【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2015/01/26 17:10







小豆粥で初春を祝う会 つづき です



福茶と祝菓子を頂き ほっと一息ついたところ

床の間を見ると 大きな掛け軸 達磨大師が描かれていました

脇にはお正月のお花が活けてあります



別の柱には

CIMG5548.JPG

お庭の花が

さりげなく あちらこちらに おもてなしの心が溢れています



日本っていいなさくら ってホンワカ気分のところで

小豆粥の用意が出来たようです

名前を呼ばれ 奥の書院に行き 席につきます

ノート食事五観文

禅寺では食事の前に『般若心経』と『食事五観文』などを唱えて

自分を戒め、万物に感謝の気持ちを表します。

この『食事五観文』は食事に対する心がけや作法について

厳しくも解りやすく解かれたものです

1.一つには、功の多少を計り、彼の来処を量る

2.二つには、己が徳行の全欠をはかって供に応ず

3.三つには、心を防ぎ、過貪等(とがとんとう)を離るるを宗とす

4.四つには、正に良薬を事とするは、形枯(ぎょうこ)を療ぜんが為なり

5.五つには、道行を成ぜんが為に、将にこの食をうくべし



解ります?


1.食事はいかに多くの人の手数と労力が費やされているか

その苦労を思い、天地自然の恩恵を忘れてはならない

2.自分の人格の完成を目指し、また自分の務めを成し遂げる為に食事をする

3.食べ物に対し不平不満を抱かず、飲み過ぎ、食べ過ぎの貪る心を起こさないよう

食事は心の修行である

4.食事は、飢えや乾きをいやし、心身の枯死を免れる良薬と思って

決しておろそかに食べないという心、平和な心持ちで食する

5.人として正しく生きることを成就するための食事であることに対し

反省と感謝の心を持ち、新たな誓いを心に持ち行うこと



おかげさまで ありがとう の気持ちでいただきます



そして 『さばの儀式』

自分の受けた食の中から 少しだけ(米粒7つ程) さば(生飯・施食)を 

さば器 という木で出来たちりとり型の物に 箸で移します


後で ご住職が 庭の木々に供え 小鳥や小動物に施す といった儀式だそうです


写真は、儀式の後 ちょっとお箸が汚れています



CIMG5549 600.jpg



小豆粥は薄味に炊いてあるので (向こう側にちょっと隠れていますが)

紫蘇味のひじきを混ぜていただきます

青菜の胡麻和え 香の物 昆布の揚げたもの

しっかり時間を掛けて作られた大根とおあげに山椒の粉 ふっくらとした黒豆

精進料理って パッと見 少ないように見えますが いつ頂いても 心もお腹も満たされます赤ハート




今週 土曜日 31日まで開催されています

お時間有る方は、是非お出かけ下さいませ

京都市右京区花園妙心寺山内

東林院



















最終更新:2015/01/26 17:10

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月