【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
愛媛から美味しいみかんやくだものをお届けする愛媛みかんの「のま果樹園」店長の日記です。

フェイスブックはこちら 送料無料

2005/11/10 00:00



冬はこたつで愛媛みかん!


皆さんも冬場にみかんにまつわる思い出がたくさんあるはず。

先日、当店のメルマガにて募集した皆さんの「みかんの思い出」をご紹介!
そこには家族や知人、いろんな人との思い出がいっぱいです♪






私は愛媛で育ったので冬は毎日10個位食べていたと思います。

年頃になると手や爪が真っ黄色になるのがイヤでみかんをむく時はティッシュでみかんをくるんでむくようにしていました。

今でもそれは続いていて人前だと神経質に思われそうで自宅以外ではみかんを食べることはありませんでした。

去年久しぶりに手でそのままむいたら案外すんなりと食べることが出来て何か解き放たれたような気分を感じました。

今年からはそのままむいて食べれるかもしれないなぁと思います。

真夏の白雪姫さん




みかんといえば、愛媛出身の友人が皮ごと半分に割って食べるのが正式なみかんの食べ方だと教えてくれました。

半信半疑???

またみかんは投げたり揉んだりすることで甘みが増すそうで、私も試してみましたが、確かに甘い気がします。

ちなみにダイエットしたいともらしたら、りんごダイエットならぬ、みかんダイエットがあるとかで、無類の果物好きの私は一時期ごはん変わりにみかんを食べていましたら、手が黄色くなった覚えがあります。

気のせいだったのかな~?

ともかくその友人にはいろいろな意味で影響を受けました。
ありがとう、友よ。

そらさん



愛媛といったらみかんですよね。
子供の頃暖かい部屋でコタツにはいって【みかん】を食べる。

ある冬の日 そとは雪 『そうだみかんを凍らせよう』と雪降る外へボールを投げるように転がしそろそろ食べごろと外へでるとみかんが?・・・・無い
どこにも無い・・・・・???

雪が、容赦なく降り何年ぶりかの大雪でみかんは隠され食べれなかった。
数日ご忘れられたみかんは姿を現したけど鳥のえさ・・・ショックでした。

それからは、ばかなことをせず目印をして雪のなかに隠してました。(反省して無い)

後はお手玉で遊んだみかんは転がしまくっておいしくない生ぬるいジュースになってしまった。

いっこちゃんさん



子供の頃、姉はこたつの上に置かれたみかんの山を、毎日一人で食べ、冬はいつも黄色い手をしていました。


私の「みかんの思い出」お話いたしましょう。

みかんといえば、皮を剥くとき、手や指先が黄色くなったり、果汁がピッて飛ぶときがありますよね。
その果汁が目の中に入ったとき、これがまた、すっごい痛い。
「ひゃ~!沁みる~!」目をしばしばさせて、ギュッと堪えます。

自分で剥いたときだったら、まだいいのですが、家族からの攻撃(?)を受けたとき、なぜか許せんのです。
「お返しじゃ!」皮を絞って反撃に出ます。

子供の頃、コタツの周りでばたばたと大騒ぎし、よく叱られたっけ。
襖や障子に果汁が飛び散って、黄色く染めてしまったときには、思いっきりゲンコツをおみまいされちゃいました。
目も痛いが頭も痛い、でも、なんだか楽しかったなあ。

わんちょんさん




小さい頃、私が食後のみかんを取りに行く係りでした。(正確に言えば自分が食べたいからみんなの分も一緒に持ってくるのですが・・・。)

みかんが置いてあるのは寒~い二階の廊下の突き当たり。
そこでおいしそうなみかんを見繕って、はんてんの袖に入れてみたり服をめくってお腹のところに入れてみたりして、両手に持ちきれないみかんを運ぶのはみんなも喜んでくれるしとっても楽しかったです。

もっと幸せなのは一人2つの計算で持ってきたみかんの余った分をもらって食べることです。今にして思えば子供らしい喜びですね。

とまとんちゃんさん


昔、むかしの事です。

小学校の運動会は毎年、昼食は校庭にござをひいて、家族で食べました。
その時には必ず青いみかんと栗がありました。すっぱくて、少しだけ甘い
みかんの味が今でも忘れられません。

昨今はみかんも甘くておいしくなってしまいましたが、私はなぜか、出始めのあの酸っぱいみかんが、大好きです。遠足の時も必ずお弁当と一緒にみかんが入っていました。

今は亡き母が、お正月に箱で買うみかんがコタツの中で兄弟で競争し合って、食べあい、箱がすぐ空になった頃が良かったし、懐かしいと言うのが口癖でした。

ちなに女4人、男1人の兄弟でした。



みかんの色のような暖かな思い出

冬になると、いつも思い出す人がいます。それは、松山市に住んでいた野口さんというご夫妻です。

野口さんご夫妻は、母のお友達でした。毎年みかんが出る頃になると、ダンボール一杯のみかんを何度か送ってくださっていました。

箱を開けると、みかんの良い香りが野口さんご夫妻の温かなお気持ちと共に、心までをも包んでくれました。それは、みかんの暖かな色にも似て、見ただけでもホンワカとした安らぎを与えてくれました。

愛媛みかんは、皮が薄くて甘みも強く、一口食べただけでも果汁がジュワーと口の中一杯に広がり、幸せを感じた物でした。食べ終えますと、皮はお風呂に入れてゆったりと香りを楽しんでいました。

そのように、毎年愛媛の香りを届けてくださっていました野口さんご夫妻も、数年前にお二人とも他界されました。亡くなってからは、みかんを送ってくださる方もいなくなりました。

今では、みかんの季節になりますと、自分で買って、仏様に野口さんご夫妻への感謝と共にお供えをしています。

うららさん



結婚して何年目かにやっと授かった子供、でも、つわりがひどくて何も口にすることが出来なくて不安でいっぱいでした。

何気なく口にした「みかんが食べたい」の、一言で主人が街中探して買って来てくれた酸っぱくて青いみかん、涙と汗を拭きながら・・・おいしかった!

そのせいか生まれた娘は大のみかん好き、美味しそうに食べてる姿を見ながら微笑んでる私です。


みかんの思い出、私にもあります。

中学生のころ1日で1箱(10キロ?)ペロッと食べて怒られたことがありました。
いつも手・足の裏、真っ黄色状態。
「何でそんなに黄色くなるまで食べるの!!」とよく怒られました。

友達とジャンケンする時にその黄色さが恥ずかしくて、出来るだけてのひらは見えないようにして出していたことを思い出します。ホントに黄色かったなぁ。

さすがに今は、それほど黄色くなるまで食べませんが、あっ!でもやっぱり他人と比べると黄色いかも~。

あのころに比べると量は減ったけど世間一般の人(私も世間一般人ですけど)と比べるとやっぱり食べ過ぎかも?

レジでおつりをもらう時にハッ!とすることが今でも時々あるなぁ。
あれっ!やっぱり食べすぎ?もしくは黄色くなりやすい?どうなんでしょう?
こんな経験ないですか?


「みかんの思い出」といえば・・・

お正月休みに主人と実家へ帰ったときのお話です。

テーブルの上にみかんが3~4個置いてありました。

テレビを観ている主人に
『ワンコにみかん食べられないようにみはっててね!』と言い私は席を外しました。

私が戻ってきたらビックリなことが!!!!

『さ~~てと♪みかんでも食べようかな~』なんて思ったら

『ない!!!!!!!!!!!』

主人に『食べた??』って聞いたら食べてないとのこと・・・

『ん???』

何かワンコが逃げた・・・

そうなんです・・・
ワンコの仕業でした・・・

よく見るとみかんの皮が畳の上に散乱していました。

主人は集中するとまわりが見えないタイプなので席を外すのは不安だったのですが不安的中でした!

『もう!!しっかりしてよ!!』って感じでした。

takushin☆♪さん




以上、「みかんの思い出」を送って下さった皆さん、どうもありがとうございました。

みかんには、家族や友人、知人の方とのあたたかい思い出がいっぱい!

思えば「みかんを囲んでコタツで団らん」という風景も、昔に比べると減って来ているかも知れませんね。

のま果樹園でもおいしいだけでなく、人と人との思い出づくりのお手伝いをできるような、そんなみかんをお届けできればと思っています。

皆さんも、何か「みかんの思い出」がありましたら是非お寄せ下さい。
のま果樹園のメールマガジンで紹介させて頂きます。

あて先はこちら→dai_ochi@kajuen.co.jp
>>現在お取扱い中の愛媛みかんはこちらからどうぞ


最終更新:2005/11/10 19:07

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2005/11/10 00:00


こんにちは、のま果樹園・楽天市場店担当の越智です。

今回から日記のようなものを書いてみる事になりました。
のま果樹園って何?って方はこちらをどうぞ。


まずはのま果樹園のメルマガでも先日書きましたが、
先月に愛媛県が誇る「愛媛みかん」の一大産地
八幡浜(やわたはま)」に行って来ました!


八幡浜0004.jpg

↑生産者の方に話を聞く池田店長。

こちらでは「減農薬」(農薬をあまり使わない)でみかんを育てており、
肥料のやり方ややる時期、そしておいしいみかんを育てるために、
どうすればいいのか日々研究の毎日だそうです。


八幡浜0003.jpg

八幡浜は、海に面してみかん山もたくさん!
日当たりが良く、そして海からの風も吹きつけるため、
みかん作りには最適な土地なんです。


八幡浜0007.jpg

このような段々畑もいたるところにありました。
満遍なく、どの樹も日の光を浴びて元気いっぱいの
甘くておいしいみかんがいっぱい♪

でも、こんな斜面で毎日作業する事を思うと
ゾッとしますよね。
この日は割と暖かく、ちょっと登っただけでも
汗が噴き出して来ることに・・・。


八幡浜0019.jpg

こちらは別の山なんですが、
中にはこういった石垣を積んでいるところもあって、
初めは何もなかった山に、みかんをつくるために
重たい石をたくさん運んで来たんだとか。

うーん、想像しただけでも気が遠くなるような話ですね。


八幡浜1.jpg

色々回っているうちに日も暮れて、夕日を浴びるみかんの樹。
この日は八幡浜に一泊して、次の日に備える事に。


八幡浜0074.jpg

そして次の日。
海に面したこちらの山は
いよかん」の日本一の大産地、
愛媛の「松山市」です。


八幡浜0081.jpg

こちらの山にはいろんな樹が植えてあり、
「温州みかん」「いよかん」「デコポン」に「清見タンゴール」まで!
こちらも「減農薬」(農薬をあまり使わない)栽培のため、
防虫、除草など大変そうでした。


八幡浜0090.jpg

ここで問題!この果実が何だかわかりますか?






正解は今や全国で大人気の「デコポン」。
まだまだ果実は緑色で、お届けできるのは来年の春先。

甘くておいしいデコポンを食べられるのが
今から楽しみですね。


さて、今回の八幡浜のレポートはこれにて終了です。
また何かあれば、こちらで紹介するのでお楽しみに!

最終更新:2005/11/10 15:16

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年