【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/05/22 16:00

201806_igp6267.jpg 201806_igp6272.jpg
黒土黒釉切立鉢4号と商品名をつけておりますが、高級な粘土である黒土を使用。釉薬も黒釉としておりますが、焼成時に結晶化したのでしょうか? その模様がシブ味のある鉢となっています。
水石の世界で勢田川の「蟹真黒」といわれる模様とよく似ており、なかなか味わいのある鉢です。
201806_igp6274.jpg 201806_igp6279.jpg
黒泥大深(B)5号
粘土に長石の混入が見られ、山野草鉢の流れをくんだ鉢です。おそらくは「手ロクロ」で作られ、あとは表面をヘラで削られたのではと思われます。
白釉ひねり浅鉢 6号
山野草鉢あるいは盆栽鉢として作られたものなのか。信楽焼の伝統的な「浸し掛け」といわれる技法です。
201806_igp6289.jpg 201806_igp6301.jpg
鉄砂小判足付浅鉢 5号
たたらと言われる手づくりによる浅鉢です。他に生子、青銅もあわせた三種類があり、先に紹介した6.5号の姉妹編です。
青瓷 ウチョウラン鉢 3号
青磁の技法を取り入れた信楽焼ならではの植木鉢です、3.5号は還元、この3号は酸化によって少し違った味わいを出した、従来にない信楽焼植木鉢です。

最終更新:2018/06/12 15:21

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月