【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2020/03/05 12:41


野田さんの温室。ショールームなのですが、例年雛段に置かれたクリスマスローズを見なれているだけに本年は少しイメージが変わっていました。


こちらの列はゴールドダブルの数々、野田さん御自慢のクリスマスローズです。


ゴールドレッドダブル系のなんともいえない花色です。


こちらはゴールドグリーンダブルです。


多弁花のホワイトダブルです。


いろいろと変異が見られる多弁花ホワイトダブル。


ソフトなイメージの多弁花ホワイトダブル。


なんともいえない花色です。


糸ピコイエローダブル。なかなか見られない花です。


こちらも少し趣きの変わった糸ピコイエローダブル


アプリコットゴールドシングル、販売された当時はそれはそれは人気の的でした。


実は最近、椿の苗の販売に力を入れ始めたのですが、調べて行く間にこちらの野田さん、梵天白という椿の銘品を世に出された農園だったのです。おたずねしますと金魚葉椿から突然変異で生まれたとか。今から30年も前のことだったようです。


花をよく見ますと白侘助です。


こちらは少し木が小さいのですが。


花色から見ると数寄屋ではと思うのですが、毎年この季節お訪ねするのですが、ちっとも知らずに恥ずかしい思いがいたします。これからも勉強ですねえ。




最終更新:2020/03/05 12:41

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2020/03/05 11:44


関西では見なれた光景。川といえば石。上流程大きい石が見られ、下流になれば小石から砂というイメージがあります。関東ローム層に被われた東京で、珍しいなあと。この空堀川を見ると京都にいる錯覚と思ってしまいます。


この空堀川の川床はきっと粘土層、関東では荒木田土と呼んでいるのでは。弊園では蓮の蓮根を販売している手前、田土も合わせて販売しています。関東方向の方々もたくさん御購入いただいております。


この粘土層を使って稲作が古代より行われ、田土が出来上がっています。すごく使い慣れた土へと変わっています。花蓮、睡蓮用の土として人気が高いのもうなずけます。


コイが泳いでいます。なかなか見られない光景では。


東京で現代でも田んぼで稲作をしておられるところがあれば、一度見学して見たいと思いながら今日に至っています。昔は花蓮を育てるというと地元の田土を使われたのではと思うのですが、それが本来の荒木田土だったのではと思うのですが、決して粘土ではなかったのではと。




最終更新:2020/03/05 11:44

2020/03/05 10:35


松村さんの温室を見せていただきますと、ミニタイプの良花が目立ちます。原種のもどし交配といったところでしょうか。そんな簡単なことでは無いのでしょうが。


セミダブルの小輪。


レッドシングル系の小輪


イエローシングル系の小輪ミニタイプ。


こちらはジャンボサイズ。庭植え用に目立つ花というコンセプトでの登場。


でかいというイメージ。


とにかくも大きい巨大輪ホワイトダブルです。


ガーデンハイブリッドの斑入りを育てておられます。これはこれでマニアにとって人気です。


多弁花の糸ピコホワイトダブルです。


糸ピコイエローダブル。なかなか無い花です。


少し違った糸ピコイエローグリーンダブル。


ミニタイプのブラック系の小輪ダブル。原種のダブルが現地で発見された当時はこんなのだったのでは。


そのアップ画像です。


こんなにコンパクトに咲いているブロッチのミニ。


レッドゴールドダブルのミニタイプ。


こちらはカラーリーフを使ってのギャザリング。パンジーを使って配色に注意されているのでしょうか。


なかなか意欲的に使っておられるのでは。


糸ピコホワイトダブル、かわいいですねえ。




最終更新:2020/03/05 10:42

ページ上部へ

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年