【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2012/04/18 18:11

ラウドネス&高崎晃フリーク必見の最新情報です オーケー目ぱー

Edwards E-RS-FM (CHS)-BLOG

◆4月下旬~5月上旬発売予定◆ フレイムトップ“Random Star”が限定20本で登場!
Edwards E-RS-FM (CHS) 販売価格¥118,000

高崎晃氏が赤ミラーのメインとともに1980年代前半に使用していた、
LP的要素を取り入れたチェリーサンバーストフィニッシュの“Random Star”

今回、イケベ楽器店の企画によりEDWARDSでの生産を限定20本で実現 !!

Edwards E-RS-FM (CHS)-angle

マホガニーのボディにはフレイムメイプルの化粧板をラミネイト。
ボディの90%以上はマホガニーとなりますが、このボディシェイプから出力されるサウンドは、やはり高崎サウンド!

Edwards E-RS-FM (CHS)-UP

ピックアップに本家ESPと同じLH-200を搭載している点もポイントです。
ブリッジはチューニングの安定性と大胆なアーミングに定評のあるFloyd Rose「FRT-1000」を搭載。
当然、アームダウンオンリーのセッティングです。

Edwards E-RS-FM (CHS)-back

ボディトップはもちろん、バックの色合いも非常に良く雰囲気、完成度共に文句なしの仕上がりです。
ネックはハードメイプル材を細身のVシェイプに仕上げたRandom Starならではのネックグリップ。

Edwards E-RS-FM (CHS)-shiban

指板はローズウッドで22フレット仕様と可能な限り本人所有機を再現しております。

Edwards E-RS-FM (CHS)-head

・・・・いかがですか?

即完売必至のファン必携アイテム・・・・!!

限定生産数20本となりますので、お早めに!!

ショッピングページへ今すぐ進む 【クリック】

! ご注意
・画像はサンプルです。製品の特性上、杢目・色合いは1本1本異なります。
・入荷時期に関しまして、多少の前後が生じる可能性もございます。
・非常に入荷数の少ないモデルとなっておりますので、既に売り切れの際はご容赦下さい。


そして・・・・ウィンク

せっかくなので、先に発売され人気を博しているエドワーズ版赤ランダムも再度ご紹介 音符

Edwards E-RS-125G-BLOG

◆ LOUDNESS AKIRA TAKASAKI Signature RANDOMSTAR
Edwards E-RS-125G [Akira Takasaki Model] 定価¥131,250→ 販売価格¥98,438

指板は、メイプルとローズウッドの2種類ラインアップ
ローズウッド指板バージョンの方は、ネック全体がボディと同色で仕上げられています。

ピックアップにはESPランダムスターと同様にESP LH-200を採用しています。ブリッジはFRT-1000を搭載。

ラウドネス「高崎晃」の代名詞であり、多くのギタリストを魅了したファン必携の1本です。

80年代の熱かったジャパン・ハードロック・ブームを経験した方にとって・・・音符

こちらも絶対に見逃せ無い一本ですね オーケー目ぱー

▼▼▼▼▼▼ その他、“高崎晃(ラウドネス)関連商品”はコチラでご確認下さい! ▼▼▼▼▼▼▼

高崎晃関連商品

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

お時間のある時にでも、当店イケベ楽器楽天ショップにお立ち寄り下さい。

下矢印 当店“facebook”ページも開設!よかったら「いいね!」お願いします! 下矢印

facebook

最終更新:2012/04/18 18:11

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2012/04/18 12:55

現在、当店スタッフがギブソン・カスタムショップを訪問中です。

先日のブログ“ギブソン・カスタムショップ“Lee Roy Parnell Goldtop”入荷!”でご紹介しましたが、
現地からこんな写真が届きましたので、ご紹介させて頂きます スマイル

lee-roy-stuff

上矢印 リー・ロイ・パーネルさんと当店スタッフ!“Lee Roy Parnell Goldtop”と共に!(ギブソン・カスタムショップにて)

lee-roy-BLOG

・・・・ということで、再度“Lee Roy Parnell Goldtop”をご紹介 音符

----------< 以下、以前のブログからの転載となります >----------

皆さん、"Lee Roy Parnell"と云うギタリストをご存知ですか ?

gibson_cs_lee_roy_parnell_lp-BLOG

彼はナッシュヴィルを拠点に活動するプロギタリストで、オールマンのようなサザンロック系のミュージシャンです。
そしてもうひとつの顔がカスタムショップと非常に深い付き合いと関係を持った、アドバイザー的な立場にある人物
でもあるのです。その辺りからゴールドトップのレスポールである事は誰でも納得出来ると思いますし、
それがヴィンテージタイプ(ヒスコレ=ヒストリック・コレクション)である事も当然でしょう。

ボディイメージ

そしてここからがプレイヤーとしてのアドバイザー的な部分からの話になります。

このモデルはパッと見はヒスコレのゴールドトップ(57年モデル)です。しかし彼はギタリストとして・・・・

"オールドはオールドで良いが、改良出来る部分はして欲しい"

という考えを持っています。

そこでこのモデルには下記の様な特徴的スペックを備えているんです。

Big Block pickup routing

上矢印 Big Block pickup routing
よりタイトでソリッド感を増す為に、ピックアップキャビティーのザクリを最小限に。それは単に浅くするだけでなく、
ピックアップのアジャスターネジの長さをクリアする為にひとつひとつ穴を空け、逃がす工夫がわざわざ施されています。
これはそのネジを切ってしまう、という安易な方法ではなく、色々考えて行っているからです。

またピックアップは本人がチョイスした、より50年代っぽいタイプの”Ron Ellis”がマウントされています。
実際、’57クラシックやバーストバッカーとは基本的には同血統ですがこれらは平均値的なものでもあります。
オリジナルのPAFは当時の生産性のバラツキや経年変化で個々の個体で様々な違いがあり、ある意味千差万別です。
その中で本人がチョイスした"Ron Ellis”は“より50年代=より渋い”タイプだったのです。

ネック裏をサテン仕上げに

上矢印 ネック裏をサテン仕上げに。
これは好みの問題になってしまうので氏の好みと云えますが、サテン仕上げ自体は好まれる方も多い仕上げ。
また着色もされていない為塗装自体も非常に薄く、弾き込んだ様なニュアンスも何処か感じられます。
またこれに対してヘッド裏が黒く塗られていますがこれはL-5やオールドのギブソンで僅かにみられる、
高級なグレードに採用されるフィニッシュです。
*仕上げはネック裏ヘッドサイドがサテン、その他の部分がグロス、パーツ類はVOSとなります。

Player's Cut heel contour

上矢印 Player's Cut heel contour
そしてジョイント部のカット。通常、より多くのカットを施す場合はネックのヒールとボディジョイント部に
施す事が多いと思います。しかしこのモデルのカットは主にカッタウェイの裏側に施されています。
その為にネックにあたる部分には基本的にカットはありませんが1弦側サイドの裏面にはエッジを丸め、
滑らかな仕上げが加えられています。このカットの方法は単に手指が届き易い、といった発想ではなく、
どのポジションを弾いてもストレスを感じないような点から来ているそうです。

そしてそれは結果的にヒスコレと云う"聖域"にメスを入れた感じの部分もありますが、
もし当時のギブソンが生産を中止せずにレスポールを作り続けていたらこんな感じに変化した可能性もあります。

だから"モダン"と視るよりも、オールドの"カレント版"と捕らえるのがベストでしょう。

しかもそれは技術サイドからではなくプレーヤーサイドからの提案に因るもの。

日本のメーカーは作り手サイドの技術的な部分を作り手側として押してしまう事が多く、
見た目的なしっかり感があっても弾き手側の意見が入っていない場合が非常に多くあります。
しかしアメリカのギターは技術者がギターを作っているのではなく、その多くは弾き手が作っています。
これが国産との大きな違い。もちろんそれは国産が悪い、という事ではありません。
そのアプローチが違う、という事なのです。

その受け止め方は皆さん違うでしょうけどギブソンを弾いた方の多くは"イイ"と言われる方が多いのは
このアプローチの違い。感覚的に作るのか、図面通りに作るのか?そんな感じなんです。

だから今回のこのモデルはギブソンを知り尽くしたプレイヤーのアプローチを、
ヒスコレに加味したところがポイントであり、それに尽きるのです。

lee_roy_parnell_lp
ショッピングページへ今すぐ進む 【クリック】

◆全世界100本限定生産 リー・ロイ・パーネル “ゴールドトップ”!
Gibson CUSTOM SHOP Limited Lee Roy Parnell Goldtop 販売価格¥448,000

コチラのモデルを当店でご購入頂くと、直筆サイン入りポートレートもプレゼント致します 音符

! ご注意
非常に入荷数の少ないモデルとなっておりますので、既に売り切れの際はご容赦下さい。


・・・いかがですか !?

最後に。リー・ロイ・パーネルさん、素晴らしいギタリストだけでなくヴォーカリストしても
素晴らしいミュージシャン、そして気さくな"おじさん"です!

▼▼▼▼▼▼ その他、続々入荷のギブソン・エレキギターはコチラでご確認下さい! ▼▼▼▼▼▼

gibson-blog-link

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

お時間のある時にでも、当店イケベ楽器楽天ショップにお立ち寄り下さい。

下矢印 当店“facebook”ページも開設!よかったら「いいね!」お願いします! 下矢印

facebook

最終更新:2012/04/18 12:55

2012/04/18 09:59

国内では滅多にお目にかかれない限定カラー!! しかも・・・・ウィンク 

今回限りの特別プライスにてご奉仕します !!NEW

lp-trad-pro-wr-BLOG

◆4月下旬入荷予定◆ ギブソン直系エピフォンによる新世代レスポール“LP-Traditional Pro”の限定カラー!
Epiphone by Gibson Limited Edition
Les Paul Traditional Pro (WR) 【本数限定特別価格】
販売価格¥39,800

本家ギブソンで先に限定発売され人気を博している“Les Paul Traditional Pro”のエピフォン・バージョンで、
通常は“エボニーブラックカラー”のみしか発売されておりませんが・・・・ウィンク

コチラは国内ではほぼお目にかかることの無い限定カラー“ワインレッド” !!

ピックアップには、Gibson Burstbucker-3 & '57 Classicをモチーフとして新たに製作されたゼブラカラーの
“Epiphone ProBucker-3 & Alnico Classic Pro”を搭載し、クールなルックスと本家ギブソンに迫る本格サウンドを
実現しています。また、グローバー製のペグやヴォリューム・ポットのPUSH/PULLによるコイルタップ等、
実用的な仕様を持ちながらも、お買い得なプライスとなっている点も嬉しい限り。

また、サイド&バックはサテンフィニッシュ(艶消し)で仕上げられている点も見逃せないポイント。

ルックス・サウンド・操作性の三拍子揃った、新たなるスタンダードが完成です 星

! ご注意
・入荷時期に関しましては多少の前後が生じる可能性もございます。
・画像はサンプルです。一部仕様が異なる可能性もございますので、予めご了承下さい。
・日本国内へは極少数しか入荷していない限定モデルのため、既に売り切れの際はご容赦下さい。


こんなもんじゃありません!もっと見たい方は下記もご覧になってくださいねちょき

▼▼▼▼▼▼▼ イケベ楽器楽天ショップ“Epiphone”コーナーはコチラ! ▼▼▼▼▼▼▼

epiphone

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

お時間のある時にでも、当店イケベ楽器楽天ショップにお立ち寄り下さい。

下矢印 当店“facebook”ページも開設!よかったら「いいね!」お願いします! 下矢印

facebook

最終更新:2012/04/18 09:59

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2012年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月






楽天ブックス×イケベ

楽天ブックス×イケベ

















このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム