【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2021/06/23 11:12

こんにちは!京都伝統中医学研究所です。

当店の今週(6/16 - 6/22)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は夏 オススメ 健康 元気 なつめ オーガニック ナツメ 80g 1000円ポッキリ 税込 送料無料 葉酸 無農薬 日本国内 生産加工 安全 安心 漢方…
他にも3位には夏 おすすめ 特製 煎りなつめ 100g入り すべて手づくり オーガニック ナツメ なつめ おやつ おつまみお茶請け カリカリ ナツメチップ …
9位には夏 オススメ 健康 元気 1000円ポッキリ 税込 送料無料 蓮の実 40g入 ハスの実 日本国内 生産加工 台湾産 無漂白 無化学肥料 無化学農薬…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
京都伝統中医学研究所のトップへ!

王冠
京都伝統中医学研究所週間ランキング

(6/16 - 6/22)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2021/06/23 11:12

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2021/06/21 13:48

■1■ 二十四節気【夏至(げし)】の中医学的養生法

  夏の4番目の節気。6月21日から7月6日(小暑の前日)までの2週間が「夏至」です。
 暦便覧には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也 」とあります。
 一年で一番日中が長い時期で、冬至と比べると昼間の時間が4時間ほど長くなります。 
夏至が「陽」のピークで 「陽 極まれば陰に転じ、陰 極まれば陽に転ず」  
陰陽論からみると、気質が変わる大きな節目の時期ですね。 
これから暑くて活動的な夏本番がやってくるのですが、私たちを覆う自然界の気は、
陰遁(いんとん)といって「陰」が少しずつ多くなり、天地の間は冬至までの間、「陰の気」の影響を受けて過ごします。
 西日本では記録的な早さで梅雨入りしたのに東日本では例年よりも1週間ほど遅く、1か月近い開きがありました。 
普段の「梅雨」だと、毎日ジメジメと湿度の高い蒸し暑い日が続くのに、
今年は気温が低くあまりムシムシした感じではありませんね。 
日々の気候や気温、自分の体調に合わせた体調管理が大切です。

 湿度が高いとしんどい人は 「健脾利湿(けんぴりしつ)」、 脾の働きを健やかに保ち、
湿邪を溜めないようにしましょう。 
湿邪には、前回も書きましたが雨の日が続いたり湿度が高い「外湿」と
習慣的な酒茶や生冷、甘味、脂っこい物の多飲食などによる「内湿」がありますが、
「湿邪」は、そのほかの邪気と容易に結びつきやすい性質があります。 
「湿邪」が「熱邪」結びつくと「湿熱」となり、膀胱湿熱(膀胱炎)や
大腸湿熱(下痢や排便時の肛門灼熱痛)、湿熱痺による骨節疼痛(関節痛)などの症状が現れます。
「暑邪」と結びつくと「暑湿」となり「暑湿下痢」と呼ばれる腹瀉、腹痛、
裏急後重(便意があるのに排便できない腹痛、またスッキリ排便しきれない状態)、
発熱などの症状が現れます。  
「風邪」と結びつくと「風湿」となり、「風湿痺証」という坐骨神経痛などのように
重だるい粘着性のしびれなどが現れ、
また「寒邪」と結びつくと「寒湿」となり、悪寒、発熱、身体重滞、骨節疼痛、運動不利などの症状が現れます。 

「寒風湿」と「湿熱風」はいずれも容易にくっつきやすく、それぞれが複合して侵入し様々な症状を引き起こします。 
邪気が多いほど治療法も厄介となります。 
秋雨のように冷たい雨に濡れると「風寒湿」が侵入しますが、
梅雨時は「風湿熱」にやられやすい時期でもありますが、
この時期でも扇風機や冷房で冷やし過ぎると「風寒湿」にやられることもあります。 
熱帯夜などになると夜寝ていても熱中症になることもありますが、
あまり冷やし過ぎずまた直接風が当たらないようにするなど適度な温度調節などが大切です。 
子どもなどは特に暑がりですので、お腹を放り出してそこに直接風が当たったりすると
お腹を冷やし下痢になりやすいので気をつけましょう。 
暑がりますが夏でも薄手の腹巻はおすすめです。 
「まさかり担いだ金太郎」がマルキンマークの前掛けをしているのは、
脾を冷やして「脾弱い子」にならないためです。  
大人の皆さんもくれぐれも「脾」を傷めないよう気をつけてください。 
体調不良は脾気虚から始まります。
 中医学ではお腹を「脾」と言い、現代医学の脾とは少し違った認識です。
 「気血生化の源」とも言い、生命エネルギーである気・血・津液(水)を飲食物から作り、
全身に巡らせる働きをしています。
特に水の巡り(運化)に深く関係していて、むくみや頭重、カラダが重だるい、やる気が出ない、
下痢、消化不良などの症状は、「脾」の働きが低下し、水の巡りが悪くなっている「湿痰」という体質だと考えます。 
「脾」の働きを低下させないこと、働きを高めることが養生法として大切です。 

「脾」の働きを健やかにし余分な水の巡りを調えてくれる食材として、今が旬の「とうもろこし」があります。  
スーパーなどにもたくさん出回っていますね。 
炭水化物やたんぱく質、脂質が豊富に含まれ、自然な甘味があり、「脾気」を補います。 
また「とうもろこしのひげ」は、漢方では玉米髭(ぎょくべいじゅ)や南蛮毛と言い、
むくみを取り水を巡らせる利水滲湿薬として用いられます。 
皆さん「髭」の部分は捨てていると思いますが、この「髭」にはシトステロール、
スティグマステロール、硝酸カリウムという成分を含み体内の水分を調整しむくみを改善する作用があり、
高血圧や結石の予防にも効果的。 
血圧高めの人や結石が出来やすい人は、普段から「とうもろこしのひげ茶」をお茶代わりに飲むのがおすすめです。 
最近の研究ではアトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギーの抑制効果もあるとも言われています。 
某朝の情報番組によると、「髭の本数が多いほど中の実も多い」とか
「髭の色が焦げ茶色になっているほど中の実は熟して甘味がのっている」そうです。 
番組内では和食シェフが「とうもろこしの髭のかき揚げ」を紹介していました。 
トウモロコシの髭茶にする場合は、「とうもろこしの髭」を、
よく洗って日陰の風通しの良いところで天日干しして乾燥させたら出来上がり。 
陳皮もそうですが、ご家庭で簡単につくれます。 
この番組では中の芯まで甘味や栄養があるそうで、様々な食べ方が紹介されていました。
いろいろな食べ方があるようですので、レシピを検索して挑戦してください。 

 また、この時期は「はと麦」もおすすめ食材です。 
余分な熱を冷まし、脾の働きを高め、水の巡りを調える効果がありこの季節にピッタリ食材。 
湿気によるむくみやカラダの重だるさ、下痢、神経痛、リウマチなどに効果的。 
こちらも漢方ではヨクイニンと呼ばれ水腫や湿熱痺による関節のこわばりに用いられます。 
昔からイボ取りやシミ、そばかす、肌荒れなどの美容、美白食材としても使われてきました。 
はと麦ごはんに山芋をすってはと麦の麦とろご飯なども利尿効果や美容効果満点のご飯です。 
当店の「水巡茶」には、このとうもろこしのひげとはと麦をたっぷりブレンドしています。
ぜひ「健脾利湿」のためにこの時期には普段のお茶としてお召し上がりください。

京都伝統中医学研究所の"夏至におすすめの薬膳茶&薬膳食材"
1.新発売!「全部食べられる薬膳茶」2種 
「調補気血茶 桂棗黒豆茶(けいそうくろまめちゃ)」と「健脾利湿茶 意(い)棗(そう)紅(べに)豆(まめ)茶(ちゃ)」
少し長めにしっかりと濃いめに抽出し、中味もすべて食べられる飲むスィーツのような薬膳茶です。 
砂糖など入れなくても自然な甘味があり、ヘルシーなスィーツ食感。 
黒豆が香ばしい「桂棗黒豆茶」と紅豆(小豆)がお汁粉みたいな「意棗紅豆茶」。
ダイエット時の栄養補給やオフィスや家事が終わったほっこりタイムに♪

2.「健脾利湿」お腹を冷やさないようにして、水の巡り良くして湿を溜めない薬膳茶&食材 
季節のオススメの薬膳茶は「水巡茶」、「調補気血茶 桂棗黒豆茶」、
「健脾利湿茶 意棗紅豆茶」、「そろそろダイエット茶」など。
オススメの薬膳食材は「なつめ」、「蓮の実」、「はと麦」、「竜眼」、「山査子」、
「緑豆」、「松の実」、「桂花」、「マイカイ花」、「特製煎りなつめ」、「八宝果仁豆」など。
「いろいろお豆のスィーツセット」は最後にココナツミルクと砂糖で味付けてスィーツとしても美味しいですが、
この季節は「いろいろお豆のお粥」として召し上がるのがオススメです。

3.漢方入浴剤 
 ヨモギがたっぷり入った「ポカポカあたため乃湯」もカラダが温まりココロの緊張もほぐれ気の巡りを促進。
よもぎは邪気を祓うので部屋に吊るしたりしますが、お灸のもぐさも同じ効果があります。
カラダがむくんだり胃腸が弱ってると感じたら、「足三里」「や陰陵泉」にお灸をすれば、
お腹の調子も改善し、部屋の邪気も追い払い一石二鳥の効果が期待!
 また、エキゾチックでオリエンタルな香りの 「すっきりさっぱり乃湯」は、
アロマではパチョリと呼ばれる「かつ香 」という生薬を配合。 
気の巡りが促進し、モヤモヤ気分もスッキリさっぱり、暑気あたりの体調不調やストレス解消、気鬱解消に。
中医学や漢方の知恵を毎日のくらしに活かして、体質改善や病気の予防に役立てて下さい。
次回は、7月7日「小暑」ですね。 例年では6月下旬ごろから各地で梅雨明けしますが、
梅雨入りが遅かった地域もあり今年はどうでしょう。 
冷たい物や生ものの飲みすぎ食べ過ぎや食中毒にも気をつけてください!

最終更新:2021/06/21 13:48

2021/06/16 11:11

こんにちは!京都伝統中医学研究所です。

当店の今週(6/9 - 6/15)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は夏 オーガニック なつめ 300g×2個セット 送料無料 ドライフルーツ 薬膳 新彊 なつめ なつめ茶 日本国内 生産加工 ナツメ 紅棗 乾燥な…
他にも3位には夏 おすすめ のど 肺 肌 潤い 乾燥 元気 薬膳スープ 美潤湯 3袋入 台湾 四神湯 漢方スープ 極上スープ ダイエット 薬膳 栄養補給 簡単 …
5位には夏 おすすめ 薬膳 健康 オーガニック 竜眼 龍眼 120g タイ産 台湾 竜眼茶 桂圓 薬膳 薬膳茶 薬膳食材 漢方 スィートスープ 台湾スィー…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
京都伝統中医学研究所のトップへ!

王冠
京都伝統中医学研究所週間ランキング

(6/9 - 6/15)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2021/06/16 11:11

2021/06/09 11:11

こんにちは!京都伝統中医学研究所です。

当店の今週(6/2 - 6/8)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はスーパーSALE40%OFF 父の日 オーガニック なつめ 300g×2個セット 送料無料 ドライフルーツ 薬膳 新彊 なつめ なつめ茶 日本国内 生産…
他にも3位にはスーパーSALE30%OFF 父の日 おすすめ 健康 オーガニック クコの実 150g 薬膳 ドライフルーツ デザート 日本国内 生産加工 くこの実 ゴ…
10位にはスーパーSALE30%OFF 父の日 おすすめ 薬膳茶 健康 健康茶 気血巡茶 25包入 ハーブティー 穏やかな気分 気巡り 気滞 ティ-バッグ 漢方…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
京都伝統中医学研究所のトップへ!

王冠
京都伝統中医学研究所週間ランキング

(6/2 - 6/8)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2021/06/09 11:11

2021/06/05 13:21

 芒種615

 6月5日から6月20日までが「芒種」です。 暦便覧には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也 」と書かれ、稲や麦の穂先のように芒(とげ)のある穀物の種まきをする頃という意味ですが、最近では種まきももっと早く終わっているみたいですね。 
 今年は梅雨入りが記録的な早さですが、なんとなく普段の梅雨のように蒸し蒸しと蒸すような蒸し暑さではなく、夜中などは肌寒いぐらいですね。 なんか変な気候ですが、日中と夜の気温差が大きいので、体温管理には十分気をつけて下さいね。 この季節は紫陽花や藤の花もキレイに咲く頃です。 なかなかコロナで不要不急の外出は自粛ですが、季節の花を愛でて癒されたいですね。

  また芒種の節気中の6月14日は、旧暦の5月5日、中国や台湾では端午節です。日本の端午の節句は新暦の5月5日「子供の日」で、特に男の子の節句として鯉のぼりや鎧兜の五月人形を飾ってお祝いしますが、中華圏では旧暦の5月5日が端午節で、「夏節」とも呼ばれ、この日は横浜や長崎、沖縄でも見られる竜船競争(ドラゴンボートレース)が中国各地で行われたり、中華粽を食べたり、ヨモギや菖蒲を吊るしたりして疫病の退散や厄除けを祈願します。 竜船競争やちまきを食べる習慣は、有名な詩人「屈原」を偲んで行われます。
 紀元前300年ごろの楚という国の政治家で詩人でもあった屈原(くつげん)は、楚の国王に進言しましたが聞き入れられず逆に左遷されてしまい、やがて楚は屈原の言った通り秦に敗れ、祖国の将来を案じた屈原は、湖に身を沈めて自殺しましたが、屈原を助けようと民衆が我先にと漁船を出し、屈原のカラダが魚に食べられてしまわないようにと、代わりにちまきを湖に投げ入れたことが始まりだそうです。
 ちまきと言えば、台湾や中国では粽子(ツォンズ) と言い、中国各地の文化的色彩を帯びた伝統食です。
 北方では小さななつめを入れたり、また鶏肉や豚肉、小豆や蓮の実、栗などを入れる地域もあるそうです。
 晋の時代に端午節で食べるようになったそうですが、この頃のちまきには漢方薬材の益智仁(ヤクチニン)も加え、「益智粽」と呼んだそうです。 益智仁とは、ショウガ科ヤクチという植物の果実を天日干したもので 、芳香性健胃・整腸作用があり、下痢、腹痛、冷え、消化不良などに用いられます。
 やはり中国の食文化は「薬食同源」の考え方が基本になっていますね。 私は豚角煮の入ったしょう油味のちまきが大好きです!  
ちまき

 前回小満の養生法では早い梅雨入りだったので「梅雨の養生法」をお伝えしました。 梅雨の養生法は「健脾利湿」、ポイントは「」と「湿」です。
前回「脾」について詳しく解説しましたので、今回は「湿」についてお話しします。ジメジメとした天候でカラダが重だるく感じたり食欲が無くなったり、肩や肘、膝や腰が痛んだり天候と同じようにスッキリしないことが多くなります。
 雨の日や湿度が高い日に体調が悪いという人は、「湿邪」が溜まっています。
 自然界には「風・寒・暑・湿・燥・火」の六気がありますが、これが人体に入って悪影響を及ぼすと、「風邪、寒邪、暑邪、湿邪、燥邪、火邪」の「六淫」になります。
 一方、カラダの働きが低下すると自分自身の体内から「内風・内寒・内湿・内燥・内火」という邪気を生じこれを「内生五邪」といいます。
 このように、湿邪は外から侵入する「外湿」と内から生じる「内湿」に分かれ、いずれもさまざまな不調を引き起こします。
 さらに湿邪が体内に長く停滞すると、「」という邪気に変わり「怪病多痰」と言って、原因不明や治療法が無いアレルギーや膠原病、リュウマチ、潰瘍性大腸炎などの治りにくい病気は「湿痰」体質が原因と考えられます。 

 「湿邪」の特徴は、
1.陰邪で陽気を傷つけ、気の流れを阻害 
  冷え・めまい・胸のつかえ・腹部脹満・食欲不振などが起こります。 
2.重濁性
  身体が重たい感覚があり、排出物や分泌物の透明度が無くなり汚れた感じになります。 頭重感・
  身体が重い・動かしにくい・動きが鈍い・浮腫・ジュクジュクした分泌物が出る皮膚炎や尿の濁り・
  残尿感・排尿痛などが起こります。 
3.粘滞性 
  分泌物は濃厚で粘り気があり、症状が長引きやすくなります。 口の中が粘つく・痰に粘り気がある・発汗・
  化膿しやすい・筋肉・関節痛や皮膚病の慢性化、  長期化などが起こります。 
4.下降し下半身に侵入 
  湿は水なので低いところに溜まりやすくなります。 下痢・足の浮腫、小便不利・水虫・おりものなどが
  起こります。

 湿邪は湿度の高い季節に発生しやすく、梅雨の時期は特に気を付け、食事や生活の工夫で湿邪を追い払い、
常に「脾」を健やかに保ち、梅雨を元気に過ごしましょう。


内湿

外湿

最終更新:2021/06/05 13:55

ページ上部へ

カレンダー

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年