【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2021/03/02 09:00

仙台城下における奥州街道沿いの町人町として、国分町は大町とともに商業の中心として栄えたが、東一番丁の躍進により、金融のまちへと変化していった。
その後、東一番丁や虎屋横丁、稲荷小路などの盛り場が移り、国分町は歓楽街へと変貌を遂げた。

河北_仙臺クロニクル_4-2.jpg

(河北新報夕刊「仙臺クロニクル 古地図と古写真で観る、原風景。」2020年11月10日掲載)


『安政補正改革仙府絵図(令和版)1856(安政3)年-1859(安政6)年』。藩政期に描かれた最後の仙台城下絵図である「安政補正改革仙府絵圖」は、戦災で失われ、現存する資料は黒白の写しのみでしたが、関連資料から厚綿広至氏が新たに再現したのが本絵図です。最大の魅力は“読める絵図”であること。約160年前に描かれた安政時代の古絵図が、新たに文字化・着色され、令和時代によみがえりました。市内主要書店や楽天市場で好評取扱中。詳細はコチラよりご覧ください。


四つ葉河北新報 夕刊 連載中『仙臺クロニクル 古地図と古写真で観る、原風景。』とは…
風の時編集部の協力により、1928(昭和3)年に発行された地図と、昭和初期の写真で、当時の仙台を観て知るシリーズです。
仙台の原風景をお楽しみください。

最終更新:2021/03/02 09:01

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2021年3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月