【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/04/21 13:00

yoh_mane_01

2019年3月20日に行われた、Noah'sark Custom Shop Chim -Fuzz-の発売記念イベントレポートです!

それでは早速本編へ!、、、の前にまずは機材紹介です ウィンク

yoh_1

ベースはアトリエZのYOHシグネイチャーモデル「Vintage 504 YOH MODEL」です。

yoh_3

ボードの中には長年愛用している数々のエフェクター達が!
その中で一際目立つルックスのシグネイチャーエフェクター”Chim -Fuzz-”!

yoh_4

パワーも音質も超ド級Dクラスアンプの常識を覆すYOHさん愛用のBergantino B|AMP

それでは本編スタート!!!

超満員の会場”IkeBeck(イケベック)”に、、、早速YOHさん登場!!! びっくり!!

yoh_repo

上矢印 今回のシグネイチャーエフェクターを作るきっかけとなったゴリゴリ系ロックの歪ベースサウンドが心地よい「鬼ゴロシ」デモ演奏からスタートです!

yoh_5

上矢印 シグネイチャーエフェクター”Chim -Fuzz-”の製作のきっかけなどをお話いただきました!
15周年記念コラボベストアルバム『縁盤』に収録されている『鬼ゴロシ』のベースサウンドをライブでも再現できないかという話を2017年5月頃にいただき、その後すぐにプロトモデルを製作し、現場、リハーサルスタジオで入 念なチェックの末、1年半近くの後に完成となりました!

yoh_6

上矢印 こちらの写真下に写っているのがプロトモデルになります!

外装はYOHさんの心(Chim)をイメージし考案された他のエフェクターにはない素晴らしいデザインのルックスにしあがりました!!コントロールの文字はなんと、YOHさん自ら筆ペンで書き上げたものを元に使っております!

お客様からいただいた印象的なQ&Aをご紹介します

Question 1:エフェクターと言えば沢山の物がある中で今まで定番として使ってきた物もあるかと思いますが、今回シグネイチャー・モデルのエフェクターを作ろうと思ったきっかけはなんですか?

元々は自分の名前をアピールをしたいとか、自分のエフェクターを作りたいと言うのではなく足りない音を出せる物であれば何でも良かったんです。2016年にバンド結成15周年を記念してリリースしたアルバム「縁盤」に収録した鬼ゴロシのベースの音は録音後にソフトウェア上で歪ませる加工をしているんですが、そのサウンドをライブで再現できるエフェクターをベース・ステーションに探しに言った時に満足するものがなくて、、、。それなら作った方が早いというか、市販品で無いなら作ろうというのがきっかけです。

yoh_7

Question 2:シグネイチャー・エフェクターのおススメポイントは?またこだわった箇所はありますか?

歪ませても低音が痩せないところです。ベース用のエフェクターでも歪系は太さが無くなるというか低音の厚みが無くなる物も多く、その部分にはこだわって作りました。エフェクター以外の機材もそうですが、良いと思った物しか使いたくないので今回のモデルも何度か改良を重ねて完成させました。ベースでもシグネイチャー・モデルを出していますが、まずは「音ありき」ですね。ただ外観もコントロールの表記などは自筆で書いた物をデータ化して取り込んだりなどこだわっています。

Question 3:ベースを始めたきっかけは?続けてきて良かったと思うことは?

きっかけは単純に誘われた時にベースが空いていたんです。もしギターが空いていたらギターを弾いていたかもしれませんね。

続けて来きて良かったのは色んな方との出会いでしょうか。シグネイチャー・モデルのベースもそうですし、今回シグネイチャー・エフェクターを作る事になったのも一つひとつ関係を温めてきた期間があってのことなので。

yoh_8

Question 4:初めて楽器を手にした時と今では変わったなと思う事や成長したなと思う事はありますか?

10代や20代前半くらいまでは、とにかく音圧というか迫力があれば・・・って感じでした。でも続けて行く中で、段々それだけじゃないなって思うようになってきましたね。それに併せて使用機材も変化しましたし、ずっと使 っている機材に関してもセッティングが変化したりと適材適所で使うようになってきました。最近は曲に溶け込んでいる心地良いベースと言うものを掘り下げています。手数や音圧 と言うよりは、シンプルな感じやグリスから生まれる大きなグルーブへと興味の対象が変わってきているのかもしれません。その感じは「Carnation」を聞いていただければと思います。※Carnation → 2017年発売の「UNITY」に収録、YOHさん本人が作詞作曲を手掛け、前年2016年に行われた15周年記念の47都道府県ツアーをきっかけに生まれた楽曲

Question 5:ライブで演奏されている時にどのような事を意識されていますか?

やっぱり良い音をどうやって届けようかを考えながらやっています。割と冷静に後ろを守るというか、うち(ORANGE RANGE)の場合はフロントマンであるボーカルが3人いるので、自分の音をキープしつつもハーモニーも崩れないようバンドサウンドを支える事を意識しています。

yoh_9

最後を飾るデモ演奏!曲は「U topia」です!

もちろんこちらの曲もChim -Fuzz-を使っています。ノリのよいミディアムテンポにピック弾きで刻むベースリフはグルーヴ感が半端なく、ライブでもないのに思わず体が動いてしまいました!

yoh_10

YOHさん、ならびに開催にご協力いただいたスタッフの皆さん、そしてご来場いただいたお客様、本当にありがとうございました!

次回も企画中ですので皆様お楽しみに!!!スマイル

chim_fuzz

お時間のある時にでも、当店イケベ楽器楽天ショップにお立ち寄り下さい。

下矢印 当店“facebook”ページも開設!よかったら「いいね!」お願いします! 下矢印

facebook

最終更新:2019/04/21 16:45

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月







楽天ブックス×イケベ

楽天ブックス×イケベ

















このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム