【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2021/03/12 09:00

仙台城大手門から大橋を渡り、坂道から上りきったところまでが大町頭(おおまちがしら)。幕末に描かれた「安政補正改革仙府絵図」を見ると、三澤信濃や大内縫などの伊達家重臣屋敷が置かれた侍丁だった。
その東側は御譜代町の大町で、この道は仙台城下の東西を結ぶ基幹道路だったことが分かる。辻標には「明治9年、仙台初の博覧会(宮城博覧会)がこの地で開催され、明治天皇が臨遊された。」と記される。

河北_仙臺クロニクル_5-1.jpg

(河北新報夕刊「仙臺クロニクル 古地図と古写真で観る、原風景。」2020年11月24日掲載)


本コーナーで紹介する『1928/昭和3年 仙台市全図』は、仙台市が長町や原町、南小泉を編入した記念すべき年に発刊された地図です。仙石線全線開通、東北産業博覧会開催なども描かれた古地図楽天市場で好評取扱中。
詳細はコチラよりご覧ください。


四つ葉河北新報 夕刊 連載中『仙臺クロニクル 古地図と古写真で観る、原風景。』とは…
風の時編集部の協力により、1928(昭和3)年に発行された地図と、昭和初期の写真で、当時の仙台を観て知るシリーズです。
仙台の原風景をお楽しみください。

最終更新:2021/03/12 12:34

ページ上部へ

カレンダー

2021年3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2022年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2021年
2020年