【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2021/08/23 00:00

処暑1_615.png

處暑[しょしょ]の養生法

 秋の2番目の節気。 8月23日から9月6日(白露の前日)までの2週間が「処暑」です。
暦便覧には「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」とあります。まだまだ秋という雰囲気ではなく、今年は全国的にお盆前からの大雨で洪水や土砂災害のところも各地でありました。これからも自然災害は起こりますので十分気をつけてお過ごしください。
 「穀物は処暑になると黄色になる」と言われ、お米など農作物の収穫は目前ですが、台風の季節でもあり、立春から数えて二百十日(今年は8/31)は、昔から農家が最も嫌う日です。
 秋は、秋霖秋雨と言われる秋雨前線が停滞し秋の訪れを知らせる長雨が降ります。台風と重なると大雨をもたらします。自然災害は甘く見ると危険です。9月1日は「防災の日」でもありますので、避難グッズや非常食などをチェックしたり、最近は交通機関なども早めにストップするので帰宅困難にならないよう事前に対策を考えておくことも大切です。 

 とは言え8月23日は旧暦の7月16日なのでまだ夏の真っ最中とも言えます。残暑のことを“秋老虎,毒如虎”と言い、まだまだ蒸し暑い日が続きますので「暑さ対策」や「湿度対策」が必要です。
 日によって暑かったり涼しかったりするので、服装などで小まめに調整したり、夜寝る時も扇風機が必要な日や逆に窓を開けたままでは寒く感じる日もありますので、特に年配の方やお子さまなどは適度な調整が大切です。 暑いからと言っていつまでもアイスクリームやスイカなどを食べているとお腹を壊したりするので、少しずつ温かいものを摂るように変えていきましょう。

 秋は、陽気が旺盛だった夏から陰気が旺盛になる冬への大きな季節の変わり目です。自然界の「気」は巡っており、躍動感あふれる夏とは異なり、秋は万物が収斂する季節で全体的なリズムは少しずつ静かに穏やかになります。食べる物や着る物も夏から冬へと切り替え、また私たちの暮らしのリズムもゆったりしたペースにして「陰」を養うことを意識することが大切です。
秋は心静かに月を愛で、野山に花を求むといった趣があります。 

 中医学では、陽気の盛衰をとても重視します。 陽気は四季に応じて、「春生、夏長、秋収、冬臓」と変化します。陽気が最盛期を過ぎ、少しずつ陰の気が盛んになってくるこの季節の変わり目を、きちんと養生をして過ごすことが厳しい冬を無事に過ごすためにとても大切です。
 陽が減り陰が増えるのに伴い、私たちのカラダにも十分に「」を養わなければなりません。陰は夜に旺盛になるので、しっかりと睡眠と休養をとって陰を養います。夜ぐっすり寝てしっかりと陰を養うことが出来ると、朝スッキリと目覚め、今度は陽の気を使って日中しっかりと活動することが出来ます。日中、陽の気を使って元気に活動すると、また夜にぐっすりと眠れて陰を養うことが出来るのです。これが中医学で考える陰陽の調和で、現代医学的には自律神経の正常な活動となります。
 この切り替えがうまくいかないと自律神経失調症になり、不眠症や日中でも眠たいとか、朝起きられないといった不調を招きます。それを防ぐためにはまず生活のリズムを陰陽調和させることが大切ですね。いつも言いますが「血」は陰、女性は特に生理中だけでも早く寝て失った陰血をたっぷり補充しないと貧血になります。

 秋の養生は「滋陰潤肺」や「養陰防燥」ですが、 良い睡眠が陰を養い、疲れをとり体力を回復し、精神を穏やかに安定させ、免疫力を高めます。また睡眠は、子どもは発育を促進し、女性には美容にとっても効果的です。
 昔の時刻の呼び方で「午(うま)」は午後0時、「子(ね)」は午前0時で、一日の間ではこの時間に陽と陰が交替し陰陽が調和すると考えます。この時間は陰陽の変わり目で体力が低下しやすい時間なので、この時間に睡眠や休息をとることが大切だという考えがあり、昼寝は心臓や脳血管障害の予防にもとても有効な養生法だと考えられています。
 「処暑」の時期は、ちょうど夏から秋へ、陽から陰への変わり目なのでややこしい時期ですね。まだまだ残暑が厳しく夏のようなお天気が続きますが、「天気以急」と言い秋は天候が急変しやすいのが特徴ですので気をつけてください。もう少し秋が深まってくるまでは、夏の養生法を取り入れつつ、カラダを冷やすものや習慣は少しずつ避けるように気をつけていきましょう。

秋の特徴1.png

京都伝統中医学研究所の"処暑におすすめの薬膳茶&薬膳食材"
1.「滋陰潤肺・養陰防燥」陰を養い肺を潤し乾燥から守るための薬膳茶&食材  
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように秋分の日ごろまでは、まだまだ暑い日も多いです。秋の前半は「温燥」と言って空気は温かい乾燥状態。カラダの中に余分な熱を溜めやすい季節です。この時期はカラダの余分な熱を冷ましながら、乾燥を防ぎ潤す養生法が大切です。
陰を補い余分な熱を冷まし、肺を潤すオススメの薬膳茶&薬膳食材は、
薬膳茶では、「カラダ潤し茶」、「五望茶」、「増血美肌茶」、「野ばらとなつめの美顔茶」、「なつめ薬膳茶」、「酸梅湯」など、
薬膳食材では、「白キクラゲ」、「百合」、「金針菜」、「菊花」、「蓮の実」、「山査子」、「白きくらげのスィーツ」などがオススメ。
普段召し上がっているお味噌汁やスープに白キクラゲ百合蓮の実金針菜などを加えてお召し上がりいただくと滋陰潤肺養陰防燥の効果がアップします。

2.「健脾利湿」湿邪から脾を守り、お腹の調子を調えるための薬膳茶&食材 
 秋分の日ごろまでは、まだまだムシムシと蒸し暑い日もあります。台風や突然の豪雨など意外と湿度が高い日も多いです。 暑い日や涼しい日があり体調管理も難しい時期ですね。 夏の疲れで弱った「」の働きを回復させ、お腹の調子を調えましょう。
お腹を温め、脾の働きを高めるオススメの薬膳茶&薬膳食材は、
薬膳茶では、「なつめ薬膳茶」、「全部食べる薬膳茶 意棗紅豆茶」、「全部食べる薬膳茶 桂棗黒豆茶」、「健やか茶」、「美顔茶」など、
薬膳食材では、「なつめ」、「クコの実」、「蓮の実」、「美潤湯」、「いろいろお豆のお汁粉」、「全部食べる薬膳茶」などがオススメ。

3.「漢方入浴剤」カラダを温め、気血の巡りを促進し、ココロもカラダもリラックス 
 ヨモギがたっぷり入った「ポカポカあたため乃湯」でカラダが温まりココロの緊張もほぐれ、気の巡りを促進。 ヨモギは温経止痛、散寒止痛、除湿止痒の効果があり内科、婦人科、皮膚科でもよく使われます。 あせもや湿疹など皮膚病の予防にオススメです。また、エキゾチックでオリエンタルな香りの 「すっきりさっぱり乃湯」は、かつ香正気散で有名な去暑薬の「かつ香 」(かつこう)をたっぷり配合。 気の巡りが促進し、モヤモヤ気分もスッキリさっぱり、暑気あたりの体調不調やストレス、気鬱、不眠の解消にオススメです。 ぬるめのお湯で半身浴などでリラックス、香りで癒されますよ♪  

中医学や漢方の知恵を毎日のくらしに活かして、体質改善や病気の予防に役立てて下さい。
次回は、9月7日「白露」ですね。 まだまだ残暑も厳しいでしょうね!?  
秋と言っても空気が冷たくなる晩秋までは、「温燥」と言い、残暑の養生が大切です! 

最終更新:2021/09/16 14:50

ページ上部へ

カレンダー

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月