、
その昔、人々が毎年の豊作を願い龍神様に祈りを捧げていたそうです。
どうでしょう?雨女雨男が、実は縁起の良い存在なのではないかという気がしてきませんか?

ちなみに晴れ男晴れ女には「天狗・稲荷」系の神様がついているとか…。
信じるか信じないかはあなた次第ですが…。


また、「恵みの雨」というように、そもそも雨は無くてはならないもの。
日本には雨の呼び方が異なる地域があるようで、呼称によって雨への感謝の気持ちを窺い知ることが出来ます。
例えば、宮城県の石巻市の人々は、にわか雨や夕立のことを「御雷様雨(おらいさまあめ)」と、
秋田県では日照りが続いた後に降る雨のことを「宝雨(たからーめ)」と呼ぶそう。

今年、西日本では梅雨入りが記録的に遅れ、九州北部では水不足による暮らしへの影響に懸念する声が出ているようです。
これ以上深刻な事態にならないことを願うのと同時に、ふと思いました。
「雨男雨女ってこんな時に役に立つのでは…?」と。


事実、巷には「日本雨女雨男協会」という団体が存在しており、
世界の砂漠化、日本の渇水問題、大きな社会課題を前に、雨男雨女が集結し、
雨が不足している地域に雨を降らそうという活動を行っているとのこと。
実際に降雨量が少ない地域に出向いて、雨乞いの活動をしています。(※実績は不明)


これで、雨男雨女がいかに優れた存在であるということをお分かりいただけましたでしょうか?


最後に、雨男か雨女か判定してくれる面白いアプリをご紹介します。
その名も「rainy」
位置情報を設定するだけで、スマホのGPS機能と気象庁公開の降雨量をもとに「あなたの降水確率」を割り出し、
雨男・雨女かどうか分析してくれるアプリです。

こちらのアプリを使って、雨男雨女のレッテルを払拭して頂くのも良いですが、思い込みを確証に変えて頂くのもまた一つ。


だって、自分が知らぬ間に環境問題に貢献している可能性があるだなんて、何だか誇らしい気分になるじゃあないですか…。



☆おしまい☆

メルマガを購読

最終更新:2019/06/22 18:20

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。