【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/11/23 07:10

勤労感謝の日だから、ちょこっとだけ職人さんと工場のお話。

rasoxがつくられている、靴下産地 奈良県広陵町。
そこで、1足づつ丁寧に長い工程を経てつくられています。

ラソックス用のにプログラムされて機械で約5分、筒状に編み上げていきます。

一旦ここで検品作業…
傷の見落とし、製品の伸び口ゴムのゴム糸の平均はどうか、
全体の不揃いはないか確認。をするそうです。

その後、スチームでカタチを整えもう一度検品。

足底の転写シールも1足づつアイロンをかけ、

ここで検査に入り、タグ付け等の包装をして

最後検針器に通して商品となるそうです。

L字型のrasoxは通常の靴下より約2倍の手間と糸を使ってつくられています。

日本の職人さんが丁寧に丹精込めて作り上げたラソックスの靴下。

機械を動かせる職人さんも減ってきているというお話です。

何かを作る簡単な様で難しい。

勤労感謝の日だから、今持っているものを作ってくれた人にちょっと感謝したいと思いました。




最終更新:2016/11/23 07:11

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム