【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2013/03/18 17:30

deviserxikebe-600x600-vol1

Headway, Bacchus, momose, SeventySeven Guitars, STR Guitars を手がけ、その高い技術力によって
国内外を問わず高い評価を得ている日本屈指のギターメーカー“Deviser(ディバイザー)”

そして、皆さんはご存知でしょうか?

かつてその社名を冠した“DEVISER Special Specification”というブランドが存在した事を。

中古市場でも人気の高い“ROSETTA CUSTOM”“ROSETTA VESSEL”といった
名機を生み出しながらも、長きに渡り生産がストップしていました。

そして2013年、イケベ楽器オーダーにて“Deviser”ブランドがついに復活します。

コンセプトとして掲げたのは、

・サウンド&プレイヤビリティに対する妥協の無い追求。
・ウッドマテリアル、使用パーツに対する、徹底したこだわり。
・エレキギターの重要なポイントであるルックス面に個性を持たせること。

50万円、60万・・・・100万円!、金額を無視し、理想を掲げ、作ることは簡単です。

しかし、それでは多くのギタリストの方々に“Deviser”ブランドを体感して頂く足枷となります。

そこで、品質には妥協せず、出来る限りのコストパフォーマンスも重要なポイントとして掲げました。

ボディー形状、材質、ネック&ヘッド形状、ピックアップ、カラーリングなどなど・・・

全てがゼロからのスタートでしたが、ようやくその概要がお伝え出来る段階となりました。

これから完成までの間、進行状況を当ブログでもお伝えしていきますね。
徐々にその全貌が明らかになっていく様子、是非お楽しみ下さい。

まず今回は木材の選定~荒削りの段階をご覧いただきましょう。

deviser_ctm_factory

勿論、この企画のために、長野県松本のディバイザー本社&飛鳥ファクトリーを訪問いたしました。

deviser_ctm_select

ボディーの材をセレクト。厳選した材こそが、全ての基本です。皆さんに気に入ってもらえると嬉しいですね。
左側にチョコッと手書きの企画書があるのが見えちゃってますが、本当にゼロから作っていっている最中です。

deviser_ctm_neck-select

ネック材も同時にセレクト。今回、フレイム・メイプルネックを採用することを決定しました。
コーヒーカップが見えていますが、これは心を落ち着かせる為、、、、本体とは関係ありません。

deviser_ctm_body

後日、荒削りが終わった段階。シェイプはディンキー風?ジョイント形状も見えてきましたね。

deviser_ctm_wood

そしてネックも荒削り完了。ヘッドは片連です。ボディーもネックも次の工程で成形・研磨に入ります。

まだまだ始まったばかりのプロジェクトですので、今回はここまで。

不定期ではありますが、完成までの間、途中経過を皆様と一緒に見ていきたいと思います。

是非、ご期待下さいね。

お時間のある時にでも、当店イケベ楽器楽天ショップにお立ち寄り下さい。

下矢印 当店“facebook”ページも開設!よかったら「いいね!」お願いします! 下矢印

facebook

最終更新:2013/03/18 17:30

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2013年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年





楽天ブックス×イケベ

楽天ブックス×イケベ

















このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム