【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
愛媛から美味しいみかんやくだものをお届けする愛媛みかんの「のま果樹園」店長の日記です。

フェイスブックはこちら 送料無料

2005/11/11 00:00



前回の記事で文字数オーバーで書ききれなかった分で、今回はPart2です

先日、当店のメルマガにて募集した皆さんの「みかんの思い出」をご紹介!
そこには家族や知人、いろんな人との思い出がいっぱいです♪



子供の頃、冬になると親はミカンをたぶん5キロだと思うのですが、まとめて買っていて、ダンボールに入れたミカンが配達されてたのです。

で、おやつといってもお菓子もお腹いっぱい食べさせてくれなかったので(今思えばたぶん親の教育方針で、虫歯にならないようなどの配慮だったと思うのです。おまけに、今のように虫歯になりにくい・でも美味しいというお菓子は皆無に等しかったし)妹とこたつに入りながら、ついミカンに手を伸ばし気がついたら、半分以上二人で食べてしまった事がありました…。

それも1日で、というより1,2時間の短い間に!!

もちろん怒られたのは言うまでもなく…プラス手のひらがすごく黄色くなりました。
ミカンの思い出というより、食い意地の思い出ですね…汗

yannさん


みかんの思い出・・・

子供の頃・・・冬はいつでも箱買いしていたので居間の隅にありました。
腐ったのがないか・・・調べるのが私のお仕事でしたね。

何度もひっくり返しては~~また直して・・・ばかりするので、よく怒られていましたっけ。よけい腐るぞ~~~~!!ってね。
コタツの上にいっぱい広げて、黄色くなるほど食べました。
兄と競争して食べて・・・コタツの上がみかんの汁でいっぱい!になってました。

はるはるままんさん

子どもの頃、おふろでみかんを食べるのが好きでした。
皮は湯船に浮かべて入浴剤代わりにしていました。
弟と、皮をどちら側から剥くのがおいしいかでけんかしていました。


私がまだ、小学3,4年生の頃、一日にみかんを20~25こ食べて怒られたことがあります。

それから、数十年、私の娘(当時4,5歳)が私の記録を更新しました。気が付くと約30個食べていました。

怒るどころか唖然としてしまい、笑ってしまいました。おなかをこわさないか心配でしたが、本人はいたって元気でした。
もっと食べたいっと騒いでいました。

その子は今、8歳で、これからの時期みんなに「みかん星人」と呼ばれます。

たぬぽんのははさん


私のみかんの思い出は、小さい頃みかんはお正月に木箱のみかんを親が買ってきたのを
思い出します。

木箱のふたを開けてもらって中のみかんが出てくるとみかんの香りが家中に広がって何とも言えませんでした。生活もそんなに裕福でなかったし、みかんも今のように何時でもありませんでしたので、本当に楽しみでした。

食べた後のみかん箱は子供達の 机代わりに使っていたのを、思い出します。

チーちゃんさん


私の亡くなった親爺が大変に蜜柑が好きで正月になると、木箱の這入った蜜柑全部を買い、殆ど一人で食べた事、お袋に身体を痛めると叱られいたのが、遠い昔のことですが、生前の親爺よりも老年になりました私ですが、今でも懐かしく思い出します。
勿論私も好きですので、食べましたよ。

かなやんさん


子供の頃、冬になるとこたつの上には必ず、丸カゴに盛られたみかんがありました。

テレビを見ながら家族で、一つ二つ…カゴの中が減ってくると慎重になります。

最後の1個を食べた人はこたつを出て、みかんの補充にさむーい寒い納戸まで行かなければならないからです!

父は特別免除なので、母と私、弟二人でけん制しあいです。

しかし、みかんの誘惑に一番弱いわたしが結局行くことになるんですよね…(笑)

今はマンション暮らしで、暖房もいろいろあって、息が白くなるほど寒いってことがないです。

こたつだけは設置していますが、こたつのない家庭も多いですね。

納戸からひーひー言いながら戻ったあと感じる、こたつのじんわりとした暖かさと補充されたみかんの冷たさ…なんだかとっても懐かしいです。

みかんばばぁさん


私のみかんの思い出は、毎年季節になるとおばあちゃんとかいろんなところから箱でおみかんをいただいて毎日毎日食べていたので、冬の間中、家族みんなの手が黄色かったことを覚えています。

皮は干してお風呂に入れていました。

当たり前のように、季節になると大量にあったおみかん。
なんて贅沢だったのかなと家を出て主婦になった今、とても懐かしく思います。

こたつで、家族で食べるおみかんは定番ですがいつもほっとする時間ですね。


こんばんわ!みかんの思い出といえば、確かに小さい頃はこたつにおいてありましたが、今はないですよね。

私の中での思い出というと、私が幼少の頃に風邪をひき、薬(液状)が本当にまずかったのです。
一口飲むだけで吐き出してしまうほどだったのです。

そこで母はなんとか薬を飲ませようと考えたのが、みかんをジュースにして、
薬に混ぜてくれたのを覚えています、小さいときながらに母の愛をしっかり感じていました。
「ああ~お母さんは何でもできるんだな」と思いました。
ただジューサーに入れただけなのに(笑)

でもそういったひと手間に、子供はしっかりと親の愛情を、受けるんだと思うんですよね。

あとはみかんをむき二つ取り出し、兄と「たらこ唇ーーーー」とかやっていましたね。(笑)馬鹿兄弟ですね・・・


子供の頃、お正月前になると父が箱入りみかんを注文していました。
でもなぜか、父の好みで、すごく大粒のみかんと決まっていました。
大きいのは、味が大味でほんとはいやでした。
小さいのがいいと頼んだこともあったけど、無視。

さて、そのやたら大きなみかんを箱から出して、家族の人数で分け、廊下に並べるのが決まりでした。
自分の列から取ってきては食べるわけです。

ま、箱から出して並べるのは、腐るのを防止のためでもあったんでしょう。
当時、暖房は、火鉢だけで、廊下は寒かったですから・・

tyutaさん

青いみかんを見ると、小学校の運動会で家族でお昼のお弁当を食べた後にチョットすっぱいのをほおばっていたのがいつもの我が家の定番でした。

cheeseさん


こたつでおばあちゃんと、私と、2歳の子供3人でみかんを食べてました。

子供に綺麗に剥いてお皿に乗せてました。「みかん、みかん」せかされながら夢中で剥いてたら、子供が泣き出したのです。
「そんなに早く食べないでママが忙しいでしょ」

凄い食欲と思いながら、・・・・「ギャー」真っ赤な顔してこたつをバンバン打ち鳴らしたのです。
理由が解りました。

痴呆のおばあちゃんが、子供より早く手を出して食べてしまってたのでした。
全く子供より始末が悪いと腹の中で思いましたが、「おばあちゃん、雄太に上げてね」
と言うと「うん」うなずく、「はい雄太どうぞ」

でも直ぐ手が出ない雄太、おばあちゃんの顔見ながら「これ雄太の?」と、おばあちゃん食べたい為手が直ぐ其処まで伸びてる。でも奇跡です。


おばあちゃんが雄太の手に渡したのです。
その瞬間のおばあちゃんの得意そうな顔と、雄太の嬉しそうな顔が、みかんを見る度に思い出します。

今日は老人ホームに入ってしまったおばあちゃんに、みかんを持って会いに行ってきました。


結婚以来・・・毎年「伊豆」へミカン狩りへ出かけていた
チビが生まれ、しばし行けない時期があった
やっと歩き始め、ミカンの山も登れるようになり自分でむいて食べてくれるようになったので久しぶりに恒例のミカン狩りへ出かけた

いつもの「おばぁちゃん」が忘れずに待っていてくれた

が!!何だか山が荒れている??
「最近近くに「猿の公演」をやる所が出来て、野生の猿まで集まってきて悪さをする」と言う

それでも・・・久々だし、せっかく来たのだから!!と山に登ったが最盛期にもかかわらず木にミカンの陰すら見えない??

やっと見つけて取ろうとしたら・・・横から・・・何かが??サ~ッと現れてサササッと、その貴重なミカンを取っていってしまった

「何?今の??」

よく見ると・・・それは、とても・・・デカい猿!!なのだ!!

まだまだ小さかったチビもいる
山の上では自由もきかない
恐ろしくなって・・・そそくさと降りてきた私たち

「もう、このミカン山も終わりかも??」と寂しそうに言った「おばぁちゃん」

私たちは翌年から違うみかん園へ通い、その山は・・・今はパチンコ屋や駐車場に変わってしまった(>_<)

スイマーの母さん


結婚して間もない頃、風邪を引いて寝込んでしまいました。

するとダンナが「ビタミンC補給しなきゃな」と言ってみかんを買って来てくれました。
いつもはあまり心配してくれないのに、その時はさすがにちょっと心配してくれたようです。
あの時のみかんの味は今でも忘れません。

みかんを食べる度にダンナの優しさを思い出します。
(今も優しいですけどね)

みっちゃん5053さん

私のみかんの思い出は中学・高校でのお弁当だった6年間です。

毎日母はどんな日も6時に起きてお弁当を作ってくれていました。
その中に必ず1個のみかんがお弁当袋の中に入っていました。

部活をして疲れて風邪をひかない、丈夫な体のためにと毎日必ず入っていました。

みかんを見ると母の優しさを思い出します。

じゅんとらさん


わたしのみかんの思い出は、亡くなった祖母に直結します。

私はみかんの皮を剥くのが大嫌いでした。
白いところが爪の先につまるのが無性にイヤだったんです。
それで祖母が生きていた頃(すでに私は大人になっていましたが)は、必ず「いい歳して・・」と言う祖母の小言を聞きながら剥いてもらっていました。

だから、かもしれませんが「みかん」を見ると小さな少しぽっちゃりした祖母の手を思い出します。


りきさん


こんにちは。

みかんの思い出は、一時期、みかんが食べれなくなりました。

それは、コーヒーです。
コーヒーを飲んだ後では、どんな甘いみかんでも、苦くなってしまい、一時は本当にみかんを食べなくなりました。

未だに、コーヒーとみかんの関係はわかりませんが、必ずコーヒーの後のみかんは食べないようにしています。




皆さんも、何か「みかんの思い出」がありましたら是非お寄せ下さい。
あて先はこちら→dai_ochi@kajuen.co.jp
>>現在お取扱い中の愛媛みかんはこちらからどうぞ

最終更新:2005/11/11 09:35

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2005/11/10 00:00



冬はこたつで愛媛みかん!


皆さんも冬場にみかんにまつわる思い出がたくさんあるはず。

先日、当店のメルマガにて募集した皆さんの「みかんの思い出」をご紹介!
そこには家族や知人、いろんな人との思い出がいっぱいです♪






私は愛媛で育ったので冬は毎日10個位食べていたと思います。

年頃になると手や爪が真っ黄色になるのがイヤでみかんをむく時はティッシュでみかんをくるんでむくようにしていました。

今でもそれは続いていて人前だと神経質に思われそうで自宅以外ではみかんを食べることはありませんでした。

去年久しぶりに手でそのままむいたら案外すんなりと食べることが出来て何か解き放たれたような気分を感じました。

今年からはそのままむいて食べれるかもしれないなぁと思います。

真夏の白雪姫さん




みかんといえば、愛媛出身の友人が皮ごと半分に割って食べるのが正式なみかんの食べ方だと教えてくれました。

半信半疑???

またみかんは投げたり揉んだりすることで甘みが増すそうで、私も試してみましたが、確かに甘い気がします。

ちなみにダイエットしたいともらしたら、りんごダイエットならぬ、みかんダイエットがあるとかで、無類の果物好きの私は一時期ごはん変わりにみかんを食べていましたら、手が黄色くなった覚えがあります。

気のせいだったのかな~?

ともかくその友人にはいろいろな意味で影響を受けました。
ありがとう、友よ。

そらさん



愛媛といったらみかんですよね。
子供の頃暖かい部屋でコタツにはいって【みかん】を食べる。

ある冬の日 そとは雪 『そうだみかんを凍らせよう』と雪降る外へボールを投げるように転がしそろそろ食べごろと外へでるとみかんが?・・・・無い
どこにも無い・・・・・???

雪が、容赦なく降り何年ぶりかの大雪でみかんは隠され食べれなかった。
数日ご忘れられたみかんは姿を現したけど鳥のえさ・・・ショックでした。

それからは、ばかなことをせず目印をして雪のなかに隠してました。(反省して無い)

後はお手玉で遊んだみかんは転がしまくっておいしくない生ぬるいジュースになってしまった。

いっこちゃんさん



子供の頃、姉はこたつの上に置かれたみかんの山を、毎日一人で食べ、冬はいつも黄色い手をしていました。


私の「みかんの思い出」お話いたしましょう。

みかんといえば、皮を剥くとき、手や指先が黄色くなったり、果汁がピッて飛ぶときがありますよね。
その果汁が目の中に入ったとき、これがまた、すっごい痛い。
「ひゃ~!沁みる~!」目をしばしばさせて、ギュッと堪えます。

自分で剥いたときだったら、まだいいのですが、家族からの攻撃(?)を受けたとき、なぜか許せんのです。
「お返しじゃ!」皮を絞って反撃に出ます。

子供の頃、コタツの周りでばたばたと大騒ぎし、よく叱られたっけ。
襖や障子に果汁が飛び散って、黄色く染めてしまったときには、思いっきりゲンコツをおみまいされちゃいました。
目も痛いが頭も痛い、でも、なんだか楽しかったなあ。

わんちょんさん




小さい頃、私が食後のみかんを取りに行く係りでした。(正確に言えば自分が食べたいからみんなの分も一緒に持ってくるのですが・・・。)

みかんが置いてあるのは寒~い二階の廊下の突き当たり。
そこでおいしそうなみかんを見繕って、はんてんの袖に入れてみたり服をめくってお腹のところに入れてみたりして、両手に持ちきれないみかんを運ぶのはみんなも喜んでくれるしとっても楽しかったです。

もっと幸せなのは一人2つの計算で持ってきたみかんの余った分をもらって食べることです。今にして思えば子供らしい喜びですね。

とまとんちゃんさん


昔、むかしの事です。

小学校の運動会は毎年、昼食は校庭にござをひいて、家族で食べました。
その時には必ず青いみかんと栗がありました。すっぱくて、少しだけ甘い
みかんの味が今でも忘れられません。

昨今はみかんも甘くておいしくなってしまいましたが、私はなぜか、出始めのあの酸っぱいみかんが、大好きです。遠足の時も必ずお弁当と一緒にみかんが入っていました。

今は亡き母が、お正月に箱で買うみかんがコタツの中で兄弟で競争し合って、食べあい、箱がすぐ空になった頃が良かったし、懐かしいと言うのが口癖でした。

ちなに女4人、男1人の兄弟でした。



みかんの色のような暖かな思い出

冬になると、いつも思い出す人がいます。それは、松山市に住んでいた野口さんというご夫妻です。

野口さんご夫妻は、母のお友達でした。毎年みかんが出る頃になると、ダンボール一杯のみかんを何度か送ってくださっていました。

箱を開けると、みかんの良い香りが野口さんご夫妻の温かなお気持ちと共に、心までをも包んでくれました。それは、みかんの暖かな色にも似て、見ただけでもホンワカとした安らぎを与えてくれました。

愛媛みかんは、皮が薄くて甘みも強く、一口食べただけでも果汁がジュワーと口の中一杯に広がり、幸せを感じた物でした。食べ終えますと、皮はお風呂に入れてゆったりと香りを楽しんでいました。

そのように、毎年愛媛の香りを届けてくださっていました野口さんご夫妻も、数年前にお二人とも他界されました。亡くなってからは、みかんを送ってくださる方もいなくなりました。

今では、みかんの季節になりますと、自分で買って、仏様に野口さんご夫妻への感謝と共にお供えをしています。

うららさん



結婚して何年目かにやっと授かった子供、でも、つわりがひどくて何も口にすることが出来なくて不安でいっぱいでした。

何気なく口にした「みかんが食べたい」の、一言で主人が街中探して買って来てくれた酸っぱくて青いみかん、涙と汗を拭きながら・・・おいしかった!

そのせいか生まれた娘は大のみかん好き、美味しそうに食べてる姿を見ながら微笑んでる私です。


みかんの思い出、私にもあります。

中学生のころ1日で1箱(10キロ?)ペロッと食べて怒られたことがありました。
いつも手・足の裏、真っ黄色状態。
「何でそんなに黄色くなるまで食べるの!!」とよく怒られました。

友達とジャンケンする時にその黄色さが恥ずかしくて、出来るだけてのひらは見えないようにして出していたことを思い出します。ホントに黄色かったなぁ。

さすがに今は、それほど黄色くなるまで食べませんが、あっ!でもやっぱり他人と比べると黄色いかも~。

あのころに比べると量は減ったけど世間一般の人(私も世間一般人ですけど)と比べるとやっぱり食べ過ぎかも?

レジでおつりをもらう時にハッ!とすることが今でも時々あるなぁ。
あれっ!やっぱり食べすぎ?もしくは黄色くなりやすい?どうなんでしょう?
こんな経験ないですか?


「みかんの思い出」といえば・・・

お正月休みに主人と実家へ帰ったときのお話です。

テーブルの上にみかんが3~4個置いてありました。

テレビを観ている主人に
『ワンコにみかん食べられないようにみはっててね!』と言い私は席を外しました。

私が戻ってきたらビックリなことが!!!!

『さ~~てと♪みかんでも食べようかな~』なんて思ったら

『ない!!!!!!!!!!!』

主人に『食べた??』って聞いたら食べてないとのこと・・・

『ん???』

何かワンコが逃げた・・・

そうなんです・・・
ワンコの仕業でした・・・

よく見るとみかんの皮が畳の上に散乱していました。

主人は集中するとまわりが見えないタイプなので席を外すのは不安だったのですが不安的中でした!

『もう!!しっかりしてよ!!』って感じでした。

takushin☆♪さん




以上、「みかんの思い出」を送って下さった皆さん、どうもありがとうございました。

みかんには、家族や友人、知人の方とのあたたかい思い出がいっぱい!

思えば「みかんを囲んでコタツで団らん」という風景も、昔に比べると減って来ているかも知れませんね。

のま果樹園でもおいしいだけでなく、人と人との思い出づくりのお手伝いをできるような、そんなみかんをお届けできればと思っています。

皆さんも、何か「みかんの思い出」がありましたら是非お寄せ下さい。
のま果樹園のメールマガジンで紹介させて頂きます。

あて先はこちら→dai_ochi@kajuen.co.jp
>>現在お取扱い中の愛媛みかんはこちらからどうぞ


最終更新:2005/11/10 19:07

2005/11/10 00:00


こんにちは、のま果樹園・楽天市場店担当の越智です。

今回から日記のようなものを書いてみる事になりました。
のま果樹園って何?って方はこちらをどうぞ。


まずはのま果樹園のメルマガでも先日書きましたが、
先月に愛媛県が誇る「愛媛みかん」の一大産地
八幡浜(やわたはま)」に行って来ました!


八幡浜0004.jpg

↑生産者の方に話を聞く池田店長。

こちらでは「減農薬」(農薬をあまり使わない)でみかんを育てており、
肥料のやり方ややる時期、そしておいしいみかんを育てるために、
どうすればいいのか日々研究の毎日だそうです。


八幡浜0003.jpg

八幡浜は、海に面してみかん山もたくさん!
日当たりが良く、そして海からの風も吹きつけるため、
みかん作りには最適な土地なんです。


八幡浜0007.jpg

このような段々畑もいたるところにありました。
満遍なく、どの樹も日の光を浴びて元気いっぱいの
甘くておいしいみかんがいっぱい♪

でも、こんな斜面で毎日作業する事を思うと
ゾッとしますよね。
この日は割と暖かく、ちょっと登っただけでも
汗が噴き出して来ることに・・・。


八幡浜0019.jpg

こちらは別の山なんですが、
中にはこういった石垣を積んでいるところもあって、
初めは何もなかった山に、みかんをつくるために
重たい石をたくさん運んで来たんだとか。

うーん、想像しただけでも気が遠くなるような話ですね。


八幡浜1.jpg

色々回っているうちに日も暮れて、夕日を浴びるみかんの樹。
この日は八幡浜に一泊して、次の日に備える事に。


八幡浜0074.jpg

そして次の日。
海に面したこちらの山は
いよかん」の日本一の大産地、
愛媛の「松山市」です。


八幡浜0081.jpg

こちらの山にはいろんな樹が植えてあり、
「温州みかん」「いよかん」「デコポン」に「清見タンゴール」まで!
こちらも「減農薬」(農薬をあまり使わない)栽培のため、
防虫、除草など大変そうでした。


八幡浜0090.jpg

ここで問題!この果実が何だかわかりますか?






正解は今や全国で大人気の「デコポン」。
まだまだ果実は緑色で、お届けできるのは来年の春先。

甘くておいしいデコポンを食べられるのが
今から楽しみですね。


さて、今回の八幡浜のレポートはこれにて終了です。
また何かあれば、こちらで紹介するのでお楽しみに!

最終更新:2005/11/10 15:16

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年