【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/10/07 19:10

連載企画“WSRスペシャルメンテナンスコラム”

wsr-top-img

当店リペアマン”金子”によるギター&ベースのメンテナンスを、動画&写真を交えながら詳しく解説 音符

第ニ回目は、ストラトキャスター(トレモロタイプ)の弦交換&調整についてです。

ギターを始めるにあたって、ストラトを買ったはいいがメンテナンスがサッパリわからない…ほえー
って方いませんか !?(私はそうでした・・・)

そんな悩みもバッチリ解決させていただきます グッド

下矢印 まず今回使用する工具はコチラ 下矢印

工具.jpg

・弦巻き器(ストリング・ワインダー)
・プラスドライバー(小さいものと大きいものがあると便利)
・マイナスドライバー
・ニッパー
・六角レンチ(3mmと5mm幅)
・スケール
・カポタスト

プラスドライバーは、ネックを外す際に使う大きいサイズのドライバーと、
オクターブ調整を行う際の小さいサイズのドライバー、2種類用意しましょう。
マイナスドライバーはネックのトラスロッドを調整する際に使用するので大きめのものを用意して下さい。

六角レンチはサドルを調整する為に使用します。ギターを購入した際についてきた物で問題ありません。
失くしてしまったという方は、国産モデルは1.5mm、USAなどは1.27mmの物をご用意下さい。

それでは作業開始!! 詳しい写真や動画を交え解説します !!




下準備~ネックの状態を確認しましょう


では、さっそく弦交換!では無く、
まずチューニングをして、いつもギターを使用する状態にしてギターをよく観察してみましょう。

photo_1.jpg

左手で1フレットを、右手で最終フレットを押さえて9フレットあたりの”弦とフレットのすき間”を確認しましょう。

僅かにすき間があいている程度が丁度良いネックの状態と言えます。
9フレットあたりの弦とフレットのすき間が紙一枚入るくらいがベストです。

neckblog.jpg

・すき間があった(大きい)場合→ネックが順反りしている
・すき間が無かった場合→ネックが逆反りしている


必ず1弦側/6弦側の両方を見る。その際、1弦側と6弦側で反り具合が明らかに違う時は要注意!
(ネックのねじれが起きている可能性アリ・・・)




慎重にネックをはずしましょう


1. 弦を緩め、切る

photo_2.jpg

十分に弦を緩めてからヘッド側の弦を取り外し、弦を切りましょう。

2. ネックを外す。

! ネックを外す際は、横方向に動かすとネックポケット横の塗装が欠ける可能性があるので慎重に !

photo_3.jpg

大きめのドライバーを使いネックジョイント・ネジを外します。必ず片手でネックとボディの接合部を
ガッチリ持って作業しましょう!

photo_6.jpg

ゆっくり、丁寧に、作業しましょう。焦っても近道はできませんよ スマイル




ネックの反りを調整しましょう


下準備~ネックの状態を確認し、調整しましょう”で確認したネックの反りを調整しましょう。
今回は若干順反りしていましたので、トラスロッドを締める工程をとります。

photo_8.jpg

・ネックが順反りしている→トラスロッドを時計回りに”締める”
・ネックが逆反りしている→トラスロットを反時計回りに”緩める”


トラスロッドをたくさん回せば回すほどネックが動く量は増えますが、どれだけ回すのが適量かは
ギター1本1本違うので、1/8~1/4回転ずつ回してみて、様子を見てみましょう。




ネックを取り付けます


2. ネックを外す”と同様にネックは横方向に動かさない様に注意する。
ネジを締める際、少し逆にネジを回し、ネジ穴に落ちたのを確認してから締めましょう。




弦を張りましょう


新しい弦をブリッジから通しペグに巻きつけます。

photo_9.jpg

弦は、ストリングポスト2個~2.5個分(約5cm~6cm)残して弦を切りましょう。
(※上画像は6弦を張り替える際に切る位置の画像です)
今回弦交換を行ったストラトは、ヴィンテージタイプのペグだったので、弦をストリングポスト中央部に
差し込みます。

photo_10.jpg

弦を巻く時も、弦を折ったりねじったりしない様に気をつけましょう。




チューニングをして再びネックの状態を確認しましょう


ここは、下準備で行った”1フレットと最終フレットを押さえて9Fあたりの弦とフレットのすき間の確認”と
3. ネックの反りを調整する”を繰り返します。確認しながら作業しましょう。

photo_11.jpg

ネックを取り外す時カポタストを使うと弦が散らからなくて便利ですよ




弦高をチェックし、サドルの高さを調整しましょう


photo_13.jpg

各弦のサドルはボディに対して平行に保ちましょう。サドルの高さを調節するネジに負担がかかってしまうと
折れてしまったりして調節ができなくなってしまいます。

photo_12.jpg

弦高を測る際、必ずフレットの頂点と弦の底面の長さを測りましょう。
最終フレットで1弦側1.8~2.0mm、6弦側2.3~2.5mmくらいが標準。1~6弦にかけて徐々に高くしていきましょう。




オクターブ調整をしましょう


チューナーを使い開放弦のチューニングを合わせます。
次に、開放弦の音に対しての1オクターブ上である”12フレット”を押さえた音が高いか低いかを確認しましょう。

wsr_1.jpg

小さいプラスドライバーを使い、サドル位置を調整します。
サドル位置は、必ず弦を緩めてから変えるようにしましょう。



ブリッジがフローティングでセッティングされている場合、弦高を変えたり、オクターブピッチを
合わせるだけでフローティングが変わるので、弦高を変えてはフローティングを合わせ、
オクターブを合わせてはフローティングを合わせましょう。
一見面倒ではありますが、その都合あわせていくのが、結果的に一番早かったりします。

これでもう・・・・、ストラトの弦交換&調整は完璧ですね スマイル

それでは、また次回お会いしましょう バイバイ

お時間のある時にでも、当店イケベ楽器楽天ショップにお立ち寄り下さい。

2011-3-11-blog

最終更新:2011/10/09 18:37

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 14件

2011/11/01 20:20:02

大変勉強になりました

宇佐美昭博さん

とても丁寧で、全くの初心者の私でも分かりやすかったです。動画はやはり、分かりやすいです!
実は、16年前に買ったクラプトンモデルをずっと放置してあり、OHしようと色々とお店を探しています。
金子さんなら、安心してお任せ出来ると思いました。是非、相談に乗って頂きたいと思います。

2011/11/02 11:15:28

コメントありがとうございます。

イケベ楽器楽天ショップさん

コメント頂きありがとうございます。お客様からの声を励みにこれからも続けさせていただきます。
お持ちのギターのオーバーホールについてですが、是非一度拝見さてせ頂ければと思いますので、メールか電話でも結構ですので、当店にお問い合わせいただければと思います。よろしくお願いいたします。

2011/11/22 00:54:15

ネックの差込み

ストラトマニアさん

ネックの外し方は問題無いのですが、そのような挿し方だとポケットがガチガチなナビゲーターやヴァンザント等は一発でクラック入りますよ!

2011/11/22 20:48:20

コメントありがとうございます。

イケベ楽器楽天ショップさん

コメント頂きありがとうございます。ご指摘頂いた通り、メーカーやモデルによりましては、
ネックポケットに余裕がないことから、ネックを挿し込む際には注意が必要です。
アドバイスを頂き、ありがとうございました。

2012/01/22 08:21:14

ネックの取り付けについて

kazuさん

大変親切な解説で勉強になりました。ストラトタイプなど、ネックの取り外しが可能なモデルの場合、
ネックとボデーに金属のプレートを4本のネジで止めますが、「4本のネジを締める場合、締める順番があるのでしょうか??例えば、ブリッジ側の奥の2本を先に締めてネック側の2本は後で締めるとか?対角線状に締めていくとか?? 教えて頂ければありがたいです。

2012/01/22 15:44:46

コメント頂きありがとうございます。

イケベ楽器楽天ショップさん

コメント頂きありがとうございます。ネックジョイント部にシム(ネックのアングルを調整する物)が挟まっていたりする場合は、ボディ側からネジを締めて頂くのが良いですが、どちらかといえば”ネジ”の締め具合の方が重要になります。
締めすぎると材にクラックが生じてしまう場合や音に変化を及ぼす可能性もありますので、ご不安であればお電話でご相談頂けますと幸いです。

2012/01/23 11:25:54

ネックの取り付けについて

kazuさん

早速のご指導有難うございます。勉強になりました。お礼まで!

2012/03/05 09:25:03

ヘッド側でトラスロッドにアクセスできる機種の場合

Zymolerさん

やはりプロの仕事は違いますね。簡単そうにやられていますが、実際、素人がやったらこんなに上手くはいかないだろうな...。と思いました。ひとつお教えください。
例えばHighwayOne等の場合、弦のテンションは緩めて反りの調整を行った方が良いのでしょうか。

2012/03/05 12:18:54

コメント頂きありがとうございます。

イケベ楽器楽天ショップさん

コメント頂きありがとうございます。
Highway One 等を含む、弦を張ったままでネック調整ができる機種の場合は
弦のテンションを緩めずに、ネックの調整を行われた方がよいと思います。
調整時、ネックはチューニングを合わせた時の弦のテンションと
トラスロッドが均衡を保っている状態を作ります。
その為、弦を緩めてしまうと、実際にチューニングを合わせた(テンションをかけた)時の
ネックの状態を確認する為、再度チューニングする手間が増えてしまいます。
上記の理由から弦は緩めずにトラスロッドにアクセスできる場合は
弦を緩めず、ネック調整を行っています。
但し、その際に気をつけなければならないのが、
弦を張ったままトラスロッドを回すときにレンチが3弦や4弦に当たってしまうことがあります。
そのような場合には3~4弦を少し緩めて、3弦をナットから外して2弦側へ、
4弦も同じくナットから外して5弦側へずらしてから、トラスロッドの調整を行われるとよいかと思います。
よろしくお願い致します。

2012/03/05 12:55:16

ヘッド側でトラスロッドにアクセスできる機種の場合

Zymolerさん

直ぐにお返事頂きありがとうございます。
こういう対応を見ると、お店の質が分かります。すばらしいです。
でもネックが反ったら、自分でやらずにきっと金子さんに依頼させていただくでしょう...。
その時はよろしくお願い致します。

2012/07/11 23:31:20

ジミヘン

jdapwさん

わかりやすい解説、とても参考になりました。
ところで、ジミヘンさんのような弦の張り方をした場合ネック等に与える影響などあるのでしょうか?

2012/07/12 18:59:54

コメント頂きありがとうございます。

イケベ楽器楽天ショップさん

コメント頂きありがとうございます。

ジミヘンドリックスの弦の張り方 とは、右利き用のギターに弦の太さを逆さに張る
という意味でしょうか。

6弦ナットに1弦をのせると、ナット上の弦高が落ちてしまいます。
また1弦ナットに6弦をのせると、ナットの溝が広がってしまいます。

ネックへ与える影響はないかと思いますが、演奏性を考えるとあまりおすすめできません。

jdapw0さんの質問内容にお答えできていたら幸いです。

2013/01/07 00:14:44

ブリッジのベタ付の仕方

ピノさん

大変勉強になりました。
私はアームを使わないのでブリッジをベタ付にしたいのですが、
その調整は裏のバネの引っ張り具合を調整する2本のネジを締めるだけで良いのでしょうか?
締める際の注意点や、その他にもしなければならないことがあればお聞きしたいです。

2013/01/07 15:11:40

コメント頂きありがとうございます。

イケベ楽器楽天ショップさん

コメント頂きありがとうございます。

ベタ付けする際は、ボディ裏のネジを締めるだけです。

その時、注意が必要なのは、締め過ぎてブリッジが沈み込み、ボディに傷が付かないようにする。
また、弦のゲージとバネの数のバランスによっては、ネジを締めてもベタ付けにならない場合があります。その際は、バネの数を増やしてあげてバランスをとってみて下さい。

ご不安であれば、当店ギター担当スタッフまでお電話でご相談頂けますと幸いです。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年





楽天ブックス×イケベ

楽天ブックス×イケベ

















このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム